ä¸–に打ち勝つクリスチャン

   ç¥žã®å›½ã‚’実現していく弟子
 
韓国オンヌリ教会 長老 チョン・ジンホ


お金は良いものだと思いますか。多くの人々と同じように、私も良いものだと思います。詩篇119篇14節の英語訳を見ると「私がすべての財を楽しむように、主を楽しみます」となっています。聖書は、お金を喜ぶことは悪いことではないと言っています。しかし、これが金銭第一主義に極端に傾いてしまうと、神よりもお金を中心に考えてしまいます。そうなると、お金が偶像になってしまうのです。
聖書には、お金に注意しなさいと書いてあります。エゼキエル書28章5節には「商いに多くの知恵を使って財宝をふやし、あなたの心は、財宝で高ぶった」と書かれています。マタイの福音書にも「あなたがたは、神にも仕え、また富にも仕えるということはできません」(6:24)とあります。ここで、富を指すアラム語は「マモン」ですが、これは文法的に見ると、自ら神になろうとする邪悪な心という意味を含み、気をつけなければならないものであることがわかります。
第一にお金は、創造論的な観点から見ると良いものです。創世記1章に記された万物の中には、お金も含まれています。ところが、2章、3章と進んでいくと、罪によってお金の本来あるべき姿から変わってきてしまいました。ですから、十字架によって贖われた私たちの時代には、お金を本来のあり方に戻す義務があるのです。
資本主義の原理は「取り引き」です。しかし、その中心は「私」なので、お金も「私のもの」という考え方が入ってきています。私たちは売買するという資本主義の方法に慣れているので、私がお金の持ち主のような気がするのです。まず、お金の持ち主はだれなのかを知らなければなりません。ハガイ書2章8節には「銀はわたしのもの。金もわたしのもの。──万軍の主の御告げ ── 」とあります。またレビ記25章23節には「地は買い戻しの権利を放棄して、売ってはならない。地はわたしのものであるから。あなたがたはわたしのもとに居留している異国人である」と、不動産も神のものだと言っています。皆さんが職場でマモンに勝つ一番の方法は、これらがすべて神のものであるという概念を持つことです。
第二に、財産は管理するものです。マタイの福音書に、主人が旅行に行き、3人のしもべにお金を託した話が出てきます。1タラント預かった人は、主人を恐れて地の中に隠しました。しかし、5タラント預かった人はそれを10タラントにしました。1タラントは、今のお金に換算すると約1億円くらいですから、10タラントは約10億円です。しかし、それを「わずかなもの」と表現しています。1タラント預かった人の態度はどうでしょうか。1タラント預かった人は、神のことを「ひどい方」だと思っていました。
私も、会社で業績を上げることができなければ叱られるという恐れに縛られていました。しかし、へブル人の手紙13章5節には「金銭を愛する生活をしてはいけません。いま持っているもので満足しなさい」とあります。ローマ人への手紙には「あなたがたは……奴隷の霊を受けたのではなく、子としてくださる御霊を受けた」(8:15)とあります。マモンが「業績を上げなかったから駄目だ」とささやくとき、「それは違う」と言うことができるのです。
私は、神の恵みにより、大企業のCEOとして多額の年俸をもらっていましたが、経営上のミスがあり、多額の借金を抱えました。千人以上の従業員との関係は良かったのですが、本社から来た副会長だけは私を嫌っていました。私は早天祈祷で「この人を除いてください」と祈っていました。ある日、ノンクリスチャンの営業部長が「祈ってください」と言ってきました。「私は30日間、一日一食断食するから、あなたは3日間、早天祈祷会に出て礼拝をささげてください」と言いました。
一週間後、副会長が私の部屋に来て、「私はアメリカの本社に戻ることになった」と言い、営業部長を含む何の非もない3人を首にしろと言ってきました。私が困って、神に「どうしたらいいですか」と祈っていると「あなたが辞めなさい」と神が語られました。私は、この仕事がないと借金を返せないと思いましたが、「わかりました。神様、私が辞めます」と告白すると、副会長への憎しみが嘘のように消えました。ところが、副会長に、アメリカの金融危機のため、韓国の証券部門は売却するので手伝ってくれと頼まれ、1年後、恵みの中で売却することができました。その後、私が会社を辞めるとき、アメリカの本社から小切手が届きました。その小切手は、私が負債を返済し、結婚した息子の家を買うだけの金額が入っていました。
ぺテロに水の上を歩かせた神様です。私たちは、財政の面においても水の上を歩くことができるはずです。しかし、そのためには、日々神との深い交わりを通して力を受け、世に打ち勝たなければなりません。

*本文は、日本CGNTVの番組「ラブ・ソナタ札幌 教会セミナー 1」を要約したものです。


 

     2019å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ