å°ã•ãĒįŊĒもčĻ‹éŽã”しãĻはãĒらãĒい ① īŧģ マã‚ŋイぎįĻéŸŗ書18įĢ 5īŊž10į¯€â€‰īŧŊ

   ãƒžã‚ŋイぎįĻéŸŗ書ぎæĩãŋ 107
 

ã‚ĒãƒŗヌãƒĒ教äŧš 前ä¸ģäģģį‰§å¸Ģ 故 ハīŊĨヨãƒŗジョ


「しかし、わたしをäŋĄã˜ã‚‹ã“ãŽå°ã•ã„č€…ãŸãĄãŽã˛ã¨ã‚ŠãĢでもつぞずきを与えるようãĒč€…ã¯ã€
大きいįŸŗč‡ŧをéĻ–ãĢかけられãĻã€æš–ãŽæˇąãŋでおãŧれæ­ģんだãģうがぞしです」īŧˆãƒžã‚ŋ 18:6īŧ‰ã€‚


īŊĸぞた、だれでも、こぎようãĒå­ãŠã‚‚ãŽã˛ã¨ã‚Šã‚’ã€ã‚ãŸã—ãŽåãŽã‚†ãˆãĢ受けå…Ĩã‚Œã‚‹č€…ã¯ã€ã‚ãŸã—ã‚’å—ã‘å…Ĩれるぎです」īŧˆãƒžã‚ŋ 18:5īŧ‰ã€‚
イエ゚様はここで「子おもをわたしぎ名ぎゆえãĢ受けå…ĨれãĒければãĒらãĒい」と勧めãĻãŠã‚‰ã‚Œãžã™ã€‚æąšã‚ŒãĻいãĻ、č‡Ēåˇąä¸­åŋƒįš„ãĒおとãĒぎäģŽéĸを捨ãĻるだけでãĒく、į´”į˛‹ã§čŦ™č™šãĒ子おもぎåŋƒã‚’受けå…ĨれãĻ、įĨžãŽå­ãŠã‚‚としãĻãŽč€ƒãˆæ–šã‚’čēĢãĢつけãĒã•ã„ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãŸãŽã§ã™ã€‚įĨžãŽå­ãŠã‚‚とは、すでãĢ世äŋ—ãĢ染ぞり、å›ēぞãŖãĻしぞãŖたおとãĒではãĒãã€æ–°ã—ãã•ã‚ŒãŸč€…ã§ã‚ã‚Šã€éœŠįš„ãĢ新しくį”Ÿãžã‚ŒãŸå­ãŠã‚‚ぎようãĒ存在です。ですから、į§ãŸãĄãŽåŋƒãŽįŠļ態が子おもぎようãĢ変わらãĒければãĒりぞせん。そぎことをイエ゚様は喜ばれぞす。į§ãŸãĄãŒæ•™äŧšãĢ行ãŖãĻį¤ŧ拝をささげることだけでも、įĨžæ§˜ã¯å–œã°ã‚Œãžã™ã€‚ã—ã‹ã—ã€åžŒå…ˆãŽã“ã¨ã‚’č€ƒãˆã‚Œã°čĄŒã‘ãĒいようãĒæ‰€ã§ã‚‚ã‚¤ã‚¨ã‚šãŽåžĄåãĢよãŖãĻčĄŒãã€ã‚ã‚Œã“ã‚Œč¨ˆįŽ—するãĒらできãĒいようãĒことをイエ゚ぎゆえãĢするå§ŋをčĻ‹ã‚‹ã¨ãã€įĨžæ§˜ã¯æœŦåŊ“ãĢ喜ばれぞす。
į§ãŸãĄã¯ã“こãĢå¤ŠãŽåžĄå›ŊをčĻ‹ã„ã ã—ãžã™ã€‚å¤ŠãŽåžĄå›Ŋは、į§ãŸãĄãŒã“ぎ世をåŽģるæ—ĨãĢå…ĨることãĢãĒりぞす。しかし、イエ゚様はすでãĢã“ãŽåœ°ã§å¤ŠãŽåžĄå›ŊをįĩŒé¨“させãĻくださいぞす。おとãĒは子おもを受けå…Ĩれることはできぞせん。子おもがおとãĒを受けå…Ĩã‚Œãžã™ã€‚å¤ŠãŽåžĄå›Ŋを所有したäēēã¯ã€å¤ŠãŽåžĄå›Ŋを受けå…Ĩれることでしょう。

į§ãŸãĄã¨åŒä¸€čĻ–されたイエ゚様
īŊĸ子おもを受けå…Ĩã‚Œã‚‹č€…ã¯ã€ã‚ãŸã—ã‚’å—ã‘å…Ĩれるぎです」というãŋことばからå­Ļずることは、įŦŦ一ãĢ、イエ゚様とį§ãŸãĄã¯ä¸å¯åˆ†ãŽé–ĸäŋ‚ãĢあるということです。「ä¸ģぎãŋことばがį§ãŽã†ãĄãĢ、į§ãŒä¸ģãŽã†ãĄãĢ」「イエ゚はãļおうぎ木で、į§ãŸãĄã¯æžã€ã¨ã„うãŋことばãĢもčĻ‹ã‚‰ã‚Œãžã™ã€‚ãƒĢã‚ĢぎįĻéŸŗ書でイエ゚様はäŧé“しãĢčĄŒãåŧŸå­ãŸãĄãĢこぎようãĢč¨€ã‚ã‚Œãžã—ãŸã€‚
īŊĸあãĒたがたãĢč€ŗã‚’å‚žã‘ã‚‹č€…ã¯ã€ã‚ãŸã—ãĢč€ŗã‚’å‚žã‘ã‚‹č€…ã§ã‚ã‚Šã€ã‚ãĒãŸãŒãŸã‚’æ‹’ã‚€č€…ã¯ã€ã‚ãŸã—ã‚’æ‹’ã‚€č€…ã§ã™ã€‚ã‚ãŸã—ã‚’æ‹’ã‚€č€…ã¯ã€ã‚ãŸã—ã‚’éŖã‚ã•ã‚ŒãŸæ–šã‚’æ‹’ã‚€č€…ã§ã™ã€īŧˆãƒĢã‚Ģ 10:16īŧ‰ã€‚
イエ゚様は、ごč‡ĒčēĢとįĨžæ§˜ãŽå­ãŠã‚‚を一つとしãĻčĻ‹ãĻおられぞした。į‰šãĢ、マã‚ŋイぎįĻéŸŗ書25įĢ 35īŊž45į¯€ã§ã¯ã€ã‚ˆã‚Šå…ˇäŊ“įš„ãĢčĒžãŖãĻおられぞす。イエ゚様はæ­ŖしいäēēãŸãĄãĢã€ã“ã†č¨€ã‚ã‚Œãžã—ãŸã€‚
īŊĸあãĒたがたは、わたしがįŠēč…šã§ã‚ãŖたとき、わたしãĢéŖŸãšã‚‹į‰Šã‚’与え、わたしが渇いãĻいたとき、わたしãĢéŖ˛ãžã›ã€ã‚ãŸã—が旅äēēであãŖたとき、わたしãĢåŽŋã‚’č˛¸ã—ã€ã‚ãŸã—ãŒčŖ¸ãŽã¨ãã€ã‚ãŸã—ãĢį€ã‚‹į‰Šã‚’与え、わたしがį—…気をしたとき、わたしをčĻ‹čˆžã„、わたしがį‰ĸãĢいたとき、わたしをたずねãĻくれたからです」īŧˆãƒžã‚ŋ 25:35īŊž36īŧ‰ã€‚
æ­ŖしいäēēãŸãĄãŒã€Œä¸ģよ、いつį§ãŸãĄã¯ã€ã‚ãĒたを劊けぞしたか。そんãĒことをしたæ†ļãˆã¯ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ã€ã¨č¨€ã†ã¨ã€ã‚¤ã‚¨ã‚šæ§˜ã¯ã€Œã‚ãĒたがたが、これらぎわたしぎ兄åŧŸãŸãĄã€ã—ã‹ã‚‚æœ€ã‚‚å°ã•ã„č€…ãŸãĄãŽã˛ã¨ã‚ŠãĢしたぎは、わたしãĢã—ãŸãŽã§ã™ã€ã¨č¨€ã‚ã‚Œãžã—ãŸã€‚ã‚¤ã‚¨ã‚šæ§˜ã¯ã€æ—…äēē、į—…ã‚“ã§ã„ã‚‹č€…ã€į–Žå¤–されãĻã„ã‚‹č€…ã€åŠ›ãŽãĒã„č€…ã€į‰ĸãĢã„ã‚‹č€…ãŒã€ã”č‡Ē分ぎようãĒč€…ã ã¨č¨€ãŖãĻおられぞす。į›ŽãĢčĻ‹ãˆã‚‹äēēを愛することができãĒいäēēが、おうしãĻįĨžæ§˜ã‚’æ„›ã™ã‚‹ã“ã¨ãŒã§ãã‚‹ãŽã‹ã¨č¨€ãŖãĻおられるぎです。į§ãŸãĄã¯ã€į™Ŋい服をį€ãĻ光りčŧãã‚¤ã‚¨ã‚šæ§˜ã‚’æƒŗ像しぞすが、イエ゚様はすでãĢį§ãŸãĄãŽã†ãĄãĢおられ、čŖ¸ãŽč€…ãŽã†ãĄãĢもおられぞす。イエ゚様は、ごč‡Ē分ぎ民とごč‡Ē分を同一čĻ–されぞす。
įĨžæ§˜ãŽæ°‘を「įĨžãŽå­ã€ã¨ã„いぞす。イエ゚様は、į§ãŸãĄãŽã“とを愛さãĒければãĒらãĒいåŽĸčĻŗįš„ãĒå¯žčąĄã¨ã—ãĻčĻ‹ã‚‰ã‚Œã‚‹ãŽã§ã¯ãĒく、į§ãŸãĄã¨ã”č‡Ē分を一つぎからだとしãĻčĻ‹ãĻおられぞす。イエ゚様は、į§ãŸãĄã‚’単ãĢ愛しãĻあげるずきかわいそうãĒ存在、同情し、į—…をいやしãĻあげるずき存在としãĻではãĒく、ぞさãĢごč‡Ē分も原際ãĢį—…ぎč‹Ļしãŋをå‘ŗわいãĒがら、č‹Ļしんでいるį§ãŸãĄã¨ã¨ã‚‚ãĢおられるぎです。
į§ãŸãĄã¯ã€é“を歊いãĻいãĻかわいそうãĒäēēがいたら、そぎäēēを劊けãĻã‚ã’ã‚‹ã“ã¨ãŒã§ããžã™ã€‚ãŠé‡‘ã‚’æ¸Ąã—ãŸã‚Šã€ä¸€į”Ÿéĸ倒をčĻ‹ãĻあげるとį´„束することもできぞす。čŖ¸ãŽäēēがいたら、č‡Ēåˆ†ãŽæœã‚’č„ąã„ã§ã‚ã’ã‚‹ã“ã¨ã‚‚ã§ããžã™ã€‚ã—ã‹ã—ã€ã‚¤ã‚¨ã‚šæ§˜ã¯ãã†ã§ã¯ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ã€‚č‡Ē分ぎ子おもぎようãĢä¸–čŠąã‚’ã—ãĻくださいぞす。č‡Ē分ぎčēĢからå‡ēãŸå­ãŠã‚‚ãŽä¸–čŠąã‚’ã™ã‚‹ã“ã¨ã¨ã€ã‹ã‚ã„ãã†ãĒäēēを劊けãĻあげることとは違いぞす。イエ゚様は、かわいそうãĒ孤児ãĢ同情するようãĒ、čŖ¸ãŽäēēãĢ同情しãĻ劊けるようãĒé–ĸäŋ‚ではãĒく、č‡Ē分ぎčēĢからå‡ēた子としãĻ、切ãŖãĻも切れãĒいé–ĸäŋ‚でį§ãŸãĄã‚’æ„›ã—ã€ä¸–čŠąã—ãĻくださるぎです。
周りをčĻ‹ã‚Œã°ã€į„ĄåŠ›ã§ãŠé‡‘ã‚‚ãĒい、世ぎäēē々がčĻ‹ã‚Œã°å–ã‚‹ãĢčļŗりãĒいクãƒĒ゚チãƒŖãƒŗがいぞす。世ではåŊŧらがそれãģãŠč˛§ã—ãã€ãŋじめãĒ暎らしをしãĻいるとしãĻも、įĨžæ§˜ã¯åŊŧらをこぎ世ぎおんãĒもぎよりも尊い存在としãĻčĻ‹ãĻおられぞす。į§ã¯ã€åŽŖ教å¸ĢãŽæ–šãŸãĄã‚’é€šã—ãĻこぎことをå­Ļãŗぞした。だれもé–ĸåŋƒã‚’持たãĒいã‚ĸフãƒĒã‚ĢåĨĨ地ぎčĻ‹æ¨ãĻã‚‰ã‚ŒãŸå­ãŠã‚‚ãŸãĄã‚‚ã€ã‚¤ã‚¨ã‚šæ§˜ãŒåå­—æžļã§čĄ€ã‚’æĩã—ãĻæ­ģãŦãģお愛された存在です。中å›Ŋã‚„ãƒ­ã‚ˇã‚ĸぎäēē々も、įĨžæ§˜ãŽæ„›ã‚’受けるずき存在だと感じられるようãĢãĒりぞした。å›Ŋ内ãĢã‚‚ã€č˛§ã—ã„äēē々やåŠŖæ‚ĒãĒį’°åĸƒã§į”ŸããĻいるäēē々がいぞす。įĨžæ§˜ã¯į§ãŸãĄãĢčĒžã‚‰ã‚Œãžã™ã€‚「あぎčĻ‹æ¨ãĻられたį„ĄåŠ›ãĒ、äŊ•č€…でもãĒã„č€…ã˛ã¨ã‚Šã§ã‚‚å—ã‘å…Ĩれることは、わたしを受けå…Ĩれることだ。愛されãĻいãĒいäēēを愛しãĒさい。わたしぎ名ãĢよãŖãĻåŋ˜ã‚Œã‚‰ã‚ŒãŸäēē々ぎもとãĢčĄŒãã€åŠŠã‘ã€æ„›ã‚’ã‚‚ãŖãĻ包んであげãĒã•ã„ã€‚ãŠč…šã‚’ã™ã‹ã—ãŸäēēãĢéŖŸãšã•ã›ãĒさい。それが、わたしを愛することãĒぎだ」

つぞずきを与えるäēē
īŊĸしかし、わたしをäŋĄã˜ã‚‹ã“ãŽå°ã•ã„č€…ãŸãĄãŽã˛ã¨ã‚ŠãĢでもつぞずきを与えるようãĒč€…ã¯ã€å¤§ãã„įŸŗč‡ŧをéĻ–ãĢかけられãĻã€æš–ãŽæˇąãŋでおãŧれæ­ģんだãģうがぞしです」īŧˆãƒžã‚ŋ 18:6īŧ‰ã€‚
įŦŦäēŒãĢ、イエ゚様は、小さãĒč€…ãŸãĄãŽã˛ã¨ã‚ŠãĢでもつぞずきを与えãĻはãĒらãĒã„ã¨č¨€ã‚ã‚Œãžã—ãŸã€‚ã“ã‚Œã¯ã€æœŦåŊ“ãĢ恐ろしいãŋことばです。意å›ŗしãĒくãĻもč‡Ē分よりįĢ‹å ´ãŒä¸‹ãĢã„ã‚‹č€…ãĢつぞずきを与えãĻしぞうことは、だれãĢã‚‚ã‚ã‚ŠãŒãĄãĒことだからです。
イエ゚様をåŋƒã‹ã‚‰äŋĄã˜ãĻいるį´”į˛‹ãĒクãƒĒ゚チãƒŖãƒŗがいたとしぞす。åŊŧはこぎ世でå„Ēれた才čƒŊもãĒいåŧąã„存在で、äēēぎ下で働いãĻいるäēēです。悔しいį›ŽãĢäŧšãŖãĻã‚‚ã€é˜˛åžĄã™ã‚‹åŠ›ãŒã‚ã‚Šãžã›ã‚“ã€‚ã‚¤ã‚¨ã‚šæ§˜ã¯ã€ã“ãŽã‚ˆã†ãĒäēē々をį„ĄčĻ–しãĻはãĒらãĒã„ã¨č¨€ã‚ã‚Œãžã—ãŸã€‚ã€ŒåŊŧã‚’å‚ˇã¤ã‘ãĻはãĒらãĒい。åŊŧもįĨžæ§˜ãŽå­ãŠã‚‚ãĒぎだ。こぎ世ではäŊŽã„äŊįŊŽãĢいるかもしれãĒã„ãŒã€å¤ŠãŽåžĄå›Ŋでは最も偉大ãĒč€…ã ã€‚åŊŧをæąēしãĻつぞずかせãĻはãĒらãĒã„ã€ã¨č¨€ã‚ã‚Œã‚‹ãŽã§ã™ã€‚ã‚¤ã‚¨ã‚šæ§˜ã¯ã€åŧąã„äŋĄåž’ã‚„į„ĄčĻ–されãĻいるäŋĄåž’、åŋ˜ã‚Œã‚‰ã‚ŒãŸäŋĄåž’ã‚’åŋ…ず捜しå‡ēし、厈られぞす。
では、äēēãĢつぞずきを与えるįŊĒとは、おんãĒもぎでしょうか。それは、įŊĒをįŠ¯ã•ã›ã‚‹ã‚ˆã†äēēをčĒ˜æƒ‘し、åˆēæŋ€ã‚’与え、教えることを意å‘ŗしぞす。ここでį§ãŸãĄã¯éŠšããšãã“とãĢ気ãĨかされぞす。įŊĒは、č‡ĒらįŠ¯ã™ã“とはãĒいということです。įŊĒは、おんãĒときもčĒ˜æƒ‘を受けãĻįŠ¯ã™ã‚‚ぎです。æ‚Ē魔がį›´æŽĨčĒ˜æƒ‘したり、äēēãĢå‘ŊじãĻčĒ˜æƒ‘させたりするぎです。čĒ˜æƒ‘がãĒければ、įŊĒをįŠ¯ã™ã“とはありぞせん。ã‚ĩã‚ŋãƒŗは、エバをčĒ˜æƒ‘しぞした。įŊĒをįŠ¯ã™ã¨ã“ろãĢは、įŊĒをįŠ¯ã™ã‚ˆã†ãĢ垌æŠŧししたり、勧めたりするčĒ˜æƒ‘ぎ手があるもぎです。äēēは、初めから大きãĒįŊĒをįŠ¯ã—ぞせん。少しずつįŊĒをįŠ¯ã—ãĻ、垌ãĢはとãĻつもãĒいįŊĒをįŠ¯ã™ã‚ˆã†ãĢãĒるぎです。
ãƒĻダヤäēēは、最もčĩĻされãĒいįŊĒは、įŊĒをįŠ¯ã™ã‚ˆã†äēē々をčĒ˜æƒ‘するįŊĒã ã¨č€ƒãˆãžã—ãŸã€‚ä¸€čˆŦįš„ãĢこぎ世では、įŊĒをįŠ¯ã—たåŧĩæœŦäēēが最もįŊĒæˇąã„äēēã ã¨č€ƒãˆãžã™ã€‚é‡‘æŒãĄã¯ã€č‡Ē分でįŊĒをįŠ¯ã—ぞせんが、お金でäēēãĢįŊĒをįŠ¯ã™ã‚ˆã†ãĢさせぞす。į¤žé•ˇã¯įŊĒをįŠ¯ã—ぞせんが、部下į¤žå“ĄãĢįŊĒをįŠ¯ã™ã‚ˆã†ãĢさせぞす。しかし、イエ゚様はčĻ‹ãĻおられぞす。įŊĒをįŠ¯ã—たäēēよりも、įŊĒをįŠ¯ã™ã‚ˆã†ãĢさせたéģ’いå‹ĸ力、čĒ˜æƒ‘するå‹ĸ力を、イエ゚様はより鋭くさばかれぞす。įĨžæ§˜ã¯æŦēかれãĒい斚です。äēēはæŦēくことができãĻも、įĨžæ§˜ã‚’æŦēくことはできぞせん。 īŧˆæĨ月ãĢįļšãīŧ‰

 

     2019åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2019åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2019åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2019åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ