ä¸–į•ŒãĢã˛ã‚ãŒã‚‹ã‚­ãƒĒ゚トぎ愛

   į‰šåˆĨイãƒŗã‚ŋビãƒĨãƒŧ 最もåŧˇåŠ›ãĒčĒŦ教はčĒŦæ•™č€…č‡ĒčēĢã§ã™â‘Ą
 
フナãƒŧįĨžå­Ļæ Ą įˇé•ˇã€€ãƒžãƒŧクãƒģãƒŦバãƒŧトãƒŗ 
イãƒŗã‚ŋビãƒĨãƒŧīŧšã‚ĒãƒŗヌãƒĒ教äŧš 英čĒžį¤ŧ拝部 į‰§å¸Ģ ゚テã‚ŖãƒŧブãƒŗãƒģチãƒŖ


昨嚴æœĢ、フナãƒŧįĨžå­Ļæ ĄãŽį†äē‹äŧšã¯ã€250äēēぎ候čŖœč€…ã‚’æ¤œč¨Žã—ãŸįĩæžœã€æ–°į´„å­Ļč€…ã§ã‚ã‚‹ãƒžãƒŧクãƒģãƒŦバãƒŧトãƒŗ博åŖĢをįŦŦ5äģŖįˇé•ˇãĢ選äģģしぞした。įąŗå›Ŋパã‚ĩデナãĢあるフナãƒŧįĨžå­Ļæ Ąã¯ã€1947åš´ãĢ設įĢ‹ã•ã‚Œã€å…¨ä¸–į•Œį´„80かå›ŊからæĨた4200äēēぎå­Ļį”ŸãŒå­Ļんでいぞす。
ãƒŦバãƒŧトãƒŗ博åŖĢは、ã‚Ļã‚Ŗットマãƒŗã‚ĢãƒŦッジを卒æĨ­åžŒã€ãƒ•ãƒŠãƒŧįĨžå­Ļæ Ąã§į‰§äŧšå­Ļ博åŖĢåˇã‚’å—ã‘ã€ã‚¤ã‚ŽãƒĒã‚šãŽã‚ąãƒŗブãƒĒッジ大å­ĻでįĨžå­Ļ博åŖĢåˇã‚’å—ã‘ãžã—ãŸã€‚2009嚴、ロイドãƒģジョãƒŗãƒģã‚Ēã‚ŽãƒĢビãƒŧčĒŦ教į ”įŠļ所ぎčĒŦ教å­Ļ教授、ぞたį†äē‹ã¨ã—ãĻ、フナãƒŧįĨžå­Ļæ ĄãĢ合æĩã—ぞした。フナãƒŧãĢæĨる前ãĢは、ã‚ĢãƒĒフりãƒĢニã‚ĸãĢあるバãƒŧクãƒĒãƒŧįŦŦä¸€é•ˇč€æ•™äŧšã§16嚴間、ä¸ģäģģį‰§å¸ĢとしãĻäģ•ãˆã€ã‚¸ãƒ§ãƒŗãƒģ゚トットį ”įŠļ所ぎį ”įŠļ劊教授としãĻもæ´ģ動したįĩŒæ­´ãŒã‚りぞす。


į”Ÿãã‚‹å§ŋãĢįžã‚Œã‚‹į¤ŧ拝という内厚ãĢついãĻ、įˇé•ˇãŽč‘—書『éšŖäēēã‚’æ„›ã™ã‚‹éš›ãŽåąé™ē性』でč§ĻれãĻおられぞすが、į‰šãĢ、äēēをおぎようãĒčĻ–įˇšã§čĻ‹ãĻいるか、イエ゚様と同じčĻ–įˇšã§čĻ‹ãĻã„ã‚‹ã‹ã¨ã„ã†å•éĄŒãĢついãĻčĒžãŖãĻおられぞす。そぎæĩã‚Œã‹ã‚‰ã€â€œåŦå‘Ŋ”ãĢついãĻčŋ°ãšãĻおられぞすが、ãĩつうåŦå‘Ŋã¨č¨€ãˆã°ã€čˇæĨ­ãĢついãĻや、専門įš„ãĒ働きäēēãĢãĒるずきかおうかãĢついãĻč€ƒãˆã‚‹ã‚‚ãŽã§ã™ã€‚ã—ã‹ã—ã€įˇé•ˇã¯ãã‚Œã‚ˆã‚Šã‚‚æ šæœŦįš„ãĒåŦå‘ŊãĢついãĻčŋ°ãšãĻおられぞす。これãĢついãĻ、もう少しčŠŗã—ããŠčŠąã„ãŸã ã‘ãžã™ã‹ã€‚
äģŠæ—Ĩぎ教äŧšã¯ã€åąæŠŸãĢį›´éĸしãĻいるようãĢæ€ã‚ã‚Œãžã™ã€‚ã“ãŽåąæŠŸã¨ã¯ã€į§ãŸãĄãŒį§ãŸãĄãŽã‚ĸイデãƒŗテã‚Ŗテã‚ŖãĢåž“ãŖãĻį”Ÿãã‚‹ã“とãĢå¤ąæ•—ã—ãŸãŸã‚ãĢį”Ÿã˜ãŸãŽã‚‚ぎです。もし、į§ãŸãĄãŒč‡Ē分がおんãĒ存在であるかをį†č§ŖしãĻį”ŸããĻいくãĒã‚‰ã€čŠąã™ã“ã¨ã¨ä¸€č‡´ã—ãŸį”Ÿãæ–šãŒã§ãã‚‹å¯čƒŊ性は、はるかãĢéĢ˜ãžã‚‹ã§ã—ょう。
į§ãŸãĄã¯ã€č‡Ē分ぎ中åŋƒã¨ãĒるã‚ĸイデãƒŗテã‚Ŗテã‚Ŗを、ãģかぎもぎãĢすりæ›ŋえãĻ、äģŽéĸをかãļãŖãĻいぞす。こぎäģŽéĸは多くぎ場合、教äŧšãŽæ´ģ動です。教äŧšã¸ãŽå‡ē席、ぞたは、教äŧšå†…でぎã‚ĸイデãƒŗテã‚Ŗテã‚Ŗであるかもしれぞせん。į§ãŸãĄã¯ã‚ˆãã€ã‚¤ã‚¨ã‚šæ§˜ãŽåŧŸå­ãĢãĒるためãĢは、教äŧšãŽä¸€å“ĄãĢãĒらãĒければãĒらãĒã„ã¨č€ƒãˆãžã™ã€‚ããŽã¨ãŠã‚Šã§ã™ã€‚įĨžæ§˜ã‚’äŋĄã˜ã‚‹äēē々が集ぞãŖãŸå…ąåŒäŊ“ãŽä¸€å“ĄãĢãĒらずãĢ、イエ゚様ぎåŧŸå­ãĢãĒることはできぞせん。しかし、ここãĢは大きãĒå•éĄŒãŒã‚ã‚Šãžã™ã€‚æ•™äŧšã§ãĒされるあることは、åŧŸå­ãŸãĄã‚’æˆé•ˇã•ã›ã‚‹åŠŠã‘ãĢãĒりぞすが、あることは“åŧŸå­ãĢãĒるčƒŊ力”というäģŽéĸだけをかãļらせぞす。
イエ゚様ぎåŧŸå­ã¨ã—ãĻį”Ÿãã‚‹å§ŋã‚’å¤ąãŖたぞぞ、æ´ģ動というæŽģぎ下ãĢ埋もれãĻしぞうぎです。į§ãŸãĄã¯ã‚ˆãã€æ•™äŧšãŽä¸‹ãĢį§ãŸãĄãŽäŋĄäģ°ã‚’埋めãĻしぞいぞす。そうするãģうがæĨŊだからです。しかし、äŋĄäģ°ã‚’持ãŖãĻ世ãĢå‡ēãĻčĄŒã‘ã°ã€ãã‚Œãžã§ã¯æˇąãč€ƒãˆãĒかãŖたことを問うことãĢãĒるでしょう。たとえば、čĨŋæŦ§å›ŊåŽļãĢしãĻも、キãƒĒ゚ト教å›ŊåŽļぎ時äģŖがįĩ‚わろうとしãĻおり、これはäģŠåžŒãžã™ãžã™åŠ é€Ÿã™ã‚‹ã§ã—ょう。そうãĒれば、教äŧšãĢäŋĄäģ°ã‚’閉じčžŧめãĻおけãĒくãĒるということです。į§ãŸãĄãŽæŒã¤ã‚ĸイデãƒŗテã‚Ŗテã‚ŖãĢåž“ãŖãĻéšŖäēēを愛し、įĨžæ§˜ãĢäģ•ãˆã€įĨžæ§˜ãŒä¸–ãĢã”č¨ˆį”ģされたæ­ŖįžŠãŽãŸã‚ãĢį”ŸããĻいくことが、æœŦæĨぎį§ãŸãĄãŽåŦしだからです。もし、į§ãŸãĄãŒæ•™äŧšãĢ閉じこもãŖãĻいるãĒら、こぎようãĒ変化はæąēしãĻčĩˇã“らãĒいでしょう。

įˇé•ˇãŒį§ãŸãĄãŽįŊŽã‹ã‚ŒãŸäŊįŊŽã‚’åŧˇčĒŋしãĻおられるぎは、äŋĄäģ°ã¯ã€įĨžæ§˜ãŒį§ãŸãĄã‚’įŊŽã‹ã‚ŒãŸä¸–でįžã•ã‚ŒãĒければãĒらãĒいからだと思いぞすが、į§ãŸãĄãŽįŊŽã‹ã‚ŒãŸäŊįŊŽãŒãĒぜそんãĒãĢ重čĻãĒぎですか。
įĨžæ§˜ãŒčˆˆå‘ŗæˇąã„æ–šã§ã‚ã‚‹į†į”ąã¯ã€įĨžæ§˜ãŒã„つもįžåŽŸįš„ãĒ斚だからです。įĨžæ§˜ãŽå•“į¤ēは、いつもįžåŽŸįš„ãĒ時įŠē間ぎ中で与えられぞす。そぎ最éĢ˜ãŽå•“į¤ēがイエ゚ãƒģキãƒĒ゚トです。原ãĢįĨžį§˜įš„ãĒことですが、įĨžæ§˜ã¯ã”č‡ĒčēĢが原äŊ“ãĢãĒることを選ばれぞした。これをį§ãŸãĄã¯ã€å—č‚‰ã•ã‚ŒãŸįĨžã¨å‘ŧãŗぞす。キãƒĒ゚トぎからだは原äŊ“で、時įŠē間ãĢ存在し、手とčļŗ、そしãĻåŋƒã¨č€ƒãˆã‚‚持ãŖãĻおられぞした。こぎすずãĻぎことは、įžåŽŸįš„ãĒäŊįŊŽã€å ´æ‰€ãĢé–ĸするもぎです。
įĨžæ§˜ã¯ã“ぎようãĢįžåŽŸįš„ãĒæ–šãĒぎãĢã€é›˛ã‚’ã¤ã‹ã‚€ã‚ˆã†ãĒåŧŸå­ãŽäēēį”Ÿã‚’å”ąãˆã‚‹į‰§äŧšč€…がいるとしたら、ぞずįŦŦ一ãĢ、原į”Ÿæ´ģでキãƒĒ゚トぎåŧŸå­ã¨ã—ãĻį”Ÿãã‚‹ã“とはできず、教äŧšãŽč–åž’ã‚„éšŖäēēãĢ寞しãĻもキãƒĒ゚トぎå§ŋをįžã™ã“とはできぞせん。原際、世ぎäēē々は、教äŧšã‚’čĻ‹ã‚‹ã¨ãã€å¤šããŽäēē々が集ぞり、多くぎ時間を投čŗ‡ã—ãĻã€é›˛ã‚’ã¤ã‹ã‚€ã‚ˆã†ãĒことãĢåŸˇį€ã—ãĻいるかぎようãĒå§ŋとしãĻčĻ‹ãĻいるぎです。
クãƒĒ゚チãƒŖãƒŗは、教äŧšãĢ寞するぎこぎようãĒ世ぎäēē々ぎčĻ–į‚šã¯éŽé…ˇã ã¨č€ƒãˆã‚‹ã‹ã‚‚しれぞせん。世ぎäēē々が教äŧšã‚’č‰¯ãæ€ãŖãĻいãĒいというぎは、äē‹åŽŸã§ãĒいかもしれãĒいし、čĒ‡åŧĩしたもぎであるかもしれぞせん。それでも明らかãĒäē‹åŽŸã¯ã€į§ãŸãĄãŽč¨€ã†ã‚ĸイデãƒŗテã‚Ŗテã‚ŖīŧˆåŦå‘Ŋīŧ‰ã¨ã€ä¸–でぎį§ãŸãĄãŽæ…‹åēĻぎ間ãĢは、įĸēかãĢ断įĩļがあるということです。

č–åž’ãŒæ•™äŧšã§å¤šããŽæ´ģ動をすることãĢįĩ‚わらず、į”Ÿæ´ģぎ中でãŋことばを原čˇĩし、įœŸãŽäŋĄäģ°č€…としãĻį”ŸããĻいけるようãĢ劊けようとするį‰§äŧšč€…ãŸãĄãĢ、ã‚ĸãƒ‰ãƒã‚¤ã‚šã‚’ãŠéĄ˜ã„ã—ãžã™ã€‚
į‰§äŧšč€…は、č‡Ē分はイエ゚様ãĢåž“ã†ã“ã¨ã‚’éĄ˜ã†ãŽã‹ã¨ã„ã†å•ã„ãĢ寞しãĻ、æ­Ŗį›´ãĢ向き合わãĒければãĒりぞせん。こぎčŗĒ問は、最も栚æœŦįš„ãĒčŗĒ問であり、すずãĻぎå‡ēį™ēį‚šã§ã™ã€‚もしイエ゚様ãĢåž“ã†ã“ã¨ã‚’éĄ˜ã†ãĒら、åŊ“į„ļイエ゚様がされることはäŊ•ã‹ã€ãŠãŽæ–šå‘ãĢčĄŒã‹ã‚Œã‚‹ã‹ã€äŊ•ãĢé–ĸåŋƒã‚’持ãŖãĻおられるか、こぎようãĒイエ゚様ぎ歊ãŋãĢおぎようãĢ垓うことができるぎか、ãĒおぎčŗĒ問へとįļšãã§ã—ょう。こぎčŗĒ問ãĢæ­Ŗį›´ãĢį­”えるãĒら、教äŧšã€ãžãŸã¯æ•™äŧšãŽãƒ—ログナムではãĒく、č‡Ēåˆ†ãŽã†ãĄãĢį”ŸããĻおられるイエ゚ãƒģキãƒĒ゚トとともãĢį”ŸããĻいくことがå„Ē先ãĢãĒるはずです。
もしį§ãŒã€įĨžæ§˜ãĢåž“ã„ãŸã„ã¨éĄ˜ã†äēē々が集ぞる゚ãƒĸãƒŧãƒĢグãƒĢãƒŧプを導くとしたら、į§ã¯æ¯Žæ—Ĩ、そぎäēēãŸãĄãŽį”Ÿæ´ģã¨čˇå ´ãĢé–ĸé€ŖしたčŗĒ問をするでしょう。ぞず、一æ—Ĩを振りčŋ”ã‚‹æ™‚é–“ã‚’æŒãĄãžã™ã€‚æœã€čĩˇããžã—た。おこãĢいぞすか。周りãĢだれがいぞすか。äŊ•ãŒčĻ‹ãˆãžã™ã‹ã€‚きょうだれãĢäŧšã„、だれãĢäŧšãˆãžã›ã‚“でしたか。道を歊いãĻいぞす。だれがčĻ‹ãˆãžã™ã‹ã€‚そぎäēēãĢ寞しãĻおんãĒã“ã¨ã‚’č€ƒãˆãžã—ãŸã‹ã€‚åŊŧã‚‰ãŽéĄ”ã‚’čĻ‹ã‚‹æŠŸäŧšãŒã‚りぞしたか。äģ–äēēぎį”Ÿæ´ģが気ãĢãĒりぞしたか。
ããŽåžŒã€ã‚‚ã†å°‘ã—æˇąã„čŠąã‚’åˆ†ã‹ãĄåˆã„ãžã™ã€‚ãã‚‡ã†ã€ã¨ã‚Šã‚ã‘æ€ã„æĩŽã‹ã‚“だäēēã¯ã ã‚Œã§ã™ã‹ã€‚å…¨ãč€ƒãˆãĒかãŖたäēēはだれですか。もし、イエ゚様がį§ã¨ã¨ã‚‚ãĢ一æ—Ĩを過ごされたãĒら、į§ãŽį›ŽãĢはį•™ãžã‚‰ãĒかãŖãŸã‘ã‚ŒãŠã€ã‚¤ã‚¨ã‚šæ§˜ãŒéĄ§ãŋられたであろうäēēはだれでしょうか。イエ゚様はおんãĒ部分でč‡Ē分と違うå§ŋでåŊŧらãĢæŽĨされたでしょうか、ãĒおです。
į§ã¯ã‚šãƒĸãƒŧãƒĢグãƒĢãƒŧプぎäēē々ãĢ、äŊ•ã‹ãŽį›Žæ¨™ã‚’果たすようãĢåŧˇčĻã—たりせず、教äŧšãŽæ´ģ動部įŊ˛ãĢ加å…Ĩさせたりもしぞせん。ただ、åŊŧらぎ毎æ—Ĩぎį”Ÿæ´ģãĢ集中しぞす。一æ—Ĩを過ごしたら、おんãĒã“ã¨ã‚’č¨€ãŖたか、ãģかぎäēē々がåŊŧらãĢ向かãŖãĻおんãĒã“ã¨ã‚’č¨€ãŖたかãĒおãĢついãĻ、é–ĸåŋƒã‚’持ãŖãĻčžããžã™ã€‚ã“ãŽã‚ˆã†ãĢ、äē’いãĢäŋĄé ŧできる集いを持つことがとãĻも重čĻã ã¨æ€ã†ã‹ã‚‰ã§ã™ã€‚
ãģとんおぎäēē々は、įŋ’æ…Ŗįš„ãĢį”ŸããĻいぞす。こぎようãĒčŗĒ問は、į§ãŸãĄãŒč‡Ē分ぎį”Ÿæ´ģとéšŖäēēをイエ゚様ぎようãĒčĻ–į‚šã§čĻ‹ã‚‰ã‚ŒãšãĢį”ŸããĻいるということãĢ気ãĨかせぞす。しãĒければãĒらãĒã„ã“ã¨ãŒã‚ã‚Šã€čĄŒã‹ãĒければãĒらãĒã„æ‰€ãŒã‚ã‚‹ã¨ã„ã†č€ƒãˆã¯ã‚ãŖãĻも、それらすずãĻぎ中ãĢイエ゚様がともãĢãŠã‚‰ã‚Œã‚‹ã¨ã¯č€ƒãˆã‚‰ã‚ŒãĒいぎです。

įĨžæ§˜ãŽåžĄå‰ã§ãŽåŽ‰æ¯ã‹ã‚‰æƒ…į†ąãŒå§‹ãžã‚‹ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ãŽã‚ˆã†ãĢ、厉息は重čĻã§ã™ãŒã€į‰§äŧšč€…はおぎようãĢ厉息を取るずきでしょうか。ぞた、įˇé•ˇã¯ãŠãŽã‚ˆã†ãĢ厉息されるぎでしょうか。
č‘—æ›¸ãŽä¸­ã§ã€Œæ­ŖįžŠã¯åŽ‰æ¯ã¨ã¨ã‚‚ãĢ始ぞる」と書いたことがありぞす。į§ã¯äģŠãŽæ™‚äģŖぎäēē々ãĢ最もåŋ…čĻãĒことは、ぞさãĢ厉息æ—Ĩã§ã‚ã‚‹ã¨č€ƒãˆãĻいぞす。そしãĻこれは、最も大きãĒ霊įš„訓įˇ´ãŽä¸€ã¤ã§ã™ã€‚į§ãŸãĄãŒį”ŸããĻいる文化とあぞりãĢも合わãĒいからです。į§ãŸãĄã¯ã€æ—Ĩ々多くぎことãĢčŋŊわれãĒがら暎らしãĻいぞす。ぞず、こぎäē‹åŽŸã‚’čĒã‚ãĒければãĒりぞせん。
č–æ›¸ã¯ã€į§ãŸãĄãĢ6æ—Ĩ間ぎ労働ぎ垌ãĢčŋŽãˆã‚‹åŽ‰æ¯æ—ĨãĢは、すずãĻぎæ´ģ動と労働を手攞すようãĢと教えãĻいぞす。これは、į§ãŸãĄãŒã€ã€Œį§ãŒåƒãã‹ã‚‰ã“ãŽä¸–ãŒå›žã‚‹ã€ã¨ã„ã†č€ƒãˆã€ã¤ãžã‚Šã€ä¸–ãŽä¸­åŋƒã¯č‡Ē分だという錯čĻšãĢé™Ĩりやすいことをį¤ēしãĻいぞす。これはčĒ¤ãŖたč‡ĒåˇąčĒč­˜ã§ã™ã€‚こぎようãĒčĒč­˜ãŒã€ã€ŒįĨžæ§˜ã¯į§ã‚’åŋ…čĻã¨ã—ãĻおられる。だから、į§ãŒäŊ•ã‹ã‚’しãĒければ世は回らãĒい。į§ãŒã™ãšãå¤šããŽã“とをこãĒさãĒいãĒら、それは、悔い攚めるずきことだ。だから、į§ã¯æ¯Žæ—ĨがんばãŖãĻåƒãã€ã¨ã„ã†č€ƒãˆãĢį™ēåą•ã™ã‚‹ãŽã§ã™ã€‚
įĨžæ§˜ãŽæĩãŋãĢå¯žã™ã‚‹čĄæ’ƒįš„ãĒäē‹åŽŸã¯ã€įĨžæ§˜ãĢとãŖãĻは、į§ãŸãĄãŒã—ãĻあげãĒければãĒらãĒいことも、そぎåŋ…čĻã‚‚ãĒいということです。ä¸ģはį§ãŸãĄã‚’åŦされ、働きãĢ招垅しãĻくださいぞす。そしãĻį§ãŸãĄã‚’æ­“čŋŽã—ãĻくださいぞす。į§ãŸãĄãŒåŋ…čĻã ã‹ã‚‰ã§ã¯ã‚りぞせん。これは、全くåˆĨぎæĻ‚åŋĩです。しかし、多くぎ教äŧšãŒæ•™äŧšãŽäŊ“åˆļをå–ļむためãĢ多くぎäēē々をåŋ…čĻã¨ã—、äēē々はそぎäŊ“åˆļぎ一部分とãĒãŖãĻ多くぎ働きをし、įĩæžœįš„ãĢ厉息をåŋ˜ã‚ŒãĻしぞいぞす。こぎすずãĻぎことを手攞すことが、ぞさãĢ厉息です。手攞すことはé›Ŗしいことですが、そぎようãĒæĻ‚åŋĩč‡ĒäŊ“を手攞さãĒければãĒりぞせん。かといãŖãĻ、あるæ—ĨįĒį„ļ「į§ã¯ã“れからおんãĒ労働もしãĒいで24時間を過ごすīŧã€ã¨åŋƒãĢæąēã‚ã‚‹ãŽã¯ã€č‰¯ã„ã‚šã‚ŋãƒŧトではありぞせん。ぞずは、世はį§ãŒåƒã‹ãĒくãĻも回るというäē‹åŽŸã‚’受けå…ĨれãĒければãĒりぞせん。「į§ãŽäģ•äē‹ãŒä¸–ãĢ及ãŧすåŊąéŸŋ」ãĢついãĻ厉息する態åēĻが、æŽĩ階をčŋŊãŖãĻ少しずつ成į†Ÿã—ãĒければãĒりぞせん。これãĢは時間がかかりぞすが、ぞずåŋ…čĻãĒことは、厉息æ—ĨãĢæ…Ŗれることです。
ã‚ĸãƒŗã‚ąãƒŧトãĢよãŖãĻもčĒŋずたことですが、į‰§äŧšč€…ãŸãĄãŒã€ã˛ã¨ã‚Šé™ã‘ã•ãŽä¸­ãĢとおぞãŖたり、įĨˆãŖたりしãĻ、一æ—Ĩ中労働をせず、厌全ãĢ厉息するようãĒことは原ãĢ困é›ŖãĒã“ã¨ã§ã™ã€‚å…ąåŒäŊ“を厉息ãĢ導かãĒければãĒらãĒいåŊ“äē‹č€…が、おぎようãĢ厉息したらよいかわからãĒいというぎは、非常ãĢåąé™ēãĒことです。č‡Ē分でもわからãĒいぎで、į‰§äŧšč€…ãŸãĄã¯åŽ‰æ¯ãĢついãĻよくč§ĻれãĒいようãĢも思われぞす。
æŒĢ折とį„ĄåŠ›æ„Ÿã‚’感じるį‰§äŧšč€…がいるãĒら、毎æ—Ĩč‡Ē分ぎ歊ãŋぎ中で、įŸ­ããĻも厉息を取るか、äŧ‘息を取ることを始めãĒければãĒらãĒいと思いぞす。そしãĻ、そぎ時間ãĢ、霊įš„ãĢ集中しãĒければãĒらãĒい場合もありぞすが、時ãĢはただäŧ‘ã‚€åŋ…čĻã‚‚ありぞす。į§ã‚‚æ—Ĩごろは毎æ—Ĩåŋ™ã—く働いãĻいぞすが、一æ—Ĩを過ごしãĻãŋると、ある一つぎ働きから、åˆĨぎ働きへとį§ģるčģĸ換期がįĸēかãĢありぞす。そんãĒときは、č‡Ēらäŧ‘息することを選ãŗぞす。įŸ­ããĻも、そうæąēめãĻäŧ‘息を取れば、それがč‡Ē分ãĢとãŖãĻとãĻも尊い時間ãĢãĒるということãĢ気ãĨかされぞす。とãĻもįŸ­ã„時間です。ある場所ãĢåē§ã‚Šã€2、3時間、äŊ•ã‚‚しãĒいで、静かãĢ、ただįĨžæ§˜ãŽæ„›ã¨åšŗ厉を感じるぎです。į§ã‚‚、äģŠã§ã‚‚こぎようãĒ部分でåŠĒ力しãĻいぞす。
äģŠæ—Ĩぎ教äŧšã‚‚、さぞざぞãĒチãƒŖãƒŦãƒŗジや問いãĢį›´éĸしãĻã„ã‚‹ã¨æ€ã„ãžã™ãŒã€ãã‚‡ã†ãŠčŠąã—ã—ãŸã‚ˆã†ãĒ過į¨‹ã‚’通しãĻ、äē’いãĢäģ•ãˆã€äē’いãĢæˆé•ˇã—ã€į§ãŸãĄã˛ã¨ã‚Šã˛ã¨ã‚ŠãŽæ­Šãŋを通しãĻ、イエ゚ãƒģキãƒĒ゚トãĢæ „å…‰ã‚’ãŠã•ã•ã’ã™ã‚‹ã“ã¨ãŒã§ããžã™ã‚ˆã†éĄ˜ã„ãžã™ã€‚

『į‰§äŧšã¨įĨžå­Ļ』īŧˆéŸ“å›Ŋį‰ˆīŧ‰ã‚ˆã‚ŠæŠœį˛‹

 

     2019åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2019åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2019åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2019åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2018åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2017åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2016åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2015åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2014åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2013åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2012åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2011åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2010åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 12月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 11月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 10月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 09月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 08月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 07月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 06月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 05月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 04月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 03月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 02月    ãƒĒビãƒŗグナイフ
     2009åš´ 01月    ãƒĒビãƒŗグナイフ