è¿«å®³ãªãã—てリバイバルはない

   åœ°ã®æžœã¦ã‹ã‚‰æ¥ãŸæ‰‹ç´™
 
キム・ヨンファン、キム・チュヨン 大韓イエス教長老会DMS派遣宣教師


教会の窓が壊されているのを知っているかという警察からの電話がありました。もうこれで6回目です。「神様、ひどいです。なぜ私たちの教会に6回も攻撃を許されたのですか」 嘆くように祈りながら、ガラスの破片や教会の前に投げられたごみを片付けました。それから7回目の攻撃がありました。聖日礼拝をささげながら、涙があふれました。その時、「神の賜物と召命とは変わることがありません」(ロマ 11:29)というみことばを与えられました。
イギリスの地を初めて踏んだときのことを思い出しました。2005年にチーズ工場に通う人々を中心に家の教会を開拓し、毎日街を歩いて伝道すると、6ヶ月で30名余りの教会員が集まりました。翌年、研究のためにケンブリッジに移った後は、街の中心部で路傍説教を始めました。初日から仏教徒の女性からの激しい抗議にあいました。アルコール中毒者や麻薬中毒者たちが来て、叫ぶこともありました。しかし、最後には勝利させてくださる神のみわざにより、再び家の教会を開拓しました。
2014年にウェールズの炭鉱地域であったニューポートに来て、今の教会を開拓しました。この地域には露骨な白人優越主義と人種差別があり、霊的に荒れた砂漠のような地です。裏通りには割れた酒の瓶の破片がころがり、バーでは毎晩のように流行歌が大音量で流されていて、眠ることができませんでした。夜の礼拝を終えて家に帰る途中、若者に襲われてひどく殴られたこともありました。子どもが学校で暴力を7回も受けたりしました。イエスの名を広めていると文句を言われ、胸ぐらをとられたことも何度かありました。しかし、どんな迫害にも屈せず、道でみことばを宣言すると、町をとらえていたサタンが逃げていくのを感じました。また、別の路傍伝道者たちが起こされ、17人のイギリス人が一度に礼拝に押し寄せてくるという奇蹟も起こりました。「ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです」(Ⅱコリ 12:10)。使徒パウロのように、迫害や苦難の時も喜び、キリストの力が注がれる謙遜なしもべになれるよう、きょうも祈ります。


| 国家情報 |
イギリスは、北アイルランド、イングランド、スコットランド、ウェールズの4つの国で構成された連合国家で、立憲君主制です。首都はロンドンで、国土面積は日本の約3分の2、人口は約6,618万人です。2004~2007年にEUに加入した東ヨーロッパから移民者が流入し、数年前から毎年30万人以上が入ってきています。国民のほとんどがイスラム教徒である中東・アフリカ地域の難民を積極的に受け入れ、テロ、治安の悪化、社会福祉費用の増加などの問題が生じています。2016年6月にブレグジット(英国のEU脱退)投票が可決されました。これは、難民に対する国民の不満が大きく反映されたものと考えられます。

| 祈りの情報 |
最近の調査で、53%のイギリス人が無神論者であると答えたと報告されています。教会に出席する人は全体人口の3%にすぎません。一方、イスラム教徒は、2011年には全体人口の4.8%に達し、現在は300万人(約5%)を超えていると推定されます。イスラム教以外にも、過去のイギリス植民地国家から流入した混合宗教が拡散する中で、2013年7月には、イギリスの教会の公式的な抗議もないまま同性結婚が合法化されました。イギリスの霊的な回復とリバイバルのために祈りましょう。

| キム・ヨンファン、キム・チュヨン宣教師の祈りの課題 |
1.Heart Fire Church(HFC)がイギリスの教会を目覚めさせるリバイバルの種となるように。
2.HFCに主のみことばに従って生きて死ぬ真の働き人が送られるように。
3.正式な支援を受けず14年間過ごしてきたが、後援してくれる派遣教会が与えられ、ともに働くことができるように。
4.苦しみの中でも喜んで宣教を行い、霊的に渇いたイギリスで福音の実を豊かに結べるように。

 

     2019å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ