ç¥žã®ã¿ã“とばに従う宣教

   æ—¥æœ¬CGNTV開局10周年記念 メディア宣教座談会①
 
日本CGNTV「特別座談会」より


CGNTVでは、開局10周年記念「メディア宣教座談会」を開き、ティモシー・セランダー氏(太平洋放送協会マネージャー)、山口登久師(近畿福音放送伝道協会テレビ伝道委員長)、吉崎恵子氏(キリスト教放送局日本FEBC相談役)、高橋昌彦氏(クリスチャン新聞編集長)を迎え、話し合っていただきました。

それぞれの働きと歴史
太平洋放送協会(以下、PBA) 1951年に6人の宣教師によってラジオ放送が始まり、1960年にはテレビ放送が、70年代には当時日本でブームだった短波放送も始まりました。1980年代にはテレビシリーズの制作を開始し、現在はラジオ番組が24局、テレビ番組は13局で放送されています。
近畿福音放送伝道協会(以下、近放伝) 関西での放送伝道に使命を抱いた4人の牧師によって1972年に始められました。放送伝道を土台とする大きな伝道集会を開き、ビリーグラハム大阪国際大会などを開催しました。
FEBC  国際FEBCは、戦後アジアに福音を届けるため、1945年に設立され、日本語放送は1952年に開始し、2001年にはインターネット放送も始めました。私たちは広域放送でありながら、個別にコミュニケーションをとることに力を入れています。
クリスチャン新聞 私たちは、いのちのことば社伝道グループの中からできました。60~70年代は政治の時代で、世の中の出来事を聖書の視点から伝えることに力を注ぎ、80~90年には日本の教会が抱える問題や社会に対する教会の反応などを取り上げました。

苦難の時代と突破口
近放伝 1995年の阪神淡路大震災では、協力教会の2割がひどい被害を受けました。被災教会を一軒一軒訪ねて義捐金を渡し、先生方と一緒に祈りました。それを通して、関西の100以上の教会がいやしを受けました。震災前は教団教派の亀裂がありましたが、この震災を通して一致の大切さを学びました。震災は苦難の時でもあり、恵みの時でもありました。
PBA PBAを始めた6人の宣教師は、最初は一致がありませんでしたが、一人ひとりが悔い改めに導かれた時に御霊が下り、一致が与えられ、その日初めて大口の献金も与えられました。また、羽鳥明先生はラジオ伝道に疑問を持っていましたが、アメリカ留学中にカリフォルニアの牧師たちの要望により、現地でラジオ番組を始めると、とても大きな反響がありました。それで、日本に帰国後、6人の宣教師と放送伝道を本格的に始めました。
クリスチャン新聞 報道という面が強くなっていく中で、直接伝道に使える物を作りたいと思い『福音版』という伝道用文書、また『らみい』という子ども用伝道用文書を約40年にわたって発行しています。また、活字離れを防ぐ方法を考える中で、2004年には新聞のサイズをタブロイド版にし、記事もコンパクトにしました。今はネットの時代なので、2年半前から電子版の新聞も配信しています。
FEBC 最初はアメリカのサポートで活動をしていたため、1971年にドル為替が固定ではなくなり、困難がありました。また、事務所移転を余儀なくされ、莫大な費用が必要になりました。ヨハネの福音書11章4節のみことばを握りしめて、この問題をリスナーに訴えかけたところ、退職金を献金する人や、土地を売って献金してくださる人が現れ、今の土地と建物が与えられました。

震災に対するクリスチャンメディアの役割
クリスチャン新聞 阪神淡路大震災では、私も刷り上がった新聞を現地に行って直接配りました。集まった情報を活字にし、現地の教会に伝えました。また東日本大震災では、紙面の内容をホームページに載せ、時系列で見られるようにし、熊本の震災では情報を即座にオンラインにアップしました。報道メディアは情報のプラットフォームのような役割として貢献しているのではないかと思います。
FEBC リアルタイムの放送ではないので、情報提供はほかの所にお任せし、被災者一人ひとりの心の叫びや痛みなどを汲み取ることに力を入れています。また、全体の特別番組を何年も作り続けました。人々の心をいやす働きが私たちの役割だと思っています。
近放伝 近放伝に集まった情報を地域に発信する働きをしました。現在は、いつ起こるかわからない震災に備えて教会のネットワーク作りをしています。震災時の対応の勉強会も続けており、マニュアルも作成しています。
PBA 私たちもリアルタイムでは放送しておらず、東北の津波の時、震災の1か月前に録音した番組を放送してもよいのかという心配がありました。しかし、実際は、その放送を通して視聴者に慰めが与えられました。毎朝、変わらない福音を宣べ伝えていることが慰めになったのだと思います。


 

     2019å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ