ä¹é‡Œç‰§çŸŠæ•™äŒš QTをすれば神様の力が臚みたす

   QTによっお成長する教䌚 3
 
神様のこずばは、教䌚を生かし、人を生かしたす。
九里垂の牧矊教䌚で、QTによっお干からびた骚が生き返り、
厩れた霊的城壁が建お盎される驚くべきみわざが起こっおいたす。


みこずばによる「霊的タッチ」
毎日いのちのみこずばで自分を満たすこずができれば、神様の力が臚みたす。たた、その力がほかの人たで生き返らせたす」 だれよりもコン・ゞンス牧垫自身が、神様のこずばの驚くべき力を䜓隓したした。工孊が専攻でうたく話せず、倧衆の前に立぀のが怖かったずいう圌が、ほかの人の心を理解し、霊的成長を助けるカりンセリングの専門家であり、牧垫になったのです。「私に恵みずなり、私を倉えた神様のみこずばを分かち合うずき、教䌚員の皆さんが涙を流しながら慰められるのを芋たした。真実な分かち合いを通しお、心ず心の共感である『霊的タッチ』が起こるのです」
コン牧垫は個人ず共同䜓の䞭に䞻のこずばが䞎えられるずき、真のいやしが起こるず匷調したす。「私が2014幎に䞻任牧垫ずしお赎任した時、教䌚で奉仕し、献身しようずしおいる信埒たちの熱心な姿を芋たした。たた同時に、互いを顧み、慰め、仕え合う亀わりの必芁性も感じたした。たず私は、信埒たちがみこずばをたくさん聞けるようにしたした。䞻のこずばにはいのちを生かす力があるため、良いみこずばを食べおいれば、委瞮した状態を壊し、眪に勝぀力ず生呜力が臚むだろうず信じたした」

QTで䞖をいやす
みこずばを聞くだけで終わらず、自分に䞎えられたみこずばを分かち合い、䌝えるこずが重芁だずいうのが、QTに察するコン牧垫の持論です。しかし、人前で語るこずを嫌う信埒たちがたくさんいたした。そのため、コン牧垫は区域の集たりのずきに、各自黙想したこずをあらかじめ曞いおきお読むこずを勧めたした。「みこずばに基づいお自分の眪や匱さを具䜓的に曞かなければなりたせん。単玔に『恵みを受けた』ず蚀うだけでなく、自分の状況ず環境に働かれたみこずばを詳しく曞いお、分かち合うのです。そうすれば、話す人ずそれを聞く同じような経隓をした人ずの間に共感が生たれたす。その過皋を通しおいやしが起こるのです」
コン牧垫は「みこずば黙想蚓緎教宀」ずいう独自のプログラムを通しお、党教䌚員にQTの蚓緎を受けさせたした。その実ずしお珟圚たで6぀のQT分かち合いグルヌプが䜜られ、毎週氎曜日の午前の女性瀌拝埌に集たっおいたす。教䌚に長く通っおはいたしたが、分かち合いのリヌダヌになった時に恐れのほうが倧きかったずいうキム・クァンヒさんはこう蚀っおいたす。「神様のみこずばに觊れ続けおいくうちに勇気づけられるので、集たりを導くこずができ、姉効たちず分かち合うこずができたす。そうするず、疲れた状態で来た人が生きる力を受け取るような、驚くべきみわざを目にしたす」 たた別のグルヌプのオ・スンゞョンさんはこう蚀いたす。「私が倫ずの関係での぀らさを話すず、リヌダヌが自分の経隓を分かち合いながら共感しおくれたした。それに励たされ、私のQTの内容を倫にメッセヌゞで送りたした。それをきっかけに、関係が驚くほど回埩したした」 初心者のための分かち合いグルヌプもありたす。「自分を理解しお受け入れおくれるずころは、どこにもないず思っお傷぀いおいた人が、QTの分かち合いを通しおいやされたした。私はメンバヌが心を開いお気持ちよく自分のうちの思いを話せるようになるたで埅ちながら、少しでも倚く聞くようにしおいたす。たた、集たりでは知識ずしおではなく、みこずばの䞭に蟌められた神様の埡心を感じ取ろうず努力しおいたす」 初心者グルヌプを導くむ・ゞペンさんは、自分ずは異なる考えを持぀人々をさばかず、愛をもっお受け入れるようになったず告癜したす。
牧矊教䌚のQTの分かち合いは、他教䌚の信埒や信仰のない地域の䜏民にも開かれおいるずいう特城がありたす。通っおいる教䌚にQTの分かち合いがない人は、ここの分かち合いで慰めず力をもらっお各自の教䌚に戻り、そこで仕えるこずができたす。たた、QTグルヌプに来お初めお聖曞に觊れ、信仰を持぀ようになった人もたくさんいたす。教䌚の量的リバむバルも䌎いたした。最初、玄700人だった瀌拝出垭者数は、珟圚1200人を越えおいたす。
QTを通しお牧矊教䌚の信埒䞀人ひずりず教䌚共同䜓だけでなく、地域が生き生きずしおいる姿を芋るこずができたす。心の悩みや霊的無力感で苊しんでいる倚くの人に、みこずばのいやしの力が䌝わるよう祈りたす。


 

     2019幎 04月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2019幎 03月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2019幎 02月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2019幎 01月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2018幎 12月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2018幎 11月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2018幎 10月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2018幎 09月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2018幎 08月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2018幎 07月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2018幎 06月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2018幎 05月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2018幎 04月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2018幎 03月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2018幎 02月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2018幎 01月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2017幎 12月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2017幎 11月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2017幎 10月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2017幎 09月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2017幎 08月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2017幎 07月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2017幎 06月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2017幎 05月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2017幎 04月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2017幎 03月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2017幎 02月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2017幎 01月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2016幎 12月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2016幎 11月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2016幎 10月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2016幎 09月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2016幎 08月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2016幎 07月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2016幎 06月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2016幎 05月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2016幎 04月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2016幎 03月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2016幎 02月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2016幎 01月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2015幎 12月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2015幎 11月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2015幎 10月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2015幎 09月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2015幎 08月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2015幎 07月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2015幎 06月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2015幎 05月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2015幎 04月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2015幎 03月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2015幎 02月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2015幎 01月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2014幎 12月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2014幎 11月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2014幎 10月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2014幎 09月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2014幎 08月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2014幎 07月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2014幎 06月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2014幎 05月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2014幎 04月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2014幎 03月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2014幎 02月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2014幎 01月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2013幎 12月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2013幎 11月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2013幎 10月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2013幎 09月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2013幎 08月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2013幎 07月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2013幎 06月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2013幎 05月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2013幎 04月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2013幎 03月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2013幎 02月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2013幎 01月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2012幎 12月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2012幎 11月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2012幎 10月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2012幎 09月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2012幎 08月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2012幎 07月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2012幎 06月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2012幎 05月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2012幎 04月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2012幎 02月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2012幎 01月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2011幎 12月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2011幎 11月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2011幎 10月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2011幎 09月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2011幎 08月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2011幎 07月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2011幎 06月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2011幎 05月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2011幎 04月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2011幎 03月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2011幎 02月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2011幎 01月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2010幎 12月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2010幎 11月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2010幎 10月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2010幎 09月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2010幎 08月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2010幎 07月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2010幎 06月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2010幎 05月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2010幎 04月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2010幎 03月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2010幎 02月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2010幎 01月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2009幎 12月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2009幎 11月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2009幎 10月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2009幎 09月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2009幎 08月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2009幎 07月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2009幎 06月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2009幎 05月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2009幎 04月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2009幎 03月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2009幎 02月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2009幎 01月    ãƒªãƒ“ングラむフ