ç¥žã®ã¿ã“とばに従う宣教

   ãƒ©ãƒ–・ソナタ10周年 恵みの10年から結実の10年へ
 
日本CGVTV 特別座談会より


ラブ・ソナタ開催10周年記念、特別座談会が開かれ、十条キリスト教会の細井眞牧師、東北中央教会の永井信義牧師、大阪シオン教会の安達隆夫牧師、白い家フェローシップチャーチの伊藤嘉子牧師、ラブ・ソナタ本部長のキム・ギョンフン牧師をお招きしました。

沖縄(2007年、2013年)で受けた恵み
伊藤牧師 韓国の方々は日本に敬意を表し、キリストのように仕えてくださいました。約2500名が集まり、教団・教派を超えた75教会が共に働く喜びに満ちあふれました。多くの若者や子どもたちが集まり、ゴスペルナイトでは3000名が集まりました。このラブ・ソナタで多くの教会が影響を与えられたと思います。
大阪(2016年)で受けた恵み
安達牧師 ゴスペルナイトでは85名が献身の決心をし、29名が牧会者や宣教師になる決意をし、本当に聖霊が働いているなと思いました。ゴスペルナイトは、20・30代の若い先生方を中心に準備をしました。約1200名が参加し、太田裕作先生のわかりやすいメッセージで、若者が心探られました。
東京(2017年)の準備で一番大事にしていること
細井牧師 東京は多くの教団・教派の本部があり、さまざまな教団から先生方が集められています。使徒の働き9章31節のように、主が、さまざまな教団・教派を超えて「一つの神にある教会」として歩んでいきなさいと言われたみことばを実感しました。
仙台(2007年)が震災の際に果たした役割
永井牧師 新しい宣教のスタイルを体験でき、親交のなかった教会とともに働けるよい機会でした。それが東日本大震災以降の宣教や被災地支援に大きく貢献・影響していると思います。イエス様の愛を分かち合うことは、どんな教会も協力できる。その可能性をラブ・ソナタは示してくれました。
ラブ・ソナタがオンヌリ教会に与えた影響
キム牧師 ハ・ヨンジョ牧師はビジョンの扉を開く役割、イ・ジェフン牧師は日本の方と一緒に新しく道を作る役割をしたと思います。最初は韓国から平均300~350名がラブ・ソナタに参加していましたが、近年では平均450~550名が参加しています。実際に日本の教会を訪問すると、すごく恵まれます。感動して韓国に帰ってきて、その教会のとりなし手となります。
効果的な伝道の継続方法とは
安達牧師 ラブ・ソナタの後、12月に大阪市民クリスマスを行い、そこにソン・ソルナムさんをお招きしました。会場がほぼ満席になり、2名の決心者が与えられました。私たちの教会でもソンさんをお招きし、ノンクリスチャンの方が50名参加しました。このようにラブ・ソナタで受けた感動はつながっています。
永井牧師 韓流ブームはまだ残っています。だからラブ・ソナタで韓流が体験できるというのは、いいアピールになります。若い世代には韓国も日本もクロスオーバーしながら世界へ出ていく意気込みを持った人たちもいる。そんな人たちを取り込んでいけたらと思います。
細井牧師 私はラブ・ソナタの質の高い舞台を通して、若者たちが希望を持ったと思います。教会は暗くなる要素が多いですが、ラブ・ソナタを通して、こういうキリスト教の世界があることを見るのはすごく大切だと思います。
伊藤牧師 ラブ・ソナタの質の高い舞台を、若い世代が最もよく受け取っています。自分もこのように神様の働きをしたいと、若者たちも自分の賜物を神様に用いてもらおうとしています。今教会では伝道目的のイベントを中高生・大学生が考え、彼ら中心に行われています。
細井牧師 教会の英会話には50名程の子どもたち、大人、学生が来ています。また2週間に一回、デイケアを教会でしています。鍵は働き人だと思っています。牧師が全部仕切っていたら倒れてしまうからです。
ラブ・ソナタ後の地域の宣教協力
永井牧師 真剣に先を見る必要があると思います。現代の人たちはグローバル化の中にいるので、国際的な集会を提供するといいと思います。また高齢化が進む中でシニアにどう届けていくかも課題であると思います。
キム牧師 日本人と韓国人の良さには違いがある。日本人と韓国人が一つになれば、素晴らしいシナジー効果が出るでしょう。しかし、そのずれを合わせる時間が大切だと思います。
今後のラブ・ソナタに必要な変化や役割は?
安達牧師 若者のいない教会は大変だと思います。日本人の手だけでは難しいことを韓国の教会の力を借りて行う。信徒さんの子どもたちがつながっていないケースがよくあります。韓国の若いクリスチャンが日本の若者を刺激してくれたらいいなと思います。
伊藤牧師 ラブ・ソナタは神の家族の集いだと思います。家族をターゲットに絞った伝道が必要だと思います。キリスト者が家族の中で回復する時に、その人の家族も回復していく。また地域を超えて集まった神の家族という一つの単位が大きな変革を起こすと思います。

 

     2023å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2023å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2023å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2023å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2023å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2023å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2023å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2023å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2023å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2022å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2022å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2003å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2003å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ