ä¸€å¯žä¸€åŧŸå­é¤Šč‚˛ãŒčŋŊæą‚ã™ã‚‹åŧŸå­

   Why 一寞一åŧŸå­é¤Šč‚˛ 4
 
ã‚ĒãƒŗヌãƒĒ教äŧš 一寞一åŧŸå­é¤Šč‚˛ 担åŊ“į‰§å¸Ģ イãƒģゎフãƒŗ


éœŠæ€§č¨“įˇ´ã‚„åŧŸå­é¤Šč‚˛č¨“įˇ´ãŽæœ€įĩ‚įš„ãĒį›Žæ¨™ã¯ã€ã‚¤ã‚¨ã‚šãĢäŧŧãŸč€…ã¨ãĒることです。äŋĄäģ°ã¨åŽŸį”Ÿæ´ģぎあらゆる領域でイエ゚ぎå§ŋがį§ãŸãĄãŽä¸­ãĢįžã‚ŒãĒいãĒら、斚æŗ•ãĢå•éĄŒãŒã‚ã‚‹ãŽã‹ã‚‚ã—ã‚Œãžã›ã‚“ã€‚į•°įĢ¯ãŽčĒ¤ãŖたäŋĄäģ°ã¨ã€ããŽäŋĄäģ°ãĢåŸēãĨいたčĒ¤ãŖたį”Ÿãæ–šãŒãã‚Œã‚’č¨ŧ明しãĻいぞす。äŊŋ垒パã‚Ļロは、įĨžãŒį§ãŸãĄã‚’救われたį›Žįš„ぎ一つは、į§ãŸãĄã‚’イエ゚ãĢäŧŧさせるようãĢã™ã‚‹ã“ã¨ã ã¨č¨€ãŖãĻいぞすīŧˆãƒ­ãƒž 8:29「ãĒぜãĒら、įĨžã¯ã€ã‚らかじめįŸĨãŖãĻおられるäēēã€…ã‚’ã€åžĄå­ãŽã‹ãŸãĄã¨åŒã˜å§ŋãĢã‚ã‚‰ã‹ã˜ã‚åŽšã‚ã‚‰ã‚ŒãŸã‹ã‚‰ã§ã™ã€‚ãã‚Œã¯ã€åžĄå­ãŒå¤šããŽå…„åŧŸãŸãĄãŽä¸­ã§é•ˇå­ã¨ãĒられるためです」īŧ‰ã€‚åˆĨãŽč¨€ã„æ–šã‚’ã™ã‚‹ãĒら、į§ãŸãĄã¯įŊĒãĢよãŖãĻå¤ąã‚ã‚ŒãŸįĨžãŽã‹ãŸãĄã‚’、イエ゚を通しãĻ再ãŗ回垊させるためãĢæ•‘ã‚ã‚ŒãŸã¨ã„ã†ã“ã¨ã§ã™ã€‚å¤ąã‚ã‚ŒãŸįĨžãŽã‹ãŸãĄã‚’回垊させるとは、すãĒã‚ãĄã‚¤ã‚¨ã‚šãĢäŧŧることです。ですから、すずãĻぎクãƒĒ゚チãƒŖãƒŗは、イエ゚ãĢäŧŧãŸč€…ãĢãĒãŖãĻいくことが、įĨžãŒæ•‘ãŖãĻくださãŖたį›Žįš„だということをåŋ˜ã‚ŒãĻはãĒりぞせん。ジョãƒŗãƒģ゚トットį‰§å¸Ģは、これãĢついãĻ、č‡Ē分がクãƒĒ゚チãƒŖãƒŗだとä¸ģåŧĩするãĒら、キãƒĒ゚トぎようãĢãĒらãĒければãĒらãĒã„ã¨č¨€ãŖãĻいぞす。äŊŋ垒ヨハネは、キãƒĒã‚šãƒˆãŽã†ãĄãĢとおぞãŖãĻã„ã‚‹ã¨č¨€ã†č€…ã¯ã€č‡Ē分もキãƒĒ゚トが歊ぞれたようãĢ歊ぞãĒければãĒらãĒã„ã¨č¨€ã„ãžã—ãŸīŧˆâ… ãƒ¨ãƒ 2:6īŧ‰ã€‚イエ゚ãĢäŧŧることは、į”Ÿæļ¯įļšã‘ãĒければãĒらãĒい成į†ŸãŽéŽį¨‹ã§ã™ã€‚
イエ゚ãĢäŧŧãĻいくようãĢ訓įˇ´ã‚’する一寞一åŧŸå­é¤Šč‚˛ã¯ã€ãŠãŽã‚ˆã†ãĒåŧŸå­ãŽå§ŋをčŋŊæą‚ã—ãĻいるぎか、čĻ‹ãĻいきぞしょう。

1īŧŽäēēį”ŸãŽå„Ē先順äŊã‚’イエ゚ãĢįŊŽã„ãĻį”Ÿãã‚‹
åŧŸå­ã¯åŸēæœŦįš„ãĢč–éœŠãŽåƒããĢよãŖãĻイエ゚をäēēæ ŧįš„ãĢ受けå…Ĩれ、救われたäēēです。そしãĻ、ãģとんおぎäŋĄåž’は、救われる過į¨‹ã§įĨžãŽæĩãŋã¨æ„›ã‚’æˇąãįĩŒé¨“しぞす。そぎとき、ぞず最初ãĢäžĄå€¤čĻŗや世į•ŒčĻŗが変わりぞす。そしãĻ、そぎįĩæžœã€æ™‚é–“ã‚„č˛Ąį”ŖぎäŊŋい斚、į”Ÿæ´ģぎあり斚、äēē間é–ĸäŋ‚ãĒお、äēēį”ŸãŽå„Ē先順äŊãŒå†æ§‹į¯‰ã•ã‚ŒãĻいきぞす。つぞり、äēēį”ŸãŽå„Ē先順äŊã‚’イエ゚ãĢįŊŽã„ãĻį”Ÿãã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒり、イエ゚を中åŋƒãĢäēēį”ŸãŽå„Ē先順äŊã‚’æ•´į†ã™ã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒりぞす。イエ゚は「わたしぎもとãĢæĨãĻ、č‡Ē分ぎįˆļ、母、åĻģ、子、兄åŧŸã€å§‰åĻšã€ããŽã†ãˆč‡Ēåˆ†ãŽã„ãŽãĄãžã§ã‚‚æ†ŽãžãĒã„č€…ã¯ã€ã‚ãŸã—ãŽåŧŸå­ãĢãĒることができぞせん」īŧˆãƒĢã‚Ģ 14:26īŧ‰ã¨ã€åŧŸå­ãŽäēēį”ŸãĢついãĻčĒžãŖãĻおられぞす。こぎãŋことばは、åŽļ族を愛しãĻはãĒらãĒいという意å‘ŗではãĒく、å„Ē先順äŊã‚’č€ƒãˆį›´ã—ãĒさいという意å‘ŗです。それは、įĨžãŽæĩãŋと愛をįĩŒé¨“しãĻはじめãĻできることです。ãĒぜãĒら、įĨžãŽæĩãŋã¨æ„›ã‚’æˇąãįĩŒé¨“したäēēは、č‡Ēį„ļãĢäēēį”Ÿæœ€éĢ˜ãŽäžĄå€¤ã¯ã‚¤ã‚¨ã‚šãĢあることがわかるからです。ぞた、įĨžãŽæ„›ã‚’įŸĨãŖãĻはじめãĻäēēを愛することができるという意å‘ŗでもありぞす。įĨžã‚’愛すれば愛するãģお、äēēをさらãĢ愛することができるようãĢãĒりぞす。パã‚Ļロは「į§ãŽä¸ģであるキãƒĒ゚トãƒģイエ゚をįŸĨãŖãĻいることぎすばらしさぎゆえãĢ、いãŖさいぎことを損と思ãŖãĻいぞす。į§ã¯ã‚­ãƒĒ゚トぎためãĢすずãĻぎもぎを捨ãĻãĻã€ãã‚Œã‚‰ã‚’ãĄã‚Šã‚ããŸã¨æ€ãŖãĻã„ãžã™ã€ã¨č¨€ã„ãžã—ãŸīŧˆãƒ”ãƒĒ 3:8īŧ‰ã€‚åŊŧは、įĨžãŽæĩãŋと愛をįĩŒé¨“し、こぎ世ãĢはイエ゚よりも尊いもぎはãĒく、イエ゚ãĢこそäēēį”Ÿæœ€éĢ˜ãŽäžĄå€¤ãŒã‚るとäŋĄã˜ãĻį”Ÿãã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒりぞした。åŊŧぎäēēį”Ÿã¯ã€Œãã†ã„うわけで、あãĒたがたはだれでも、č‡Ēåˆ†ãŽč˛Ąį”Ŗ全部を捨ãĻãĒいでは、わたしぎåŧŸå­ãĢãĒることはできぞせん」īŧˆãƒĢã‚Ģ 14:33īŧ‰ã¨ã„うイエ゚ぎことばをč¨ŧ明しãĻいぞす。
イエ゚ぎåŧŸå­ã¯ã€äēēį”ŸãŽå„Ē先順äŊã‚’イエ゚ãĢįŊŽã„ãĻį”Ÿãã‚‹ãŸã‚ã€įĨžãŽå›ŊとそぎįžŠã‚’ãžãšæą‚ã‚ã‚‹ã ã‘ã§ãĒくīŧˆãƒžã‚ŋ 6:33īŧ‰ã€äŊ•ã”ともįĨžãŽæ „光をįžã™ãŸã‚ãĢčĄŒã„īŧˆâ… ã‚ŗãƒĒ 10:31īŧ‰ã€åŒæ™‚ãĢイエ゚ãƒģキãƒĒ゚トぎからだである教äŧšã‚’åģēãĻ上げることãĢå„Ē先順äŊã‚’įŊŽããžã™ã€‚äŊ•ãŒäēēį”Ÿã‚’čąŠã‹ãĢするぎでしょうか。そぎį­”えは、イエ゚ãƒģキãƒĒ゚トです。äēēį”ŸãŽä¸­ãĢイエ゚ãƒģキãƒĒã‚šãƒˆãŠã˛ã¨ã‚ŠãŒå…ĨãŖãĻこられれば、そぎäēēį”Ÿã¯čąŠã‹ãĢãĒるぎです。äēēį”ŸãŽä¸­ã§čŋŊæą‚ã—ãĻいることが、イエ゚とおんãĒé–ĸäŋ‚ãĢあるかが重čĻã§ã™ã€‚もしé–ĸäŋ‚がãĒければ、そぎäēēį”Ÿã¯į„Ąį›Šã§ã™ã€‚イエ゚äģĨ外ãĢ、į§ãŸãĄãŒäēēį”Ÿã‚’かけるãĢäžĄã™ã‚‹ã‚‚ãŽã¯ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ã€‚

2īŧŽã‚¤ã‚¨ã‚šãĢæ˛ģめられãĻį”Ÿãã‚‹
イエ゚ãĢæ˛ģめられるäēēį”Ÿã¨ã¯ã€ãŠã‚“ãĒもぎでしょうか。イエ゚は、おぎようãĢį§ãŸãĄãŽäēēį”Ÿã‚’æ˛ģめられるぎでしょうか。これは、すずãĻぎクãƒĒ゚チãƒŖãƒŗãĢとãŖãĻ重čĻãĒčŗĒ問です。イエ゚は、ãŋことばãĢよãŖãĻį§ãŸãĄã‚’æ˛ģめられぞす。ですから、į§ãŸãĄãŒã‚¤ã‚¨ã‚šãŽãŋことばãĢ垓うとき、そぎ斚ぎįĩąæ˛ģが始ぞりぞす。イエ゚ぎåŧŸå­ã¯ã€ã‚¤ã‚¨ã‚šãŒãŠã‚“ãĒ斚であるかをįŸĨり、äŋĄã˜ã‚‹ã ã‘でãĒく、そぎ樊威ぎもとãĢã˛ã‚Œäŧã™äēēです。ですから、イエ゚ぎåŧŸå­ã¯ã€įĨžãŽã“とばãĢį•™ãžã‚Šãžã™ã€‚ãŋことばをéģ™æƒŗし、そぎãŋことばおおりãĢį”Ÿããžã™ã€‚「もしあãĒたがたが、わたしぎことばãĢとおぞるãĒら、あãĒたがたはãģんとうãĢわたしぎåŧŸå­ã§ã™ã€īŧˆãƒ¨ãƒ 8:31īŧ‰ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãŸã‚¤ã‚¨ã‚šãŽãŋことばをč¨ŧ明するぎです。
こぎようãĒį†į”ąã§ã€ä¸€å¯žä¸€åŧŸå­é¤Šč‚˛ã¯ã€QTといつも一įˇ’ãĢ動きぞす。一寞一åŧŸå­é¤Šč‚˛ãŽæ•™æãĢQTぎ内厚が加えられãĻいるぎは、こぎようãĒį†į”ąãĢよりぞす。同äŧ´č€…čĒ˛į¨‹ã§é¤Šč‚˛č€…と同äŧ´č€…ã¯ã€æ¯Žé€ąå„č‡ĒがQTã‚’ã—ãŸå†…åŽšã‚’åˆ†ã‹ãĄåˆãŖãĻã‹ã‚‰å§‹ã‚ãžã™ã€‚é¤Šč‚˛č€…čĒ˛į¨‹ã§ã¯ã€å€‹äēēぎQTノãƒŧトをį‚šæ¤œã—、éģ™æƒŗ訓įˇ´ãĢ集中しぞす。そぎようãĢ訓įˇ´ã™ã‚‹ã“とãĢより、ãŋことばぎéģ™æƒŗを通しãĻ、įĨžãĢ受けå…Ĩã‚Œã‚‰ã‚Œã‚‹č‰¯ã„ã“ã¨ã¯äŊ•ã§ã‚るかをįŸĨるようãĢãĒりīŧˆãƒ­ãƒž 12:2īŧ‰ã€ããŽåžĄåŋƒãĢ垓うことãĢより、イエ゚ãĢæ˛ģめられãĻį”Ÿãã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒりぞす。そしãĻ、銚いたことãĢ、イエ゚ãĢæ˛ģめられるäēēį”Ÿã¯ã€į§ãŸãĄã‚’č‡Ēį”ąãĢしぞすīŧˆãƒ¨ãƒ 8:32「そしãĻ、あãĒたがたはįœŸį†ã‚’įŸĨり、įœŸį†ã¯ã‚ãĒたがたをč‡Ēį”ąãĢしぞす」īŧ‰ã€‚
įĨžãŽå›Ŋは、ãŋことばãĢ垓うとき、åģēãĻ上げられぞす。ãŋことばãĢ垓うとき、åŽļåē­ãĢįĨžãŽå›ŊがåēƒãŒã‚Šãžã™ã€‚しかし、垓わãĒければ、åŽļåē­ã¯åœ°į„ぎようãĢãĒりぞす。イエ゚ぎåŧŸå­ã¯ã€ãŠã“ãĢいãĻもįĨžãŽå›ŊをåģēãĻ上げãĻいくäēēです。ãĒぜãĒら、イエ゚ぎåŧŸå­ãŽã„ã‚‹åŽļåē­ã‚„čˇå ´ã§ã€ãŋことばãĢ垓うことãĢより、キãƒĒ゚トぎįĩąæ˛ģがãĒされるからです。ですから、イエ゚ぎåŧŸå­ã¯ã€ãŠã“ãĢいãĻも、äŊ•ã‚’するãĢã‚‚č‰¯ã„åŊąéŸŋ力を与えるぎです。「こぎようãĢ、あãĒたがたぎ光をäēē々ぎ前でčŧã‹ã›ã€äēē々があãĒãŸãŒãŸãŽč‰¯ã„čĄŒã„ã‚’čĻ‹ãĻ、夊ãĢおられるあãĒたがたぎįˆļをあがめるようãĢしãĒさい」īŧˆãƒžã‚ŋ 5:16īŧ‰ã€‚

3īŧŽã‚¤ã‚¨ã‚šã‹ã‚‰ä¸Žãˆã‚‰ã‚ŒãŸäŊŋå‘ŊãĢįŒŽčēĢする
イエ゚は、「č‡Ē分ぎ十字æžļã‚’č˛ ãŖãĻわたしãĢついãĻæĨãĒã„č€…ã¯ã€ã‚ãŸã—ãŽåŧŸå­ãĢãĒることはできぞせん」īŧˆãƒĢã‚Ģ 14:27īŧ‰ã¨č¨€ã‚ã‚Œãžã—た。イエ゚ぎåŧŸå­ã¯ã€č‡Ēåˆ†ãŒč˛ ã†ãšãåå­—æžļがäŊ•ã§ã‚るかをįŸĨり、そぎ十字æžļã‚’č˛ ãŖãĻį”Ÿãã‚‹č€…ãŸãĄã§ã™ã€‚ã‚¤ã‚¨ã‚šãŒį§ãŸãĄãĢゆだねられた十字æžļは、2į¨ŽéĄžã‚りぞす。įŦŦ一ãĢ、個äēēぎäēēį”Ÿã§č˛ ã‚ãĒければãĒらãĒい十字æžļです。こぎ十字æžļは、č‹Ļしãŋã¨ã„ã†ã‹ãŸãĄã§ä¸Žãˆã‚‰ã‚Œãžã™ã€‚äēēį”ŸãĢは、大ãĒり小ãĒりč‹Ļしãŋや困é›Ŗがあるもぎです。しかし、č‡Ē分ぎåŧąã•ã‚’十字æžļとしãĻ受けæ­ĸめられるäēēと、そうでãĒいäēēがいぞす。č‹Ļしãŋをč‡Ēåˆ†ãŒč˛ ã†ãšãåå­—æžļとしãĻ受けå…Ĩã‚Œã‚‹ã“ã¨ãŒã§ãã‚Œã°ã€ãã‚Œã‚’č˛ ã†åŠ›ãŒį”Ÿã˜ãžã™ã€‚č–éœŠãŒä¸€įˇ’ãĢč‹Ļしãŋã‚’č˛ ãŖãĻくださるぎで、č‹Ļしãŋや困é›ŖãĢ束į¸›ã•ã‚Œãšã€å ‚々とį”Ÿãã‚‹ã“とができぞす。困é›ŖãĒįŠļæŗãŽä¸­ã§ã‚‚、感čŦãŽåŋƒã‚’å¤ąã„ãžã›ã‚“ã€‚ã—ã‹ã—ã€č‹Ļしãŋや困é›Ŗを十字æžļとしãĻ受けæ­ĸめられãĒいäēēは、į”Ÿãã‚‹ã“とč‡ĒäŊ“がつらくãĒりぞす。į’°åĸƒãĢį¸›ã‚‰ã‚ŒãĻį”ŸããĻいるぎで、感čŦã‚‚å–œãŗもありぞせん。イエ゚ぎåŧŸå­ã¯ã€įĨžãŒã‚†ã ã­ã‚‰ã‚ŒãŸäēēį”ŸãŽåå­—æžļを受けå…Ĩれ、č‡Ēã‚‰č˛ ãŖãĻį”ŸããĒければãĒりぞせん。
įŦŦäēŒãĢ、ä¸ģぎからだである教äŧšãŽãŸã‚ãĢč˛ ã†ãšãåå­—æžļです。教äŧšãĢäģ•ãˆã‚‹äēē々ãĢは、2つぎã‚ŋイプがありぞす。1つは、教äŧšãŽãŸã‚ãĢ働いãĻいるäēē々です。教äŧšãŽãŸã‚ãĢする働きがč‡Ēåˆ†ãŒč˛ ã†ãšãåå­—æžļであるというčĒč­˜ãŒã‚りぞせん。ただč‡Ē分ぎį†ąåŋƒã¨æƒ…į†ąãĢ導かれãĻ教äŧšãĢäģ•ãˆãžã™ã€‚そぎようãĒäēēは、č‡Ē分ぎ働きがäēēからčĒã‚ã‚‰ã‚ŒãĒいと、すぐãĢå‚ˇã¤ãã€åƒããĢ寞するäģŖäžĄãŒäŧ´ã‚ãĒいとé›ĸれãĻいãŖãĻしぞうことがありぞす。しかし、教äŧšãŽåƒãã‚’č‡Ēåˆ†ãŒč˛ ã†ãšãåå­—æžļとしãĻ受けとめãĻ、äģ•ãˆã‚‹ã‚ŋイプぎäēēもいぞす。こぎようãĒäēēãŸãĄã¯ã€äģŖäžĄã‚’æą‚ã‚ãŸã‚Šã€čĒã‚ã‚‰ã‚Œã‚‹ãŸã‚ãĢ働いたりせず、åŋ čĒ ã‚’å°Ŋくしぞす。2つぎã‚ŋã‚¤ãƒ—ãŽã†ãĄã€åžŒč€…ãŒã‚¤ã‚¨ã‚šãŽåŧŸå­ã ã¨č¨€ã†ã“とができぞす。イエ゚ぎåŧŸå­ã¯ã€ä¸ģぎためãĢį”Ÿãã‚‹ã“とがč‡Ē分ぎäŊŋå‘ŊであることをįŸĨり、ä¸ģぎためぎ働きãĢ喜んでįŒŽčēĢしぞす。ぞた、åŽļåē­ã‚„čˇå ´ãŒã‚¤ã‚¨ã‚šãĢよãŖãĻåŦされた場所であることをčĻšãˆã€č‡Ē分がするずきことãĢ最善をå°Ŋくしぞす。

4īŧŽæ„›ãĢおいãĻ成į†Ÿã—たäēē
霊性という単čĒžã‚’čĻ‹ã‚‹ã¨ã€ã€ŒåĨ‰äģ•ã€įŒŽčēĢ、įĻæŦ˛ã€æ–­éŖŸã€į¯€åˆļ、åŽŗæ ŧãĒ訓įˇ´ã€ãĒおをæƒŗ像しぞす。しかし、それらよりもéĢ˜ã„æŦĄå…ƒãŽéœŠæ€§ãŒã‚りぞす。それは、「愛」です。愛を原čˇĩしãĒがらį”Ÿãã‚‹ã“ã¨ã§ã™ã€‚č–æ›¸ã‚’100回通čĒ­ã—たとしたとしãĻも、40æ—Ĩ間ぎ断éŖŸįĨˆįĨˇã‚’äŊ•å›žã—たとしãĻも、愛がãĒければそぎäēēぎ霊性はキãƒĒã‚šãƒˆãŽéœŠæ€§ã¨ã¯č¨€ãˆãžã›ã‚“ã€‚ä¸€å¯žä¸€åŧŸå­é¤Šč‚˛ãŽįŠļæĨĩįš„ãĒį›Žįš„は、愛ãĢæē€ãĄãŸäēēãĢãĒã‚‹ã‚ˆã†č¨“įˇ´ã™ã‚‹ã“とです。ãĒぜãĒら、愛ãĢæē€ãĄãŸäēēãĢãĒることが霊性ぎクナイマック゚だからです。イエ゚も、åŧŸå­ã§ã‚ることぎč¨ŧ拠はäē’いãĢæ„›ã—åˆã†ã“ã¨ã ã¨č¨€ã‚ã‚Œãžã—ãŸã€‚ã€Œã‚ãĒたがたãĢ新しい戒めを与えぞしょう。äē’いãĢ愛し合いãĒさい。わたしがあãĒたがたを愛したようãĢ、あãĒたがたもäē’いãĢ愛し合いãĒさい。もしäē’いぎ間ãĢ愛があるãĒら、それãĢよãŖãĻあãĒたがたがわたしぎåŧŸå­ã§ã‚ることを、すずãĻぎäēēがčĒã‚ã‚‹ãŽã§ã™ã€īŧˆãƒ¨ãƒ 13:34īŊž35īŧ‰ã€‚ぞた、äŊŋ垒パã‚Ļロは、テã‚ĩãƒ­ãƒ‹ã‚ąãŽæ•™äŧšãŽäŋĄäģ°ãŒį›ŽãĢčĻ‹ãˆãĻæˆé•ˇã—ã€åŊŧらぎ間でäē’いぎ愛がåĸ—し加わãŖãĻいることãĢついãĻ、įĨžãĢ感čŦã™ã‚‹ã¨č¨€ã„ぞしたīŧˆâ…Ąãƒ†ã‚ĩ 1:3īŧ‰ã€‚
ぞず、イエ゚ぎåŧŸå­ã¯įĨžã‚’愛しぞす。そしãĻ、įĨžã‚’愛するäēēは、įĨžãŽãƒ“ジョãƒŗã‚’å…ąæœ‰ã—ãžã™ã€‚ãã—ãĻ、そぎビジョãƒŗを成し遂げることãĢįŒŽčēĢしぞす。イエ゚ぎåŧŸå­ã¨ã—ãĻ訓įˇ´ã‚’受けるãĒら、č‡Ēį„ļãĢč‡Ē分ぎäēēį”ŸãŽį›Žæ¨™ã‚„ビジョãƒŗã‚’č€ƒãˆį›´ã™ã‚ˆã†ãĢãĒりぞす。そしãĻ「送るãĢしãĻも、å‡ēãĻčĄŒããĢしãĻも」という標čĒžã‚’æŽ˛ã’ãĻã€ã‚¤ã‚¨ã‚šãŽéĄ˜ã„ã§ã‚ã‚‹åŽŖ教をäēēį”ŸãŽį›Žæ¨™ã¨ã—ãĻįĢ‹ãĻ、įŒŽčēĢするようãĢãĒりぞす。
æŦĄãĢ、イエ゚ぎåŧŸå­ã¯č‡Ē分č‡ĒčēĢを愛しぞす。č‡Ē分を愛さãĒいでį”ŸããĻいるäēēは、意外ãĢたくさんいぞす。åŊŧã‚‰ãŽå…ąé€šį‚šã¯ã€äēēį”ŸãŒåš¸ã›ã§ã¯ãĒいということです。おんãĒį†į”ąã§ã‚れ、č‡Ē分ぎ存在をåĢŒã†ã“とは、įĨžãŽå‰ĩ造を冒į€†ã™ã‚‹ã“とãĢãģかãĒりぞせん。įĨžãŒã”č‡Ē分ぎ名をかけãĻå‰ĩ造された存在であるč‡Ē分č‡ĒčēĢをåĢŒã†ã“とは、不äŋĄäģ°ã§ã™īŧˆã‚¤ã‚ļ 43:7īŧ‰ã€‚č‡Ēåˆ†ãŽå­˜åœ¨äžĄå€¤ã‚’čĻ‹å¤ąãŖãĻしぞãŖたäēēは、įĨžãĢあãŖãĻč‡Ē分ぎæœŦåŊ“ぎå§ŋをčĻ‹ã„だし、愛さãĒければãĒりぞせん。
最垌ãĢ、イエ゚ぎåŧŸå­ã¯ãģかぎäēēを愛しぞす。įĨžã‚’愛するäēēは、č‡Ē分č‡ĒčēĢを愛し、さらãĢãģかぎäēēも愛しぞす。č‡Ē分を愛することができãĒいäēēは、ãģかぎäēēを愛することもできぞせん。イエ゚ぎåŧŸå­ã¨ã—ãĻ訓įˇ´ã•ã‚ŒãŸäēēは、イエ゚がともãĢ過ごされたäēē々、すãĒã‚ãĄãŽã‘č€…ãĢされãĻいたäēē々、不嚸ãĒäēē、į—…気ぎäēēã€č˛§ã—ã„äēēãŸãĄã¨ã¨ã‚‚ãĢ過ごすことを喜ãŗぞす。初äģŖ教äŧšãŽåŧŸå­ãŸãĄã‚‚、č‡Ēåˆ†ãŸãĄãŽį‰Šã‚’åŖ˛ãŖãĻã€č˛§ã—ã„äēē々ãĢ分け与えられぞした。イエ゚ぎåŧŸå­ã¨ã—ãĻ訓įˇ´ã•ã‚ŒãŸäēē々は、困įĒŽã—ãĻいるéšŖäēēãĢ、喜んでäģ•ãˆã‚‹äēēです。

 

     2019åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2019åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2019åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2019åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ