įĨžãŽå¤ĸがあるåŽļåē­

   č–書įš„ãĒåĻģ čŦ›åē§īŧģįŦŦ4čĒ˛īŧŊ å…ąäžå­˜īŧˆã‚ŗãƒŧデã‚Ŗペãƒŗデãƒŗã‚ˇãƒŧīŧ‰
 
トãƒŧチãƒģトãƒĒニテã‚ŖįĨžå­Ļ大å­Ļ 教授 イãƒģキボク


1. å…ąäžå­˜ã¨ã¯
å…ąäžå­˜ã¨ã¯ã€æ–‡å­—ãŠãŠã‚Šã€Œäē’いãĢåž“åąžã—åˆã„ã€äžå­˜ã—åˆã†é–ĸäŋ‚」という意å‘ŗです。つぞり、それがãĒくãĻはį”Ÿå­˜ã™ã‚‹ã“とができãĒいįŠļ態を意å‘ŗしぞす。おもãĢã‚ĸãƒĢã‚ŗãƒŧãƒĢ中毒ãĢį”¨ã„られぞすが、ã‚ŗãƒŧナ、ã‚ŋバã‚ŗ、éēģč–Ŧ中毒、さらãĢäēē間é–ĸäŋ‚ãĢおける䞝存į—‡ãžã§åĢんでいぞす。
įĩåŠšé–ĸäŋ‚では、配åļč€…ä¸­æ¯’ãŒã‚ã‚Šãžã™ã€‚é…åļč€…ãŒã„ãĒければ、č‡Ē分ぎį”Ÿæ´ģも存在ぎį›Žįš„ã‚‚č‡ĒåˇąãŽã‚ĸイデãƒŗテã‚Ŗテã‚ŖもãĒいįŠļ態ぎäēēです。こぎようãĒäēēは、配åļč€…ãŒč‡Ē分ぎäēēį”ŸãŽã™ãšãĻãĒぎで、配åļ者ãĢ密į€ã—ãĻéšˇåąžã—ã€æ”¯é…ã•ã‚ŒãĻį”Ÿããžã™ã€‚配åļ者ãĢ情įˇ’įš„ãĢ密į€ã—ãĻいるぎで、配åļč€…ã‹ã‚‰æ„›ã•ã‚Œã€čĒã‚ã‚‰ã‚Œã€åš¸įĻæ„Ÿã‚’垗るためãĢåŠĒ力をしįļšã‘ぞすが、įĩåą€æ‚ĒåžĒį’°ã¨ãĒã‚Šã€å¤ąæ•—ã—ãĻしぞいぞす。č‡Ē尊åŋƒãŒäŊŽãã€č‡Ē分ぎことを尊重できãĒいäēēは、č‡Ē分が愛されるずき存在だと堂々とä¸ģåŧĩすることができぞせん。č‡Ē分がč‡Ē分を尊重できãĒければ、äēēもč‡Ē分を尊重しãĻくれãĒくãĒりぞす。そぎįĩæžœã€é…åļč€…ã‹ã‚‰į„ĄčĻ–ã•ã‚Œã€č™åž…ã•ã‚Œã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒるぎです。そぎようãĢ、情įˇ’įš„ãĢč™åž…ã•ã‚ŒãĒãŒã‚‰ã‚‚ã€č™åž…ã™ã‚‹é…åļč€…ã‹ã‚‰é›ĸれることができãĒいįŠļ態ãĢãĒりぞす。配åļ者ãĢ嚸įĻã¨æē€čļŗと意å‘ŗをčĻ‹ã„だそうとするため、配åļ者ãĢåŸˇį€ã€ã‚るいはぎめりčžŧãŋぞす。įĩæžœįš„ãĢ、æē€ãŸã•ã‚Œã‚‹ã“とぎãĒã„æˇąã„č™šã—ã•ã¨ä¸æē€ãĢé™Ĩり、č‡Ē分をčģŊč”‘ã™ã‚‹ã¨ã„ã†é€†æŠŸčƒŊįš„ãĒäēēãĢãĒãŖãĻしぞいぞす。

2. å…ąäžå­˜ãŽãƒã‚§ãƒƒã‚¯ãƒĒ゚ト
äģĨ下ぎ内厚ãĢついãĻ、č‡Ē分č‡ĒčēĢをč¨ē断しãĻãŋぞしょう。äēēãĢčĻ‹ã›ã‚‹ãŸã‚ãŽã‚‚ぎではãĒいぎで、æ­Ŗį›´ãĢč‡Ē分ぎ内éĸをį‚šæ¤œã—ãĻãŋぞしょう。

3. į§ãŸãĄãŽæ¯čĻĒぎ世äģŖ
į§ãŸãĄãŽæ¯čĻĒぎ世äģŖは、å¤Ģだけをé ŧりãĢį”ŸããĻきた時äģŖã§ã—ãŸã€‚ã€Œč‰¯ã„å¤ĢãĢさえå‡ēäŧšãˆã‚Œã°ã€åš¸ã›ãĢãĒれる」「åĨŗぎ嚸せãĒäēēį”Ÿã¯å¤ĢæŦĄįŦŦ」というようãĒč¨€č‘‰ã‚’čžã„ãĻč‚˛ãĄãžã—ãŸã€‚å¤ĢãĢよãŖãĻ嚸せか不嚸せかがæąēぞりぞした。åĨŗぎ嚸せは、å¤ĢãĢかかãŖãĻいるというわけです。そぎようãĢãĒるしかãĒかãŖたぎは、地äŊã‚„čƒŊ力、įĩŒæ¸ˆåŠ›ãĒおがすずãĻå¤Ģを通しãĻぎãŋ与えられãĻいたからです。ですから、時ãĢはį„ĄčĻ–ã•ã‚ŒãŸã‚Šã€č™åž…ã•ã‚ŒãŸã‚Šã—ãĻも、äģ•æ–šãĒく我æ…ĸしãĒがらį”ŸããĒければãĒりぞせんでした。å¤Ģから暴力を振るわれãĻも、č‡Ē分を厈るためぎ力も斚æŗ•ã‚‚æŗ•įš„äŋč­ˇã‚‚ありぞせんでした。åĻģは、å¤ĢãĢåž“åąžã—ã€äžå­˜ã™ã‚‹ã—ã‹ãĒいというį¤žäŧšįš„čƒŒæ™¯ãŒã‚ã‚Šãžã—ãŸã€‚ããŽįĩæžœã€å¤ĢもįœŸãŽæ„å‘ŗで嚸せãĢãĒることができぞせんでした。åĻģが嚸せであãŖãĻこそ、å¤Ģも嚸せで、母čĻĒが堂々としãĻいãĻã“ãã€å­ãŠã‚‚ãŸãĄã‚‚å ‚ã€…ã¨æˆé•ˇã—ãĻいけるからです。しかし、åĨŗ性をåŠŖãŖた存在としãĻčĻ‹ãĻいた時äģŖãĢは、åĻģがå¤Ģã‚„å­ãŠã‚‚ãŸãĄã‚’åš¸ã›ãĢできる力も斚æŗ•ã‚‚ãĒかãŖたぎです。
äģŠæ—Ĩã§ã‚‚ã€ä¸­æąã‚’ã¯ã˜ã‚ã¨ã™ã‚‹å›Ŋ々ãĢは、å¤ĢがåĻģをさげすãŋã€æš´čĄŒã‚’åŠ ãˆã‚‹į¤žäŧšįš„čƒŒæ™¯ãŒæŽ‹ãŖãĻいぞす。åĻģが受けるずき尊重や樊刊をåĨĒわれ、åĨŗとしãĻį”Ÿãžã‚ŒãŸã¨ã„うį†į”ąã ã‘で、į”Ÿæļ¯ã€æš—く不嚸ãĒäēēį”Ÿã‚’į”ŸããĻいぞす。å¤ĢがいãĒければį”Ÿč¨ˆã‚’įļ­æŒã™ã‚‹čĄ“が全くãĒいぎで、äģ•æ–šãĒくå¤Ģã‹ã‚‰č™åž…ã•ã‚ŒãĻã‚‚éšˇåąžã—ãĻį”ŸããĻいくしかãĒいぎです。原ãĢæ‚˛ã—ãã€æŽ‹åŋĩãĒことです。一åˆģも旊くåĨŗ性ぎäēē樊が尊ばれるį¤žäŧšãĢãĒるようįĨˆã‚‰ã–るをえぞせん。
韓å›ŊãĢも、äģĨ前はį”ˇå°ŠåĨŗ卑ぎ思æƒŗがåŧˇãã€åĨŗ性īŧˆåĻģīŧ‰ã¯ãŠã“ãĢ行ãŖãĻもæ­Ŗしい垅遇を受けられãĒい時äģŖがありぞした。åĨŗ性は十分ãĒæ•™č‚˛ã‚’å—ã‘ã‚‰ã‚Œãšã€æ‰‹ãĢäŊ™ã‚‹åŽļäē‹ã‚„労働ãĢčŋŊわれãĻいぞした。そぎようãĒ地ãĢ、外å›ŊぎåŽŖ教å¸ĢãŸãĄãŒč‡Ēåˆ†ãŸãĄãŽåŽ‰æĨŊãĒį”Ÿæ´ģを捨ãĻãĻ、遠い道をやãŖãĻæĨãĻくれぞした。åŊŧらぎå‘ŊがけぎįĻéŸŗäŧé“ãĢより、åĨŗ性ãĢも新しいäēēį”ŸãŒé–‹ã‹ã‚Œãžã—た。イエ゚ãƒģキãƒĒ゚トぎįĻéŸŗãĢより、åĨŗ性ãĢã‚‚æ•™č‚˛ãŽæŠŸäŧšãŒä¸Žãˆã‚‰ã‚Œã€åĨŗ性もį¤ŧ拝をささげることができ、æŦĄįŦŦãĢåĨŗ性ぎ樊刊が尊重されるようãĢãĒãŖãĻいきぞした。åŽŖ教å¸ĢãŸãĄãĢ感čŦã—、įĨžæ§˜ãĢ感čŦã¨æ „光をささげãĒければãĒりぞせん。しかし、そぎようãĒ回垊をį§ãŸãĄã ã‘がå‘ŗわãŖãĻįĩ‚ãŖãĻはãĒりぞせん。į§ãŸãĄã¯ã€įĻéŸŗãĢå€Ÿã‚ŠãŽã‚ã‚‹č€…ã¨ã—ãĻ、運å‘ŊãĒぎだと思ãŖãĻ、äģ•æ–šãĒくå¤ĢãĢį¸›ã‚‰ã‚ŒãĻį”ŸããĻいるåĨŗæ€§ãŸãĄãŽãŸã‚ãĢå‡ēãĻčĄŒã‹ãĒければãĒりぞせん。åŊŧåĨŗãŸãĄãŽãŸã‚ãĢ切原ãĢとりãĒしãĻįĨˆã‚Šã€åŊŧåĨŗãŸãĄã‚‚č‡Ē分ぎ尊さをįŸĨり、åŋƒã‚†ããžã§ã‚¤ã‚¨ã‚šæ§˜ãĢį¤ŧ拝をささげることができるæ—ĨがæĨるよう、åŽŖ教ãĢ力をæŗ¨ãŒãĒければãĒりぞせん。
īŊĸãƒĻダヤäēēã‚‚ã‚ŽãƒĒã‚ˇãƒ¤äēēもãĒく、åĨ´éšˇã‚‚č‡Ēį”ąäēēもãĒく、į”ˇå­ã‚‚åĨŗ子もありぞせん。ãĒぜãĒら、あãĒたがたはãŋãĒ、キãƒĒ゚トãƒģイエ゚ãĢあãŖãĻ、一つだからです」īŧˆã‚Ŧナ 3:28īŧ‰ã¨ã„うãŋことばをéģ™æƒŗしãĻãŋぞしょう。そぎ時äģŖぎ文化įš„įŠļæŗã‚’振りčŋ”ãŖãĻãŋれば、åĨ´éšˇã‚‚č‡Ēį”ąäēēも、į”ˇå­ã‚‚åĨŗ子も、キãƒĒ゚トãƒģイエ゚ãĢあãŖãĻãŋãĒ一つだというåŽŖč¨€ã¯ã€ãžã•ãĢ靊å‘Ŋįš„ãĒãŋことばでした。そうです。イエ゚ãƒģキãƒĒ゚トぎįĻéŸŗがå…ĨãŖたところはすずãĻ、į•°é‚ĻäēēもåĨ´éšˇã‚‚åĨŗæ€§ãŸãĄã‚‚äēēį”ŸãŒæ–°ã—くされぞした。イエ゚ãĢあãŖãĻį”ˇåĨŗåˇŽåˆĨがãĒくãĒりぞした。åĨŗ性もįĨžãŽå­ã¨ã—ãĻ堂々としたäēēį”ŸãĢ回垊されたぎです。
それでは、イエ゚様をäŋĄã˜ã€æ•‘われたあãĒたぎåŽļåē­ã¯ãŠã†ã§ã—ょうか。あãĒたぎå¤ĢåŠĻé–ĸäŋ‚ãĢついãĻ一åēĻį‚šæ¤œã—ãĻãŋぞしょう。äģŠã§ã‚‚å¤ĢãĢéšˇåąžäžå­˜ãŒæŽ‹ãŖãĻã¯ã„ãžã›ã‚“ã‹ã€‚ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã€å¤Ģが昔ぎæ…Ŗįŋ’ãĢ染ぞãŖãĻいãĻ、åĻģを尊く思うことができãĒい場合もありぞす。そうであãŖたとしãĻも、č‡Ē分が先ãĢåĻģとしãĻ変わãŖãĻください。イエ゚様ãĢあãŖãĻ嚸せをčĻ‹ã¤ã‘ãĻください。å¤Ģがč‡Ē分ãĢよくしãĻくれãĻも、そうでãĒくãĻもé–ĸäŋ‚ãĒく、ä¸ģが与えãĻくださる力ãĢよãŖãĻ、å¤ĢをįŠæĨĩįš„ãĢįĢ‹ãĻãĻください。č‡Ē分ぎäēēį”ŸãŒãžãšæ–°ã—くされ、そぎ上で、įĻéŸŗãĢよãŖãĻå¤Ģぎäēēį”Ÿã‚‚新しくされるよう、įŠæĨĩįš„ãĢ劊けるįĻéŸŗįš„ãĒåĻģãĢãĒãŖãĻãã ã•ã‚‹ã“ã¨ã‚’éĄ˜ã„ãžã™ã€‚

4. ただįĨžãĢ望ãŋをįŊŽã
éšˇåąžäžå­˜ã‹ã‚‰č§Ŗ攞されるためぎ、霊įš„ãĒį§˜č¨ŖはäŊ•ã§ã—ょうか。å¤Ģから霊įš„、į˛žįĨžįš„、情įˇ’įš„ãĢį‹ŦįĢ‹ã—、かえãŖãĻå¤ĢをįĢ‹ãĻるåŊšå‰˛ã‚’果たすためãĢは、おぎようãĢしたらよいでしょうか。新į´„č–æ›¸ãŽãƒšãƒ†ãƒ­ãŽæ‰‹į´™įŦŦ一ãĢある「むかしįĨžãĢ望ãŋをįŊŽã„たæ•Ŧ虔ãĒåŠĻäēēãŸãĄã‚‚ã€ã“ãŽã‚ˆã†ãĢč‡Ē分をéŖžãŖãĻ、å¤ĢãĢåž“ãŖたぎです」īŧˆâ… ãƒšãƒ† 3:5īŧ‰ã¨ã„うãŋことばãĢ、そぎį§˜č¨ŖをčĻ‹ã„だすことができぞす。それは、å¤ĢãĢ望ãŋをįŊŽããŽã§ã¯ãĒく、「įĨžãĢ望ãŋをįŊŽãã€ã“とです。å¤Ģがį§ãŽåŠŠã‘ãĒぎではãĒく、įĨžæ§˜ãŒį§ãŽåŠŠã‘ãĒぎです。
å¤ĢãŒå¤‰ã‚ã‚‹ã“ã¨ã ã‘ã‚’åž…ãĄæœ›ãžãĒいでください。å¤ĢãŽčĄŒå‹•ãĢよãŖãĻ振り回されãĒいようãĢしぞしょう。å¤ĢãĢ支配されたりį„ĄčĻ–ã•ã‚ŒãŸã‚Šã™ã‚‹ã¨ãã€ãŸã č€ãˆãĻいãĒいで、įĨžãŽåŠ›ã‚’受けãĻください。įĨžæ§˜ãŒä¸ŽãˆãĻくださる霊įš„ãĒįŸĨæĩと力を、æ—Ĩ々受け取ãŖãĻください。åĻģは、č‡Ē分č‡ĒčēĢが変わり、į™ēåą•ã—ã€æˆé•ˇã—ãĒければãĒりぞせん。力ぎあるåĨŗ性ãĢãĒãŖãĻください。そぎ力ãĢより、å¤ĢãĢč‰¯ã„åŊąéŸŋ力を与えぞしょう。č‡Ē分を愛しãĻくださãŖãĻいるįĨžæ§˜ã ã‘ãĢį„Ļį‚šã‚’合わせぞしょう。きょうもį§ã‚’åĨŗ性としãĻįžŽã—く造ãŖãĻくださãŖたå‰ĩ造ä¸ģãĒるįĨžæ§˜ã‚’å–œãŗぞしょう。ただそぎ斚だけがį§ãŸãĄãŽæœ›ãŋであり、喜ãŗであり、éŋけ所ãĒぎです。ハãƒŦãƒĢヤīŧ
「į§ãŽãŸãžã—いはéģ™ãŖãĻ、ただįĨžã‚’åž…ãĄæœ›ã‚€ã€‚į§ãŽæœ›ãŋはįĨžã‹ã‚‰æĨるからだ。įĨžã“ãã€ã‚ãŒå˛Šã€‚ã‚ãŒæ•‘ã„ã€‚ã‚ãŒã‚„ãã‚‰ã€‚į§ã¯ã‚†ã‚‹ãŒã•ã‚Œã‚‹ã“とはãĒい。į§ãŽæ•‘いと、į§ãŽæ „光は、įĨžãĢかかãŖãĻいる。į§ãŽåŠ›ãŽå˛Šã¨éŋけ所は、įĨžãŽã†ãĄãĢある」īŧˆčŠŠ 62:5īŊž7īŧ‰ã€‚

5. 原čˇĩčĒ˛éĄŒ
å¤Ģã¸ãŽéšˇåąžäžå­˜ã‹ã‚‰æŠœã‘å‡ēすためãĢは、おうしたらよいでしょうか。ぞず、イエ゚様がį§ã‚’愛しãĻくださãŖãĻいるということをåŋ˜ã‚ŒãĒいようãĢしぞしょう。ä¸ģが力を与えãĻくださることをäŋĄã˜ã€å—け取ãŖãĻください。ただįĨžæ§˜ãĢ望ãŋをįŊŽããžã—ょう。å¤ĢãĢ振り回されず、堂々としãĻください。そしãĻ、小さãĒ変化から原čˇĩしãĻいきぞしょう。
äģĨä¸‹ãŽå†…åŽšã‚’å‚č€ƒãĢしãĻ、原čˇĩするčĒ˛éĄŒã‚’選んでãŋãĻください。さあ、始めぞしょう。čŠĻしãĻãŋãĻ、成功すればč‡Ē分をãģめãĻあげ、įĨžæ§˜ãĢ感čŦã—ぞしょう。うぞくいかãĒくãĻも、もう一åēĻãƒˆãƒŠã‚¤ã—ãžã—ã‚‡ã†ã€‚ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã€įĨˆã‚ŠãĒがら原čˇĩすることをåŋ˜ã‚ŒãĒいでください。

ãƒģ これからは、å¤Ģがč‡Ē分ãĢ寞しãĻおぎようãĢčĄŒå‹•ã™ã‚‹ã‹ã€éĄ”č‰˛ã‚’ã†ã‹ãŒã‚ãĒい。
ãƒģ å¤ĢãŒã„ã‚‰ã„ã‚‰ã—ãŸã‚Šã€č…šã‚’įĢ‹ãĻたりしãĻも、į§ã¯åŋƒãŽåšŗ厉をäŋã¤ã€‚
ãƒģ å¤ĢãĢį§č‡ĒčēĢãŒéĄ˜ã†ã“ã¨ã‚’ä¸é‡ã‹ã¤æã‚Œã‚‹ã“ã¨ãĒãčĄ¨įžã™ã‚‹ã€‚
ãƒģ å¤Ģがį§ãĢよくしãĻくれãĒくãĻも、過敏反åŋœã‚’į¤ēさãĒい。
ãƒģ å¤Ģぎ意čĻ‹ã‚„感情も大切ãĢするが、į§ãŽæ„čĻ‹ã‚„感情も大切ãĢする。
ãƒģ č‡Ē分が尊重され、ãģめられ、大切ãĢされることãĢ寞しãĻ感čŦã—ãĻ受けå…Ĩれる。
ãƒģ æ—Ĩ常į”Ÿæ´ģぎ中で感čŦãĒこととæē€čļŗすずきことをæŽĸã—ã€ãã‚Œã‚’čĄ¨įžã™ã‚‹ã€‚
ãƒģ č‡Ēåˆ†ã¯äžĄå€¤ãŒã‚ã‚Šã€æ„›ã•ã‚ŒãĻいる存在だということをäŋĄã˜ã€åŽŖč¨€ã™ã‚‹ã€‚
ãƒģ äēēãŽå‰ã§č¨€ãŖたå¤ĢãŽč¨€č‘‰ãĢåŊ“惑するようãĒことがあãŖãĻも、čŊãĄį€ã„ãĻå¤ĢぎそばãĢいる。
ãƒģ å¤ĢãĢ寞する不æē€ã‚„åŋƒé…ã‚’ä¸ģãĢゆだねãĻã€č€ƒãˆãĒいようãĢする。
ãƒģ å¤Ģが変わらãĒくãĻも、嚸せãĒ毎æ—Ĩを過ごす。
ãƒģ å¤ĢをįĨįĻã—、とりãĒしãĻįĨˆã‚Šã€ä¸ģが働かれる時ぞで、ぞずį§ãŒæ–°ã—いäēēとしãĻį”ŸããĻいく。

īŧˆ1īŧ‰å…¨ããã†ã§ã¯ãĒい
īŧˆ2īŧ‰ã‚„やそうだ īŧˆ3īŧ‰æœŦåŊ“ãĢそうだ

īŧˆã€€ã€€īŧ‰â€‰å¤ĢãŽæ„Ÿæƒ…ã‚„čĄŒå‹•ãĢ寞しãĻ、č‡Ē分がč˛Ŧäģģを持とうとする。
īŧˆã€€ã€€īŧ‰â€‰å¤ĢãŽæ„Ÿæƒ…ã‚„čĄŒå‹•ãĢ寞しãĻ、č‡Ē分がįŊĒč˛Ŧ感を感じたりį„ĻãŖたりする。
īŧˆã€€ã€€īŧ‰â€‰č‡Ē分がäŊ•ã‚’č€ƒãˆã€æ„Ÿã˜ãĻいるぎか、よくわからãĒい。
īŧˆã€€ã€€īŧ‰â€‰č‡Ē分č‡ĒčēĢぎ感情をčĒč­˜ã—ã€čĄ¨įžã™ã‚‹ãŽãĢæ…ŖれãĻいãĒい。
īŧˆã€€ã€€īŧ‰â€‰åŋƒãŽä¸­ãĢæŠŧしčžŧめãĻいる怒りや憎しãŋ、悔しさが、時々怒りや憂うつぎためãĢįˆ†į™ēしそうãĢãĒる。
īŧˆã€€ã€€īŧ‰â€‰å¤Ģがį§ãĢ寞しãĻおぎようãĢã™ã‚‹ã‹ã€éĄ”č‰˛ã‚’ã†ã‹ãŒãŖãĻしぞう。
īŧˆã€€ã€€īŧ‰â€‰č‡Ē分でæąē厚を下すことãĢ寞し、ためらいを感じ、恐れがį”Ÿã˜ã‚‹ã€‚
īŧˆã€€ã€€īŧ‰â€‰å¤ĢãĢå‚ˇã¤ã‘ã‚‰ã‚Œã‚‹ãŽã§ã¯ãĒいか、あるいは拒ぞれるぎではãĒいかと恐れãĻいる。
īŧˆã€€ã€€īŧ‰â€‰č‡Ē分が原際ãĢ思ãŖãĻいることを、åĻ厚するか、į¸Žå°ã™ã‚‹ã‹ã€å¤‰ãˆã‚‹ã‹ã€åŧæ˜Žã™ã‚‹ã€‚
īŧˆã€€ã€€īŧ‰â€‰å¤Ģぎ感情ãĢ寞しãĻ敏感で、そぎ感情をč‡Ē分ぎことぎようãĢ感じる。
īŧˆã€€ã€€īŧ‰â€‰å¤ĢãŽæ°—åˆ†ãŒæ˛ˆã‚“ã§ã„ãŸã‚‰ã€č‡Ēåˆ†ãŽæ°—åˆ†ã‚‚æ˛ˆã‚€ã€‚
īŧˆã€€ã€€īŧ‰â€‰å¤Ģと意čĻ‹ã‚„æ„Ÿæƒ…ãŒé•ã†ã¨ãã€čĄ¨įžã™ã‚‹ãŽãŒæ€–い。
īŧˆã€€ã€€īŧ‰â€‰č‡Ē分ぎ意čĻ‹ã‚„感情よりも、å¤Ģぎ意čĻ‹ã‚„感情、æŦ˛æą‚を重čĻčĻ–する。
īŧˆã€€ã€€īŧ‰â€‰å¤ĢぎæŦ˛æą‚ã‚’å„Ē先させ、č‡Ē分ぎæŦ˛æą‚ã‚’įŠ į‰˛ãĢする。
īŧˆã€€ã€€īŧ‰ 尊重され、ãģめられ、配慎されると、不åŋĢãĒ気分ãĢãĒり、åŊ“惑する。
īŧˆã€€ã€€īŧ‰â€‰č‡Ēåˆ†ãŽč€ƒãˆã‚„č¨€å‹•ãĢ寞しãĻ、いつもč‡ŗらãĒいと思う。
īŧˆã€€ã€€īŧ‰â€‰į§ã¯ã€æ—Ĩ常į”Ÿæ´ģで感čŦã‚„æē€čļŗを感じられãĒい厌į’§ä¸ģįžŠč€…だ。
īŧˆã€€ã€€īŧ‰â€‰į§ã¯ã€čĒ åŽŸã§įŠ į‰˛ã‚‚惜しぞãĒいぎで、時ãĢはčĸĢåŽŗīŧˆč™åž…īŧ‰ã‚’受けãĻも、抜けå‡ēせãĒい。
īŧˆã€€ã€€īŧ‰â€‰č‡Ēåˆ†ãŒæą‚ã‚ã‚‹ã“ã¨ã‚’å ‚ã€…ã¨å¤ĢãĢé ŧむことができãĒい。
īŧˆã€€ã€€īŧ‰â€‰č‡Ēåˆ†ã¯äžĄå€¤ãŒã‚ã‚Šã€æ„›ã•ã‚ŒãĻいる存在だと思えãĒい。

įĨˆã‚Šãžã—ょう
イエ゚様。äģŠã§ã‚‚世į•ŒãŽã‚ãĄã“ãĄã§æŠ‘ãˆã¤ã‘ã‚‰ã‚Œã€č™åž…ã•ã‚ŒãĻいるåĨŗæ€§ãŸãĄã‚’æ•‘ãŖãĻください。åŊŧåĨŗãŸãĄãŒå‰ĩ造ä¸ģãĒるįĨžæ§˜ã‚’įŸĨり、イエ゚様ぎ愛ぎ中でč‡Ē分ぎ尊さをįŸĨることができぞすようãĢ。č‡Ē分ぎ存在į›Žįš„を悟ることができぞすようãĢ。åĨŗ性を抑えつけるčĒ¤ãŖたåˆļåēĻや文化ぎためãĢ、そぎ場所ãĢã‚‚ã‚¤ã‚¨ã‚šæ§˜ãŽã„ãŽãĄãŽįĻéŸŗがå…ĨãŖãĻいきぞすようãĢ。ä¸ģよ、į§ãŽåŽļåē­ã‚‚åĨŗ性を尊ãļåĨ全ãĒåŽļåē­ãĢãĒるよう劊けãĻください。åĻģが愛されるåŽļåē­ãĢãĒりぞすようãĢ。そぎためãĢ、ぞずį§ãŒä¸ģãĢあãŖãĻåš¸ã›ã§ã‚ã‚‹ã“ã¨ã‚’éĄ˜ã„ãžã™ã€‚ä¸ģだけがį§ãŽæœ›ãŋであるとäŋĄã˜ã€åŽŖč¨€ã—ãžã™ã€‚ä¸ģが与えãĻくださる力ãĢより、å¤ĢをさらãĢæ„›ã—ã€åŠąãžã™åĻģとãĒれるよう劊けãĻãã ã•ã„ã€‚ã‚¤ã‚¨ã‚šæ§˜ãŽåžĄåãĢよãŖãĻおįĨˆã‚Šã—ぞす。ã‚ĸãƒŧãƒĄãƒŗ。


トãƒŧチãƒģトãƒĒニテã‚ŖįĨžå­Ļ大å­Ļé™ĸ、キãƒĒ゚ト教ã‚Ģã‚Ļãƒŗã‚ģãƒĒãƒŗグå­Ļ教授。
ã‚ĒãƒŗヌãƒĒ教äŧšå”力į‰§å¸Ģ、ツナノバイブãƒĢã‚ĢãƒŦッジåŽļåē­ãƒŸãƒ‹ã‚šãƒˆãƒĒãƒŧデã‚ŖãƒŦクã‚ŋãƒŧ。ナブã‚Ŋナã‚ŋčŦ›å¸Ģ。

 

     2023åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2023åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2023åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2023åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2023åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2022åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2022åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2019åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2019åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2019åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2019åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2003åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2003åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ