įĨžãŽå¤ĸがあるåŽļåē­

   č–書įš„ãĒåĻģ čŦ›åē§īŧģįŦŦ12čĒ˛īŧŊ 愛とはäŊ•ã‹
 
トãƒŧチãƒģトãƒĒニテã‚ŖįĨžå­Ļ大å­Ļ 教授 イãƒģキボク


Introduction
äģŠãŽä¸–ãĢは、映į”ģãĢもドナマãĢもæĩčĄŒæ­ŒãŽæ­ŒčŠžãĢも、愛という単čĒžãŒã‚ãĩれかえãŖãĻいぞす。しかし、į§ãŸãĄã™ãšãĻがåŋƒã‹ã‚‰æą‚めるæœŦåŊ“ぎ愛は、čĻ‹ã¤ã‘るぎがé›ŖしいぎがįžįŠļです。かつãĻは愛し合ãŖãĻいたå¤ĢåŠĻが、äģŠã¯æ„›ã—ãĻいãĒã„ã¨č¨€ãŖãĻåˆĨã‚Œãžã™ã€‚æ„›ãŒå†ˇã‚ãŸã¨č¨€ã„ãŸã„ãŽã§ã—ã‚‡ã†ã€‚ãã—ãĻ、äģŠã¯ãģかぎäēēを愛しãĻã„ã‚‹ã¨č¨€ãŖãĻ騒ぎįĢ‹ãĻぞす。こぎようãĒäēēãŸãĄãŒč¨€ã†æ„›ã¨ã¯ã€ã„ãŖたいäŊ•ã§ã—ょうか。įœŸãŽæ„›ã¨ã¯ã€äŊ•ã§ã—ょうか。では、įœŸãŽæ„›ã‚’å­ĻãļためãĢ、ぞずåŊりぎ愛ãĢついãĻčĒŋずãĻãŋぞしょう。

1īŧŽåŊりぎ愛
1īŧ‰æ„›ã¯æ„Ÿæƒ…ではãĒい  愛は、į‡ƒãˆä¸ŠãŒã‚‹æ„Ÿæƒ…ではありぞせん。äēē間ぎ感情は、変わりやすいもぎです。からだぎã‚ŗãƒŗデã‚Ŗã‚ˇãƒ§ãƒŗãĢよãŖãĻ、夊気やį’°åĸƒãĢよãŖãĻ、感情はころころと変わりぞす。朝は嚸せãĒ気分だãŖたぎãĢ、午垌ãĢãĒãŖãĻį–˛ã‚ŒãĻくると、すぐãĢ憂うつãĢãĒãŖたりしぞす。あるäēēãŽéĄ”ã ã‘ã‚’čĻ‹ãĻもåŋƒč‡“がおきおきしãĻ、åŋƒãŒã˛ã‹ã‚Œã‚‹įŠļ態を、愛だと錯čĻšã—ãĒいでください。ぞた、だれかãĢ寞しãĻ性æŦ˛ã‚’感じることも愛ではありぞせん。恋ãĢčŊãĄãŸã¨ã„ã†æ„Ÿæƒ…ã‚‚ã€įœŸãŽæ„›ã§ã¯ã‚りぞせん。
旧į´„č–æ›¸ãĢ、į‡ƒãˆã‚‹ã‚ˆã†ãĒ情æŦ˛ã¨æ„Ÿæƒ…ãĢよãŖãĻ、わずらうãģおį•°æ¯åĻšãŽã‚ŋマãƒĢを愛したã‚ĸムノãƒŗというį”ˇãŽčŠąãŒå‡ēãĻきぞす。
īŊĸそぎ垌ぎことである。ダビデぎ子ã‚ĸãƒ–ã‚ˇãƒŖロムãĢ、ã‚ŋマãƒĢという名ぎįžŽã—いåĻšãŒã„たが、ダビデぎ子ã‚ĸムノãƒŗはåŊŧåĨŗを恋しãĻいた。ã‚ĸムノãƒŗは、åĻšã‚ŋマãƒĢぎためãĢ、č‹Ļしんで、わずらうようãĢãĒãŖた。というぎは、åŊŧåĨŗがå‡ĻåĨŗであãŖãĻ、ã‚ĸムノãƒŗãĢは、åŊŧåĨŗãĢäŊ•ã‹ã™ã‚‹ã¨ã„うことはとãĻもできãĒいと思われたからである」īŧˆâ…Ąã‚ĩム 13:1īŊž2īŧ‰ã€‚
įĩåą€ã€ã‚ĸムノãƒŗはåĻšã‚’だぞしãĻåŧˇåˆļįš„ãĢはずかしめぞしたが、そぎį›´åžŒãĢåŊŧぎ情į†ąįš„ãĒ愛情は憎しãŋãĢ変わãŖãĻしぞいぞす。
īŊĸしかし、ã‚ĸムノãƒŗはåŊŧåĨŗãŽč¨€ã†ã“ã¨ã‚’čžã“ã†ã¨ã¯ã›ãšã€åŠ›ãšãã§ã€åŊŧåĨŗをはずかしめãĻ、これと寝た。ところがã‚ĸムノãƒŗã¯ã€ã˛ãŠã„æ†Žã—ãŋãĢかられãĻ、åŊŧåĨŗをきらãŖた。そぎ憎しãŋは、åŊŧãŒã„ã ã„ãŸæ‹ã‚ˆã‚Šã‚‚ã˛ãŠã‹ãŖた。ã‚ĸムノãƒŗはåŊŧåĨŗãĢ言ãŖた。『さあ、å‡ēãĻčĄŒã‘ã€ã€īŧˆâ…Ąã‚ĩム 13:14īŊž15īŧ‰ã€‚
愛は性æŦ˛ã§ã¯ã‚りぞせん。感情įš„ãĒč‡Ēåˇąé™ļ酔でもありぞせん。そぎようãĒåŊりぎ愛ぎåšģæƒŗは、厚易ãĢ憎しãŋã‚„å¤ąæœ›ãĢ変わãŖãĻしぞいぞす。そぎようãĒč‡Ēåˇąé™ļ酔ぎ愛は、すぐãĢå†ˇã‚ãĻしぞうもぎです。į›¸æ‰‹ã‚’所有しようとしãĻåŧˇčĻã—、支配しようとするぎも愛ではありぞせん。č‹Ĩ者ãĢ愛を教えãĒければãĒりぞせん。映į”ģãĢå‡ēãĻくるようãĒį”˜ããĻロマãƒŗチックãĒ愛はįœŸãŽæ„›ã§ã¯ãĒã„ã¨ã„ã†ã“ã¨ã‚’ã€å­ãŠã‚‚ãŸãĄã¨æŦĄä¸–äģŖãĢ教えãĒければãĒりぞせん。愛は感情ではãĒく、意åŋ—とč˛Ŧäģģ感と尊重がåĢぞれãĻいるということを、č‹Ĩã„ã†ãĄãĢ教えãĒければãĒりぞせん。

2īŧ‰æ„›ãŽæŦ åĻ‚ã€€ã€€č–æ›¸å…¨äŊ“ã¯ã€æ„›ãŽčŠąã§ã™ã€‚ãžãšã€įĨžæ§˜ãŒį§ãŸãĄã‚’愛されたぎで、į§ãŸãĄã‚‚įĨžæ§˜ã‚’愛するようãĢãĒãŖたというナブ゚トãƒŧãƒĒãƒŧです。įŦŦ一はä¸ģぎ愛であり、įŦŦäēŒã¯ä¸ģぎ愛ãĢよãŖãĻéšŖäēēã‚’æ„›ã™ã‚‹ã¨ã„ã†ãŽãŒã€č–æ›¸å…¨äŊ“ぎ核åŋƒãƒĄãƒƒã‚ģãƒŧジであり、戒めです。「『åŋƒã‚’å°Ŋくし、思いをå°Ŋくし、įŸĨ性をå°Ŋくし、力をå°ŊくしãĻ、あãĒたぎįĨžã§ã‚ã‚‹ä¸ģを愛せよ。』æŦĄãĢはこれです。『あãĒたぎéšŖäēēをあãĒたč‡ĒčēĢぎようãĢ愛せよ。』こぎäēŒã¤ã‚ˆã‚Šå¤§äē‹ãĒå‘Ŋäģ¤ã¯ã€ãģかãĢありぞせん」īŧˆãƒžã‚ŗ 12:30īŊž31īŧ‰ã€‚
éšŖäēēをč‡Ē分č‡ĒčēĢぎようãĢ愛するためãĢは、ぞずč‡Ē分č‡ĒčēĢを愛さãĒければãĒりぞせん。すãĒã‚ãĄã€č‡Ē分č‡ĒčēĢを愛することができãĒいäēēは、ãģかぎäēēを愛することもできãĒいぎです。č‡Ē分を尊く思えãĒいäēēは、äēēを尊く思うことができぞせん。ですから、だれかをåĨ全ãĢ愛するためãĢは、ぞずč‡Ē分č‡ĒčēĢを尊く思い、č‡Ē分を愛することが先æąēです。č‡Ē分č‡ĒčēĢã‚’æ„›ã™ã‚‹ã¨ã„ã†ãŽã¯ã€åˆŠåˇąįš„ãĢãĒりãĒさいという意å‘ŗではありぞせん。ぞずč‡Ē分č‡ĒčēĢがおれãģãŠå°ŠãäžĄå€¤ã‚ã‚‹å­˜åœ¨ã§ã‚ã‚‹ã‹ã‚’čĒč­˜ã—、同様ãĢãģかぎäēēã‚‚å°ŠãäžĄå€¤ã‚ã‚‹å­˜åœ¨ã¨ã—ãĻ受けとめ、愛しãĒさいということです。į§ãŸãĄã¯ãŋãĒã€ã˛ã¨ã‚Šã‚‚äž‹å¤–ãĒくįĨžæ§˜ã‹ã‚‰æ„›ã•ã‚ŒãĻいる尊い存在です。あãĒたは愛されるためãĢį”Ÿãžã‚ŒãŸã€äžĄå€¤ã‚る存在です。
ところで、子おもぎ頃からčĻĒぎ愛をたãŖãˇã‚Šã¨å—ã‘ãĻきたäēēは、愛情ぎæŦ åĻ‚がありぞせん。反寞ãĢã€æˆé•ˇã™ã‚‹é–“ãĢ十分ãĢ愛されãĻこãĒかãŖたäēēは、愛ぎæŦ åĻ‚とéŖĸえ渇きが内在しãĻいぞす。そぎようãĒäēēは、だれかをåĨŊきãĢãĒã‚‹ã¨ã€åŸˇį€ã—ãĻしがãŋつきぞす。もしかしたらč‡Ē分からåŽģãŖãĻいãŖたり、愛されãĒくãĒるぎではãĒいかといつも不厉ãĒぎで、もãŖã¨åŸˇį€ã—ぞす。「į§ã‚’ã‚‚ãŖと愛しãĻ」「ãĒぜį§ã‚’ã‚‚ãŖと愛しãĻくれãĒいぎīŧŸã€ã€Œį§ãŽã“と、愛しãĻいãĒいんでしょう」「ãĒぜį§ãĢ寂しい思いをさせるぎ」「あãĒたがį§ãŽã“とをもãŖと愛しãĻくれãĒいから、åŋƒį´°ããĻ寂しい」ãĒãŠã¨ã€æ„›ã‚’æą‚ã‚įļšã‘ぞす。こぎようãĢ愛がæŦ åĻ‚しãĻいるäēēは、すぐãĢį›¸æ‰‹ã‚’į–˛ã‚Œã•ã›ãžã™ã€‚それで、再ãŗ愛ãĢå¤ąæ•—ã—ã‚„ã™ãã€ãã†ãĒã‚Œã°ã€æ‹’ãžã‚ŒãŸå‚ˇãŽãŸã‚ãĢ愛ぎæŦ åĻ‚がさらãĢæˇąããĒるというæ‚ĒåžĒį’°ãĢé™Ĩりぞす。
čĻĒã¯ã€å­ãŠã‚‚ãŸãĄãĢ、くりčŋ”ã—æ„›ã‚’čĄ¨įžã—ãĒければãĒりぞせん。愛ぎéŖĸえ渇きやæŦ åĻ‚がãĒいよう、愛ãĢよãŖãĻ育ãĻることがčĻĒぎäŊŋå‘Ŋです。しかし、すでãĢ愛がæŦ åĻ‚しãĻいるäēēは、おうしたらよいでしょうか。ぞず、そぎようãĒäēēは、ãģかぎäēē、つぞりäēē間から愛ぎæē€ãŸã—を受けようとしãĒいでください。そうすると、すぐãĢå¤ąæœ›ã™ã‚‹ã“ã¨ãĢãĒりぞす。デãƒŧトするį›¸æ‰‹ã€ãžãŸã¯é…åļč€…ã‹ã‚‰ããŽã‚ˆã†ãĒ愛を受けようとしãĒいでください。č‡Ē分ぎæŦ åĻ‚を最垌ぞでæē€ãŸã—愛しãĻくれるį›¸æ‰‹ã¯ã€äēēではありぞせん。変わることãĒく、最垌ぞで、惜しãŋãĒくč‡Ē分ãĢåŋ…čĻãĒ愛をたãŖãˇã‚Šã¨æŗ¨ã„でくださる斚は、愛ぎæœŦäŊ“であるįĨžæ§˜ãŠã˛ã¨ã‚Šã ã‘です。įĨžæ§˜ãŽå‰å¤§ãĒ愛ぎ中ãĢ毎æ—Ĩæĩ¸ã‚Šã€č‡Ē分ぎæŦ åĻ‚がæē€ãŸã•ã‚Œįļšã‘た垌で、愛するäēēを捜しãĻください。そうしãĻこそ、ãģかぎäēēをåĨ全ãĢ愛することができるようãĢãĒりぞす。č‡Ē分ぎæŦ åĻ‚ぎためãĢだれかãĢåŸˇį€ã™ã‚‹ãŽã§ã¯ãĒく、č‡Ē分ãĢæŗ¨ãŒã‚ŒãŸįĨžæ§˜ãŽã™ã°ã‚‰ã—い愛ぎゆえãĢ、ãģかぎäēēを愛することができるようãĢãĒるぎです。

2īŧŽįœŸãŽæ„›
では、įœŸãŽæ„›ã¨ã¯äŊ•ã§ã—ょうか。äēēéĄžå…¨äŊ“が渇望するįœŸãŽæ„›ã¯ã€ãŠã‚“ãĒもぎでしょうか。感情ãĢよãŖãĻ変化する愛ではãĒく、おんãĒことがあãŖãĻも最垌ぞで愛しįļšã‘る不変ぎ愛は、おこãĢã‚ã‚‹ã§ã—ã‚‡ã†ã‹ã€‚åŽŸã¯ã€æ„›ã¯å¯žčąĄãŽå•éĄŒã§ã¯ãĒく、愛する側、つぞりč‡Ē分č‡ĒčēĢãŽå•éĄŒã§ã™ã€‚ã™ãĒã‚ãĄã€ã‚ãĒたがいとおしいから愛するというぎは、間違ãŖãŸčĄ¨įžã§ã™ã€‚あãĒたがいとおしくãĒいから愛することができãĒいというぎも、間違ãŖãŸčĄ¨įžã§ã™ã€‚愛は、č‡Ē分ぎ品性であり、äēēæ ŧであり、力だからです。愛ぎ力があるãĒら、おんãĒäēēでも最垌ぞで愛することができ、愛ぎ品性や力がãĒければ、だれをも愛することができãĒã„ãŽã§ã™ã€‚æ„›ã¯ã€å¯žčąĄãŽå•éĄŒã§ã¯ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ã€‚ã ã‚Œã‹ã‚’æœŦåŊ“ãĢ愛するためãĢは、č‡Ē分ぎ愛ぎ力をはぐくんでください。愛ぎ分量をåĸ—やしãĻください。įœŸãŽæ„›ã¯ã€į›¸æ‰‹ãŽčŗ‡æ ŧã‚„æĄäģļとはé–ĸäŋ‚ãĒく、č‡Ē分ぎ愛ぎ力をもãŖãĻ最垌ぞで愛しãŦくことです。

1īŧ‰æĄäģļぎãĒい愛  愛はį›¸æ‰‹ãŽčŗ‡æ ŧとはé–ĸäŋ‚がありぞせん。į›¸æ‰‹ãŽå¤–čĻ‹ã‚„才čƒŊã‚„æĄäģļãĢよãŖãĻæēらぐもぎでもありぞせん。そぎようãĒ愛をåŋƒį†å­Ļではį„ĄæĄäģļãŽæ„›ã¨č¨€ã„ãžã™ã€‚č–æ›¸ã§ã¯ã€ãã‚Œã‚’ã€Œæĩãŋã€ã¨č¨€ã„ãžã™ã€‚ã¤ãžã‚Šã€æ„›ã•ã‚Œã‚‹ãŸã‚ãŽčĄŒã„ã‚„čŗ‡æ ŧが全くãĒいぎãĢ、ただあわれãŋとčĩĻしと愛ãĢよãŖãĻį§ãŸãĄã‚’æ•‘ãŖãĻくださãŖたįĨžæ§˜ãŽæ„›ã‚’、「æĩãŋīŊŖã¨č¨€ã†ãŽã§ã™ã€‚
īŊĸį§ãŸãĄãŒãžã åŧąã‹ãŖたとき、キãƒĒ゚トは厚められた時ãĢ、不æ•Ŧ虔ãĒč€…ãŽãŸã‚ãĢæ­ģんでくださいぞした。æ­ŖしいäēēぎためãĢでもæ­ģãŦäēēはãģã¨ã‚“ãŠã‚ã‚Šãžã›ã‚“ã€‚æƒ…ã‘æˇąã„äēēぎためãĢã¯ã€é€˛ã‚“ã§æ­ģãŦäēēがあるいはいるでしょう。しかしį§ãŸãĄãŒãžã įŊĒäēēであãŖたとき、キãƒĒ゚トがį§ãŸãĄãŽãŸã‚ãĢæ­ģんでくださãŖたことãĢより、įĨžã¯į§ãŸãĄãĢ寞するごč‡ĒčēĢぎ愛を明らかãĢしãĻおられぞす」īŧˆãƒ­ãƒž 5:6īŊž8īŧ‰ã€‚
こぎãŋことばをéģ™æƒŗしãĻãŋãĻください。į§ãŸãĄãŒãžã åŧąãã€ä¸æ•Ŧč™”ã§ã€ãžã įŊĒäēēだãŖたとき、įĨžæ§˜ã¯į§ãŸãĄã‚’愛しãĻくださいぞした。イエ゚様は、į§ãŸãĄãŽčĄŒã„ã‚„čŗ‡æ ŧãĢé–ĸäŋ‚ãĒく、į§ãŸãĄã‚’į”Ÿã‹ã™ãŸã‚ãĢ十字æžļでごč‡Ēåˆ†ãŽã„ãŽãĄã‚’ã•ã•ã’ãĻį§ãŸãĄã‚’愛しãĻくださいぞした。これこそがį„ĄæĄäģļぎ愛、æĩãŋぎ愛、įœŸãŽæ„›ã§ã™ã€‚
周りをčĻ‹ãĻãŋると、多くぎå¤ĢåŠĻé–ĸäŋ‚がåŖŠã‚ŒãĻいぞす。あれãģお愛しãĻįĩåŠšã—たå¤ĢåŠĻが、もう愛しãĻいãĒã„ã¨č¨€ã†ãŽã§ã™ã€‚ã‚‚ã†æ„›ã™ã‚‹ã“ã¨ãŒã§ããĒい、愛するだけぎčŗ‡æ ŧがãĒã„ã¨č¨€ãŖãĻåŽļåē­ã‚’あきらめるぎです。もしかしたらäēē間ぎ愛ãĢよãŖãĻは、åŊ“į„ļぎįĩæžœãĒぎかもしれぞせん。しかし、å¤ĢåŠĻ間ぎ愛を永遠ãĢするぎも、ぞさãĢæĩãŋぎ愛、į„ĄæĄäģļぎ愛、įĨžæ§˜ãŽæ„›ãĒぎです。

2īŧ‰ã‚ŗãƒĒãƒŗトäēēへぎ手į´™įŦŦ一13įĢ ãŽæ„›ã€€ã€€æ–°į´„č–æ›¸ãĢは、愛ぎ厚įžŠãŒã‚りぞす。「愛は寛厚であり、愛はčĻĒ切です。ぞたäēēをねたãŋぞせん。愛はč‡Ēæ…ĸせず、éĢ˜æ…ĸãĢãĒりぞせん。į¤ŧ儀ãĢ反することをせず、č‡Ē分ぎ刊į›Šã‚’æą‚ã‚ãšã€æ€’ã‚‰ãšã€äēēぎしたæ‚Ēを思わず、不æ­Ŗを喜ばずãĢįœŸį†ã‚’å–œãŗぞす。すずãĻをがぞんし、すずãĻをäŋĄã˜ã€ã™ãšãĻを期垅し、すずãĻã‚’č€ãˆåŋãŗぞす」īŧˆâ… ã‚ŗãƒĒ 13:4īŊž7īŧ‰ã€‚原ãĢ銚くずき愛です。世ではčĻ‹ã„だしがたいįœŸãŽæ„›ã§ã™ã€‚
こぎãŋことばでは、愛はčĻĒåˆ‡ã ã¨č¨€ãŖãĻいぞす。愛ぎ品性ぎあるäēēは、į›¸æ‰‹ãĢいつもčĻĒ切であるという意å‘ŗです。愛は、į¤ŧ儀ãĢ反することをしãĒã„ã¨ã‚‚č¨€ãŖãĻいぞす。つぞり、愛は、į¤ŧ儀ãĢ反さず、į›¸æ‰‹ãŽäēēæ ŧや存在を尊重するというぎです。ぞた、愛はč‡Ē分ぎ刊į›Šã‚’æą‚ã‚ãĒã„ã¨č¨€ãŖãĻいぞす。č‡Ē分をįŠ į‰˛ãĢし、į›¸æ‰‹ã‚’į”Ÿã‹ã™ãŸã‚ãĢč‡Ē分ぎ刊į›Šã‚’あきらめるぎが、įœŸãŽæ„›ã ã¨ã„う意å‘ŗです。ぞた、äēēぎしたæ‚Ēを思わãĒいとは、äēēぎæ‚Ēいį‚šãĢ寞するãƒĒã‚šãƒˆã‚„č¨˜æ†ļをäŊ•åēĻも思いčŋ”さãĒいという意å‘ŗです。そしãĻ、不æ­Ŗを喜ばずãĢįœŸį†ã‚’å–œãļとは、おういう意å‘ŗでしょうか。これは、愛するäēē、つぞり子おもやå¤Ģがæ‚Ēい道ãĢé€˛ã‚€ã“ã¨ã‚’å–œã°ãšã€æ­Ŗしい道、įœŸį†ãŽé“を歊むときãĢ喜ãļという銚くずき愛です。įœŸãŽæ„›ã¯ã€å¤Ģがイエ゚様をäŋĄã˜ã€įœŸį†ãŽé“ãĢ歊むようãĢãĒるぞで、すずãĻをがぞんし、äŋĄã˜ã€æœŸåž…ã—ã€č€ãˆåŋãļぎです。
おうしãĻ、そぎようãĒ愛が可čƒŊãĒぎでしょうか。それは、įĨžæ§˜ãŽæ„›ã ã‹ã‚‰ã§ã™ã€‚į§ãŸãĄã¯ã€ãžãšįĨžæ§˜ãŽæ„›ã‚’įĩŒé¨“しãĒければãĒりぞせん。そしãĻ、愛をå­ĻばãĒければãĒりぞせん。イエ゚様からそぎようãĒ愛ぎ力を受けãĻはじめãĻ、イエ゚様ぎようãĢ愛することができぞす。ぞた、そぎようãĒ愛を原čˇĩしãĒがら、į§ãŸãĄã¯ã€ã‚¤ã‚¨ã‚šæ§˜ãŽæ„›ã‚’さらãĢįŸĨり、įĩŒé¨“できるようãĢãĒりぞす。ã‚ŗãƒĒãƒŗトäēēへぎ手į´™įŦŦ一13įĢ ãĢå‡ēãĻくるįœŸãŽæ„›ã“そが、イエ゚様ぎ愛です。

3īŧŽįĩåŠščĒ“į´„文ぎ更新
įĨžæ§˜ãŽį„ĄæĄäģļぎ愛、æĩãŋぎ愛ãĢåŸēãĨいãĻ、å¤ĢåŠĻぎįĩåŠščĒ“į´„文を新たãĢ書いãĻãŋぞしょう。įĩåŠšč¨˜åŋĩæ—Ĩをうぞくį”¨ã„ãĻ、すãĻきãĒイベãƒŗトをäŧį”ģしãĻãŋぞしょう。įĩåŠščĒ“į´„文を更新しãĻ、文書をäŊœãŖãĻãŋぞしょう。そしãĻã€čŠąã‚„ãƒ—ãƒŦã‚ŧãƒŗトもæē–備しãĻ、äē’いぎčĒ“į´„文をčĒ­ãŋ、å¤ĢåŠĻ間ぎ新たãĒ愛をæąēåŋƒã—ぞしょう。


į§â—‹â—‹â—‹ã¯ã€åĻģ○○○を
いとおしい時だけでãĒく、įžŽã—い時だけでãĒく、
そうでãĒい時も、愛ぎ感情がäŧ´ã‚ãĒい時も、
į§ãĢはそぎようãĒ愛がãĒいとしãĻも、
įĨžæ§˜ãŽį„ĄæĄäģļぎ愛ãĢ拠りé ŧãŋ、
åĻģを最垌ぞで大切ãĢし、尊重し、厈り、愛することを
įĨžæ§˜ãŽåžĄå‰ã§æ”šã‚ãĻåŽŗかãĢčĒ“いぞす。

į§â—‹â—‹â—‹ã¯ã€å¤Ģ○○○を
いとおしい時だけでãĒく、尊æ•Ŧできる時だけでãĒく、
そうでãĒい時も、愛ぎ感情がäŧ´ã‚ãĒい時も、
į§ãĢはそぎようãĒ愛がãĒいとしãĻも、
įĨžæ§˜ãŽæĩãŋぎ愛ãĢ拠りé ŧãŋ、
å¤Ģを最垌ぞでįĢ‹ãĻã€åŠąãžã—ã€å°Šé‡ã—ã€æ„›ã™ã‚‹ã“ã¨ã‚’
įĨžæ§˜ãŽåžĄå‰ã§æ”šã‚ãĻåŽŗかãĢčĒ“いぞす。


イãƒģキボク
トãƒŧチãƒģトãƒĒニテã‚ŖįĨžå­Ļ大å­Ļé™ĸ、キãƒĒ゚ト教ã‚Ģã‚Ļãƒŗã‚ģãƒĒãƒŗグå­Ļ教授。ã‚ĒãƒŗヌãƒĒ教äŧšå”力į‰§å¸Ģ、ツナノバイブãƒĢã‚ĢãƒŦッジåŽļåē­ãƒŸãƒ‹ã‚šãƒˆãƒĒãƒŧデã‚ŖãƒŦクã‚ŋãƒŧ。ナブã‚Ŋナã‚ŋčŦ›å¸Ģ。

 

     2019åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2019åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2019åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2019åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ