įĨžãŽå¤ĸがあるåŽļåē­

   č–書įš„ãĒåĻģ čŦ›åē§īŧģįŦŦ5čĒ˛īŧŊ äē•æˆ¸ã°ãŸãŽåĨŗぎもとãĢæĨられたイエ゚様
 
トãƒŧチãƒģトãƒĒニテã‚ŖįĨžå­Ļ大å­Ļ 教授 イãƒģキボク


3 ä¸ģはãƒĻダヤをåŽģãŖãĻ、ぞたã‚ŦãƒĒãƒŠãƒ¤ã¸čĄŒã‹ã‚ŒãŸã€‚4 しかし、ã‚ĩマãƒĒヤを通ãŖãĻčĄŒã‹ãĒければãĒらãĒかãŖた。5 それでä¸ģは、ヤã‚ŗブがそぎ子ヨã‚ģフãĢ与えた地所ãĢčŋ‘い゚ã‚ĢãƒĢというã‚ĩマãƒĒヤぎį”ēãĢæĨられた。6 そこãĢはヤã‚ŗブぎäē•æˆ¸ãŒã‚ãŖた。イエ゚は旅ぎį–˛ã‚Œã§ã€äē•æˆ¸ãŽã‹ãŸã‚ã‚‰ãĢč…°ã‚’ãŠã‚ã—ãĻおられた。時はįŦŦ六時ごろであãŖた。7 ã˛ã¨ã‚ŠãŽã‚ĩマãƒĒヤぎåĨŗが水をくãŋãĢæĨた。イエ゚は「わたしãĢ水をéŖ˛ãžã›ãĻãã ã•ã„ã€ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãŸã€‚8 åŧŸå­ãŸãĄã¯éŖŸį‰Šã‚’č˛ˇã„ãĢ、į”ēへå‡ēかけãĻいた。9 そこで、そぎã‚ĩマãƒĒヤぎåĨŗã¯č¨€ãŖた。「あãĒたはãƒĻダヤäēēãĒぎãĢ、おうしãĻã‚ĩマãƒĒヤぎåĨŗぎį§ãĢ、éŖ˛ãŋæ°´ã‚’ãŠæą‚ã‚ãĢãĒるぎですか。」── ãƒĻダヤäēēはã‚ĩマãƒĒヤäēēとつきあいをしãĒかãŖたからである── 10 イエ゚はį­”えãĻč¨€ã‚ã‚ŒãŸã€‚ã€Œã‚‚ã—ã‚ãĒたがįĨžãŽčŗœį‰Šã‚’įŸĨり、ぞた、あãĒたãĢ水をéŖ˛ãžã›ãĻãã‚Œã¨č¨€ã†č€…ãŒã ã‚Œã§ã‚ã‚‹ã‹ã‚’įŸĨãŖãĻいたãĒら、あãĒたぎãģうでそぎäēēãĢæą‚ã‚ãŸã“ã¨ã§ã—ã‚‡ã†ã€‚ãã—ãĻそぎäēēはあãĒたãĢį”Ÿã‘る水を与えたことでしょう。」11 åŊŧåĨŗã¯č¨€ãŖた。「先į”Ÿã€‚あãĒたはくむį‰Šã‚’持ãŖãĻおいでãĢãĒらず、こぎäē•æˆ¸ã¯æˇąã„ぎです。そぎį”Ÿã‘る水をおこから手ãĢおå…ĨれãĢãĒるぎですか。12 あãĒたは、į§ãŸãĄãŽįˆļヤã‚ŗブよりも偉いぎでしょうか。ヤã‚ŗブはį§ãŸãĄãĢこぎäē•æˆ¸ã‚’与え、åŊŧč‡ĒčēĢも、åŊŧãŽå­ãŸãĄã‚‚åŽļį•œã‚‚、こぎäē•æˆ¸ã‹ã‚‰éŖ˛ã‚“だぎです。」13 イエ゚はį­”えãĻč¨€ã‚ã‚ŒãŸã€‚ã€Œã“ãŽæ°´ã‚’éŖ˛ã‚€č€…はだれでも、ぞた渇きぞす。14 しかし、わたしが与える水をéŖ˛ã‚€č€…はだれでも、æąēしãĻ渇くことがありぞせん。わたしが与える水は、そぎäēēãŽã†ãĄã§æŗ‰ã¨ãĒã‚Šã€æ°¸é ãŽã„ãŽãĄã¸ãŽæ°´ãŒã‚ãå‡ēぞす。」15 åĨŗはイエ゚ãĢ言ãŖた。「先į”Ÿã€‚į§ãŒæ¸‡ãã“とがãĒく、もうここぞでくãŋãĢæĨãĒくãĻもよいようãĢ、そぎ水をį§ãĢ下さい。」16 イエ゚はåŊŧåĨŗãĢč¨€ã‚ã‚ŒãŸã€‚ã€ŒčĄŒãŖãĻ、あãĒたぎå¤ĢをここãĢå‘ŧんでæĨãĒさい。」17 åĨŗはį­”えãĻ言ãŖた。「į§ãĢはå¤Ģã¯ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ã€‚ã€ã‚¤ã‚¨ã‚šã¯č¨€ã‚ã‚ŒãŸã€‚ã€Œį§ãĢはå¤ĢがãĒいというぎは、もãŖともです。18 あãĒたãĢはå¤Ģがäē”äēēあãŖたが、äģŠã‚ãĒたといãŖしょãĢいるぎは、あãĒたぎå¤ĢではãĒいからです。あãĒãŸãŒč¨€ãŖたことはãģんとうです。」19 åĨŗã¯č¨€ãŖた。「先į”Ÿã€‚あãĒãŸã¯é č¨€č€…ã ã¨æ€ã„ãžã™ã€‚20 į§ãŸãĄãŽįˆļįĨ–ãŸãĄã¯ã“ãŽåąąã§į¤ŧ拝しぞしたが、あãĒたがたは、į¤ŧ拝すずき場所はエãƒĢã‚ĩãƒŦãƒ ã ã¨č¨€ã‚ã‚Œãžã™ã€‚ã€21 イエ゚はåŊŧåĨŗãĢč¨€ã‚ã‚ŒãŸã€‚ã€Œã‚ãŸã—ãŽč¨€ã†ã“ã¨ã‚’äŋĄã˜ãĒさい。あãĒたがたがįˆļをį¤ŧæ‹ã™ã‚‹ãŽã¯ã€ã“ãŽåąąã§ã‚‚ãĒく、エãƒĢã‚ĩãƒŦムでもãĒい、そういう時がæĨぞす。22 救いはãƒĻダヤäēēからå‡ēã‚‹ãŽã§ã™ã‹ã‚‰ã€ã‚ãŸã—ãŸãĄã¯įŸĨãŖãĻį¤ŧ拝しãĻいぞすが、あãĒたがたはįŸĨらãĒいでį¤ŧ拝しãĻいぞす。23 しかし、įœŸãŽį¤ŧæ‹č€…ãŸãĄãŒéœŠã¨ãžã“ã¨ãĢよãŖãĻįˆļをį¤ŧ拝する時がæĨぞす。äģŠãŒããŽæ™‚です。įˆļはこぎようãĒäēē々をį¤ŧæ‹č€…ã¨ã—ãĻæą‚ã‚ãĻおられるからです。24 įĨžã¯éœŠã§ã™ã‹ã‚‰ã€įĨžã‚’į¤ŧæ‹ã™ã‚‹č€…ã¯ã€éœŠã¨ãžã“ã¨ãĢよãŖãĻį¤ŧ拝しãĒければãĒりぞせん。」25 åĨŗはイエ゚ãĢ言ãŖた。「į§ã¯ã€ã‚­ãƒĒ゚トとå‘ŧã°ã‚Œã‚‹ãƒĄã‚ˇãƒ¤ãŽæĨられることをįŸĨãŖãĻいぞす。そぎ斚がæĨられるときãĢは、いãŖさいぎことをį§ãŸãĄãĢįŸĨらせãĻくださるでしょう。」26 ã‚¤ã‚¨ã‚šã¯č¨€ã‚ã‚ŒãŸã€‚ã€Œã‚ãĒãŸã¨čŠąã—ãĻいるこぎわたしがそれです。」27 こぎとき、åŧŸå­ãŸãĄãŒå¸°ãŖãĻæĨãĻ、イエ゚がåĨŗぎäēēã¨čŠąã—ãĻãŠã‚‰ã‚Œã‚‹ãŽã‚’ä¸æ€č­°ãĢ思ãŖた。しかし、だれも、「äŊ•ã‚’æą‚ã‚ãĻおられるぎですか」とも、「ãĒぜåŊŧåĨŗã¨čŠąã—ãĻãŠã‚‰ã‚Œã‚‹ãŽã§ã™ã‹ã€ã¨ã‚‚č¨€ã‚ãĒかãŖた。28 åĨŗは、č‡Ē分ぎ水がめをįŊŽã„ãĻį”ēã¸čĄŒãã€äēē々ãĢ言ãŖた。29 「æĨãĻ、čĻ‹ãĻください。į§ãŽã—たこと全部をį§ãĢ言ãŖたäēēがいるぎです。こぎ斚がキãƒĒ゚トãĒぎでしょうか。」30 そこで、åŊŧらはį”ēをå‡ēãĻ、イエ゚ぎãģうへやãŖãĻæĨた。
ヨハネぎįĻéŸŗ書  4įĢ 3īŊž30į¯€ãŽãŋことば


1. ã‚ĩマãƒĒヤぎåĨŗ
イエ゚様ぎåŊ“時は、åĨŗæ€§ã‚’åˇŽåˆĨしãĻčģŊčĻ–するį¤žäŧšįš„čƒŒæ™¯ãŒã‚ã‚Šã€åĨŗæ€§ã¯č­°äŧšã‚„į¤ŧ拝ãĢå‡ēられず、厎でもåĨŗ性åˆļ限åŒē域内ãĢいãĒければãĒりぞせんでした。åĨŗæ€§ãŒč–æ›¸ãĢč§Ļれることは不æ•ŦįŊĒであり、įĨžå­ĻãĢé–ĸしãĻåĨŗæ€§ã¨čŠąã™ã“ã¨ã‚‚ã§ããžã›ã‚“ã§ã—ãŸã€‚ã•ã‚‰ãĢは、į”ˇæ€§ã¯ã€č‡Ē分ぎåĻģであãŖãĻも、道ばたでåĨŗæ€§ã¨é•ˇæ™‚é–“čŠąã—ãĻはãĒらãĒいというæ…Ŗįŋ’がありぞした。そんãĒį¤žäŧšįš„ãĒæ…Ŗįŋ’がある中で、イエ゚様はごč‡Ē分ぎčļŗもとãĢすわãŖãĻãŋことばãĢčžãå…ĨãŖãĻいたマãƒĒヤãĢ寞し、「マãƒĒãƒ¤ã¯ããŽč‰¯ã„ãģうを選んだぎです。åŊŧåĨŗからそれを取り上げãĻはいけぞせん」とãģめīŧˆãƒĢã‚Ģ 10:39īŊž42īŧ‰ã€įŊĒæˇąã„åĨŗがごč‡Ē分ãĢéĻ™æ˛šã‚’そそいだことãĢ寞しãĻ「ぞことãĢ、あãĒたがたãĢ告げぞす。世į•Œä¸­ãŽãŠã“ででも、こぎįĻéŸŗがåŽŖずäŧãˆã‚‰ã‚Œã‚‹æ‰€ãĒら、こぎäēēぎしたäē‹ã‚‚čĒžã‚‰ã‚ŒãĻ、こぎäēēãŽč¨˜åŋĩとãĒるでしょう」と喜ばれぞしたīŧˆãƒžã‚ŋ 26:13īŧ‰ã€‚
きょうぎãŋことばぎ中でイエ゚様は、å…Ŧぎ場所であるäē•æˆ¸ã°ãŸã§ã€į¤žäŧšįš„ãĒæ…Ŗįŋ’ã‚’į ´ãŖãĻã€ã˛ã¨ã‚ŠãŽåĨŗã¨å¯žčŠąã‚’å§‹ã‚ã‚‰ã‚Œãžã—ãŸã€‚ãã‚Œã‚‚ã€åŊ“時ぎãƒĻダヤäēēãŸãĄãŒé€šã‚‹ã“ã¨ã‚‚ã„ã‚„ãŒã‚Šã€å†ˇé‡ã—ãĻいたã‚ĩマãƒĒヤ地斚でしたīŧˆ6į¯€īŧ‰ã€‚ã‚¤ã‚¨ã‚šæ§˜ã¯ã€é•ˇæ—…ãĢį–˛ã‚ŒãĻおられぞしたが、故意ãĢそこãĢ行ãŖãĻå¯žčŠąã‚’čŠĻãŋã‚‰ã‚Œãžã—ãŸã€‚å¯žčŠąãŽå†…åŽšã‚‚å°‹å¸¸ãĒもぎではありぞせんでした。į¤žäŧšįš„įĻæ­ĸäē‹é …ã‚’į ´ã‚Šã€ãŸãžã—いぎ渇き、霊įš„ãĒį”Ÿã‘る水、į¤ŧ拝する場所ãĢé–ĸする敏感ãĒįĨžå­Ļįš„å•éĄŒãĢついãĻ、åĨŗã¨å¯žčŠąã•ã‚Œãžã—ãŸã€‚æ¸Šã‹ã„å°Šé‡ã¨é–ĸåŋƒã¨įœŸæ‘¯ãĒ態åēĻで、åĨŗぎたぞしいãĢæˇąã„é–ĸåŋƒã‚’į¤ēされたぎです。おそらくこぎåĨŗãĢとãŖãĻは、それぞで一åēĻもįĩŒé¨“したことぎãĒいことだãŖたでしょう。イエ゚様は、おうしãĻそぎようãĢされたぎでしょうか。それは、イエ゚様がäēēéĄžã‚’æ•‘ã†ãŸã‚ãĢこぎ地ãĢæĨられたįĨžã§ã‚られるからです。

2. たぞしいが渇いãĻいたåĨŗ
イエ゚様は、åĨŗãĢ「わたしãĢ水をéŖ˛ãžã›ãĻください」īŧˆ7į¯€īŧ‰ã¨ã„ã†ã“ã¨ã°ã§å¯žčŠąã‚’å§‹ã‚ã‚‰ã‚Œãžã—ãŸã€‚ã¨ãĻもį–˛ã‚ŒæžœãĻた様子でįœŸæ˜ŧãĢæ°´ã‚’æą˛ãŋãĢæĨたåĨŗぎå§ŋぎ中ãĢ、イエ゚様は霊įš„ãĒ渇きをごčĻ§ãĢãĒり、水というテãƒŧãƒžã§å¯žčŠąã‚’å§‹ã‚ã‚‰ã‚ŒãŸãŽã§ã™ã€‚įļšã‘ãĻイエ゚様は「こぎ水をéŖ˛ã‚€č€…はだれでも、ぞた渇きぞす。しかし、わたしが与える水をéŖ˛ã‚€č€…はだれでも、æąēしãĻ渇くことがありぞせん。わたしが与える水は、そぎäēēãŽã†ãĄã§æŗ‰ã¨ãĒã‚Šã€æ°¸é ãŽã„ãŽãĄã¸ãŽæ°´ãŒã‚ãå‡ēぞす」īŧˆ13īŊž14į¯€īŧ‰ã¨č¨€ãŖãĻ、永遠ãĢ渇くことぎãĒいį”Ÿã‘ã‚‹æ°´ã‚’ä¸Žãˆã‚ˆã†ã¨ææĄˆã•ã‚Œãžã—ãŸã€‚
į§ãŸãĄãŽã†ãĄãĢは、だれãĢでも原存įš„ãĒ霊įš„渇きがありぞす。それは、お金、子おも、成功、åŋĢæĨŊãĒおãĢよãŖãĻはæē€ãŸã™ã“とぎできãĒいたぞしいぎåĨĨåē•ãĢ存在するむãĒしさです。å¤ĢãĢよãŖãĻ与えられる厉åŋƒæ„Ÿã‚„æ„›ãĢよãŖãĻもæąēしãĻæē€ãŸã•ã‚ŒãĒい渇きãĒぎです。それは、į§ã‚’愛しãĻくださるå‰ĩ造ä¸ģãĒるįĨžãĢå‡ēäŧšã†ã¨ãã€åˆã‚ãĻč§Ŗæąēできるもぎです。救いä¸ģイエ゚だけが、あãĒたぎ限りãĒい霊įš„ãĒ渇きをæē€ãŸã™ã“とぎできるぎです。
あãĒたは、イエ゚様ãĢå‡ēäŧšã„ãžã—ãŸã‹ã€‚ã‚¤ã‚¨ã‚šæ§˜ãŠã˛ã¨ã‚Šã ã‘ã§æē€čļŗしãĻいぞすか。イエ゚様ãĢäŧšã„、あãĒたぎ渇きは厌全ãĢæē€ãŸã•ã‚Œãžã—たか。そうであれば、永遠ぎį”Ÿã‘る水であられるイエ゚様をãģめたたえぞしょう。æ—Ĩ々、イエ゚様ãĢäŋĄé ŧし、愛するįĨįĻãŒã‚りぞすようãĢ。

3. 5äēēぎå¤ĢがいたåĨŗ
åĨŗã¨čŠąã‚’įļšã‘ãĻã„ãŸã‚¤ã‚¨ã‚šæ§˜ãŒã€ã€ŒčĄŒãŖãĻ、あãĒたぎå¤ĢをここãĢå‘ŧんでæĨãĒã•ã„ã€ã¨č¨€ã‚ã‚Œãžã™īŧˆ16į¯€īŧ‰ã€‚åĨŗは「į§ãĢはå¤Ģはありぞせん」とį­”えぞすが、イエ゚様は、すでãĢåĨŗぎäēēį”Ÿã‚šãƒˆãƒŧãƒĒãƒŧをすずãĻご存じでした。こぎåĨŗは、5äēēぎå¤Ģを持ãŖた垌、äģŠã‚‚ã˛ã¨ã‚ŠãŽį”ˇã¨æšŽã‚‰ã—ãĻいぞした。それで、äēē々から不道åžŗãĒåĨŗというãƒŦッテãƒĢをč˛ŧられãĻいぞした。しかし、そぎåŊ“時ぎįŠļæŗã‚’čĻ‹ã‚Œã°ã€čĻŗį‚šãŒå¤‰ã‚ã‚‹ã‹ã‚‚しれぞせん。åĨŗは、įĩåŠšå‰ãĢはįˆļ、ぞたは兄åŧŸãĢåąžã—ã€č‡Ē分ぎæąē厚樊さえもãĒい存在でした。įĩåŠšåžŒãĢはå¤Ģぎ所有į‰Šã¨ãĒã‚Šã€ã˛ãŠã„å ´åˆã€č™åž…ã•ã‚ŒãĻもäŋč­ˇã‚’受けられるæŗ•įš„åˆļåēĻさえありぞせんでした。あらゆるįĩŒæ¸ˆæ´ģ動は、å¤Ģ、ぞたは兄åŧŸãĢよãŖãĻぎãŋ可čƒŊでした。それでåĻģは、å¤Ģを捨ãĻたり、å¤ĢからåŽģることはできず、反寞ãĢå¤Ģは、åĻģを捨ãĻることが非常ãĢį°Ąå˜ãĒ時äģŖでした。ãĩたりぎč¨ŧäēēをįĢ‹ãĻれば、åĻģã‚’čžąã‚ã‚‹åį›Žã‚’äŊœã‚Šä¸Šã’ãĻでも、åĨŗはį°Ąå˜ãĢé›ĸį¸ã•ã‚Œã€æ¨ãĻられるというぎが、į¤žäŧšįš„ãĒæ…Ŗįŋ’でした。
そぎようãĒį¤žäŧšã§ã€ã“ぎåĨŗは、į†į”ąã¯ã‚ã‹ã‚Šãžã›ã‚“が、5äēēぎå¤Ģから捨ãĻられぞした。しかし、å¤ĢがいãĒければį”ŸããĻいけãĒいぎで、再ãŗį”ˇãĢついãĻį”ŸããĻいたåĨŗだãŖたぎです。おれãģおつらく不嚸ãĒäēēį”Ÿã ãŖたでしょう。悔しいことも多かãŖたはずです。äģ•æ–šãĒくį”Ÿãã‚‹äēēį”Ÿã€å¸Œæœ›ã‚‚ãĒく、į–˛ã‚ŒæžœãĻãĻいたことでしょう。į”Ÿãžã‚ŒãĻ一åēĻもįœŸãŽæ„›ã‚’受けたことぎãĒい、éŖĸえ渇いãĻいたåĨŗぎもとãĢ、イエ゚様がæĨられたぎです。永遠ぎ愛であるイエ゚様が、äēēæ ŧįš„ãĢåĨŗぎところãĢæĨられ、永遠ãĢ渇くことぎãĒいį”Ÿã‘ã‚‹æ°´ã‚’ä¸Žãˆã‚‹ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãŸãŽã§ã™ã€‚

4. įœŸãŽį¤ŧ拝を回垊したåĨŗ
イエ゚様とįœŸåŽŸãĒå¯žčŠąã‚’äē¤ã‚ã—ãĻいたåĨŗは、先ãĢ「į¤ŧæ‹ã€ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ã‚’æŒãĄå‡ēしぞす。「į§ãŸãĄãŽįˆļįĨ–ãŸãĄã¯ã“ãŽåąąã§į¤ŧ拝しぞしたが、あãĒたがたは、į¤ŧ拝すずき場所はエãƒĢã‚ĩãƒŦãƒ ã ã¨č¨€ã‚ã‚Œãžã™ã€īŧˆ20į¯€īŧ‰ã€‚č‡Ē分ãĢäēēæ ŧįš„ãĢæŽĨしãĻくださるイエ゚様とįœŸåŽŸãĒå¯žčŠąã‚’äē¤ã‚ã—ãĻã„ã‚‹ã†ãĄãĢã€é•ˇã„é–“åŋ˜ã‚ŒãĻいた単čĒžãŒæ€ã„æĩŽã‹ã‚“だぎでしょう。「į¤ŧ拝â€Ļâ€Ļ。į¤ŧ拝をささげたぎは、いつだãŖただろう」。įœŸãŽį¤ŧ拝をåŋ˜ã‚ŒãĻいたäēēį”Ÿã§ã—た。しかし、いざį¤ŧæ‹ã‚’č€ƒãˆãĻãŋると、おこでささげるずきãĒぎか、おぎようãĢささげるずきãĒãŽã‹ã€ãã‚ŒãŒå•éĄŒã§ã—ãŸã€‚åŊ“時は、ãƒĻダヤäēēはエãƒĢã‚ĩãƒŦムで、ã‚ĩマãƒĒヤäēēã¯ã‚˛ãƒĒã‚¸ãƒ åąąã§į¤ŧ拝をささげãĒければãĒらãĒいとäē’いãĢä¸ģåŧĩã—ã€æ­´å˛įš„でįĨžå­Ļįš„ãĒčĢ–äē‰ãŒã‚りぞした。しかしイエ゚様は全く意外ãĒį­”えをされぞす。
イエ゚様は、įœŸãŽį¤ŧæ‹ã¯å ´æ‰€ãŽå•éĄŒã§ã¯ãĒく、äģŠã‚ãĒたがįŊŽã‹ã‚ŒãĻいるそぎ場所、そぎįŠļæŗã§ã•ã•ã’ãĒければãĒらãĒã„ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãŸãŽã§ã™ã€‚ã€Œã—ã‹ã—ã€įœŸãŽį¤ŧæ‹č€…ãŸãĄãŒéœŠã¨ãžã“ã¨ãĢよãŖãĻįˆļをį¤ŧ拝する時がæĨぞす。äģŠãŒããŽæ™‚です。įˆļはこぎようãĒäēē々をį¤ŧæ‹č€…ã¨ã—ãĻæą‚ã‚ãĻおられるからです。įĨžã¯éœŠã§ã™ã‹ã‚‰ã€įĨžã‚’į¤ŧæ‹ã™ã‚‹č€…ã¯ã€éœŠã¨ãžã“ã¨ãĢよãŖãĻį¤ŧ拝しãĒければãĒりぞせん」īŧˆ23īŊž24į¯€īŧ‰ã€‚そしãĻ、įœŸãŽį¤ŧ拝ぎ回垊ぎためãĢ、こぎ地ãĢæĨã‚‰ã‚ŒãŸãƒĄã‚ˇãƒ¤ã€äēēéĄžãŒåž…ãĄæœ›ã‚“ã§ããŸãƒĄã‚ˇãƒ¤ãĢäŧšã‚ãĒければãĒらãĒいが、すずãĻを回垊させãĻãã ã•ã‚‹ã¨é č¨€ã•ã‚ŒãŸæ–šã€ã™ãšãĻぎäēēãŒåž…ãĄæœ›ã‚“ã§ã„ã‚‹ã‚­ãƒĒ゚トがぞさãĢごč‡Ē分であるということを、こぎåĨŗãĢ初めãĻ明かされぞす。「あãĒãŸã¨čŠąã—ãĻいるこぎわたしがそれです」īŧˆ26į¯€īŧ‰ã€‚

5. č‡Ē我を取りæˆģしたåĨŗ
かつãĻ母čĻĒãŸãĄãĢは、č‡Ē我というもぎがãĒかãŖたぎで、č‡Ē分だけぎ才čƒŊ、čŗœį‰Šã€å¤ĸ、可čƒŊ性、äēēį”ŸãŽį›Žįš„もありぞせんでした。č‡Ēåˆ†ãŽã†ãĄãĢæŊœåœ¨įš„ãĢあるčƒŊ力もįŸĨらず、ただ一æ—Ĩ一æ—Ĩを子おもやå¤ĢぎためãĢį”Ÿãã€æ™‚ãĢはæ­ģねãĒいからį”ŸããĻいる母čĻĒもいぞした。
ã“ãŽč–æ›¸ãĢå‡ēãĻくるåĨŗも、それとäŧŧたようãĒäēēį”Ÿã‚’į”ŸããĻきたåĨŗãŽã˛ã¨ã‚Šã§ã—ãŸã€‚ã—ã‹ã—ã€ã‚¤ã‚¨ã‚šæ§˜ã¯ã€ã“ãŽåĨŗãĢäŧšã†ãŸã‚ãĢ、遠回りをしãĻやãŖãĻæĨられぞした。イエ゚様がæĨãĻくださãŖたから、åĨŗはイエ゚様ãĢäŧšã†ã“とができぞした。そしãĻ、イエ゚様こそが、すずãĻぎäēēãŒåž…ãĄæœ›ã‚“ã§ã„ãŸæ–šã§ã‚ã‚‹ã¨įŸĨãŖたとき、霊įš„ãĒ渇きがæē€ãŸã•ã‚Œã¯ã˜ã‚ãžã—た。č‡Ē分ぎåŋƒãŽåĨĨåē•ã‹ã‚‰ã‚ãĩれå‡ēるį”Ÿã‘ã‚‹æ°´ã‚’č´ˆã‚Šį‰Šã¨ã—ãĻ受けぞした。救いä¸ģã§ã‚ã‚‹ãƒĄã‚ˇãƒ¤ãĢå‡ēäŧšãŖたぎです。すると、ぞことぎį¤ŧ拝ぎäēēį”ŸãŒå§‹ãžã‚Šãžã—た。äē•æˆ¸ã°ãŸã§ã€éœŠã¨ãžã“とãĢよãŖãĻį¤ŧ拝をささげることができるようãĢãĒã‚Šãžã—ãŸã€‚ã™ã‚‹ã¨ã€é•ˇã„é–“åŋ˜ã‚ŒãĻいたč‡Ē我を取りæˆģしぞした。č‡Ē分がだれであり、ãĒぜį”Ÿãžã‚Œã€äŊ•ãŽãŸã‚ãĢį”ŸããĻいるぎかをįŸĨらãĒかãŖたåĨŗが、č‡Ē分č‡ĒčēĢをčĻ‹ã„だしたぎです。č‡Ēåˆ†ãŒå°Šã„å­˜åœ¨ã§ã‚ã‚Šã€æ„›ã•ã‚Œã‚‹ãšãč€…ã§ã‚ã‚‹ã“ã¨ã‚’æ‚ŸãŖたぎです。å‰ĩ造ä¸ģãĒるイエ゚ãĢå‡ēäŧšãŖãĻ、č‡Ē分ぎã‚ĸイデãƒŗテã‚Ŗテã‚Ŗを回垊したぎです。č‡Ē我ぎ中ãĢ隠れãĻいた才čƒŊやčŗœį‰Šã€é•ˇæ‰€ãŒã‚ˆãŋがえりはじめぞした。すると、į”ēぎäēē々をéŋけようともしãĒくãĒり、かえãŖãĻįŠæĨĩįš„ãĢäēē々ぎところãĢå‡ēãĻいきぞした。「åĨŗは、č‡Ē分ぎ水がめをįŊŽã„ãĻį”ēã¸čĄŒãã€äēē々ãĢ言ãŖた。『æĨãĻ、čĻ‹ãĻください。į§ãŽã—たこと全部をį§ãĢ言ãŖたäēēがいるぎです。こぎ斚がキãƒĒ゚トãĒぎでしょうか』」īŧˆ28īŊž29į¯€īŧ‰ã€‚åĨŗぎ変えられた勇気あるå§ŋとč¨ŧしãĢよãŖãĻ、į”ēぎäēē々がイエ゚様ぎもとãĢæĨはじめぞした。こぎåĨŗは、霊とぞことãĢよãŖãĻささげるį¤ŧ拝ぎäēēį”Ÿã‚’通しãĻ、č‡Ē我を回垊し、才čƒŊやčŗœį‰Šã‚‚į™ē揎することができるようãĢãĒりぞした。それらをとおしãĻイエ゚様をč¨ŧししãĒがらį”Ÿãã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒãŖたぎです。äģŠã‚„、運å‘Ŋや不嚸ぎčĸĢåŽŗč€…ã§ã¯ãĒく、į”ēぎäēē々をį”Ÿã‘ã‚‹æ°´ãĢよãŖãĻį”Ÿã‹ã™äŧé“č€…ãŽäēēį”Ÿã‚’į”Ÿãã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒãŖたぎです。
あãĒたは、ã‚ĩマãƒĒヤぎåĨŗぎようãĢ、č‡Ē分ぎäēēį”ŸãŽæ¸‡ãã‚’įĩŒé¨“したことがありぞすか。イエ゚様ãĢå‡ēäŧšãŖãĻį¤ŧ拝が回垊され、äēēį”ŸãŽæ„å‘ŗやį›Žįš„ã‚’čĻ‹ã„だしたįĩŒé¨“ã‚’č¨ŧししたことがありぞすか。あるいは、イエ゚様ãĢå‡ēäŧšãŖãĻ恐れがãĒくãĒり、č‡Ē分ぎ性æ ŧが変わãŖたり、č‡Ē分ぎ才čƒŊをį™ē揎しãĻį”ŸããĻいぞすか。äģŠä¸€åēĻ振りčŋ”る時間を持ãŖãĻãŋぞしょう。


イãƒģキボク
トãƒŧチãƒģトãƒĒニテã‚ŖįĨžå­Ļ大å­Ļé™ĸ、キãƒĒ゚ト教ã‚Ģã‚Ļãƒŗã‚ģãƒĒãƒŗグå­Ļ教授。ã‚ĒãƒŗヌãƒĒ教äŧšå”力į‰§å¸Ģ、ツナノバイブãƒĢã‚ĢãƒŦッジåŽļåē­ãƒŸãƒ‹ã‚šãƒˆãƒĒãƒŧデã‚ŖãƒŦクã‚ŋãƒŧ。ナブã‚Ŋナã‚ŋčŦ›å¸Ģ。

 

     2019åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2019åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2019åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2019åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ