ä¸–界にひろがるキリストの愛

   ãƒãƒ‰ã‚½ãƒ³ãƒ»ãƒ†ãƒ¼ãƒ©ãƒ¼ã® スピリットから学ぶこと
 
OMF日本委員会 総主事 菅家庄一郎


ラグビーワールドカップ2015において、日本代表は南アフリカ代表に“歴史的な番狂わせ”で劇的な勝利を収めました。その試合が行われたイギリスのブライトンという町で、今から150年前、ある青年が祈った祈りが中国宣教に大きな影響を与えました。1865年6月25日のことです。中国へ宣教師として派遣された青年は、さまざまな困難と迫害の中で疲労困憊し、母国である英国に戻り、ブライトンで休養していました。日曜礼拝に参加した後、彼の心は悲しみでいっぱいになりました。それは英国では多くの人々が自由に主を礼拝しているのに、中国では何千、何万というたましいが来る日も来る日も永遠の滅びを迎えているという事実に耐えられなくなったからです。そうして、彼は浜辺に行き、主に祈りました。「主よ、どうか24名の喜んで福音を伝える賜物のある宣教師を与えてください。」神はこの青年の祈りに答えてくださいました。この青年の名は、ハドソン・テーラーです。彼によって始められた宣教団体は、中国奥地宣教団(CIM, China Inland Mission)と名づけられることになります。
19世紀は大英帝国が世界を支配した時代であり、ハドソンが中国で働いた時代はアヘン戦争直後の世界でした。大英帝国の商人たちはインドから中国にアヘンを輸入することを強要しました。そして、一部の中国人は奴隷として売られていきました。その結果、多くの中国人がアヘン中毒になりました。また、1861年だけで、ロンドンにおいて赤痢とコレラで数千人が死亡し、致死率は40~60%に及びました。コレラが世界中に広がったのは、イギリスの軍隊がインドからあちこちへ伝染させたからだと各国から非難されていた時代です。そのような国から来た宣教師に神の愛を説かれても、拒否した中国人も多くいたことは不思議ではありません。
多くの中国人から誤解され迫害されながらも、福音を伝えたハドソンはどんな人だったのでしょうか。まず、彼は病弱でした。また、ケンブリッジ大学やオックスフォード大学のような有名大学を卒業した人でもありませんでした。しかし、彼は、「福音を何とかして中国奥地に伝えたい」という情熱に満たされた人でした。
ハドソンはどのようにしてこのような宣教の情熱を持つようになったのでしょうか。彼の時代には、大きな宣教団体や宣教大会もありませんでした。彼が宣教への情熱を抱くようになったのは、忠実に神のみことばを解き明かした人々や、敬虔な両親によってでした。当時、ジョン・ウェスレーが英国中を回って福音を伝えました。ハドソンの祖父はジョン・ウェスレーの説教に大きな感化を受け、ウェスレーが来る度に家に招き、集会の準備を手伝いました。そういう家系の中からハドソンは生まれ、幼い時から福音を聞く機会が与えられていました。ハドソンの父は中国宣教に関心をもち、幼いハドソンにチャレンジを与えたようです。そしてハドソンは、母親の熱心な祈りによって回心します。
主は彼に信仰のチャレンジを与えました。有名なエピソードがあります。彼は母国で宣教師になる準備をしながら、よく貧しい人を訪問していました。日曜日の夕方、アイルランドの家族を訪問すると、5人の子どもがいて、妻が死にそうなので祈ってくれと言うのです。「なぜカトリックの司祭を呼ばないのですか」と聞くと、「18ペンスを払えないのなら行けない」と言われ、断わられたそうです。しかし、ハドソンにはクラウン銀貨一枚しか所持金がありませんでした。それが彼の持っていた全財産でした。その時、神は彼に「あなたはお金を持っているのに、それで彼らを助けようとしていないではないか」と語ります。苦闘の末、彼は持っていたクラウン銀貨を貧しい家族にささげます。翌朝、郵便が届いたので中を開けてみると、そこには半ポンド(クラウン銀貨の4倍)が入っていたそうです。彼は後に有名なことばを残します。「神の御心に従って神の働きをする人は、決して乏しくなることはない。」
また、ハドソンは罪深い習慣を除いては「できる限り中国人のようになり」福音を伝えました。例えば、弁髪という当時中国人男性がしていたのと同じ髪型にしました。頭のてっぺんをそり、縛った髪を背中にしっぽのように垂らすものです。そのことによってハドソンは、文明国の人間の恥だと、上海に住む英国人たちからバカにされました。白人であっても、弁髪に中国服のハドソンが福音を語るとき、多くの中国人が彼の福音に耳を傾けました。ハドソンが妹に書いた手紙には次のような内容が記されています。「いつも病気になります。いつも中国人にだまされます。しかし、一つのことが私に喜びを与えるのです。それは中国語のトラクトを中国人に渡したとき、彼らが福音に興味を示す時です。その時は、まるで天が開けて神の栄光が現されるかのようです。」
ハドソンはまた、何でも自分ひとりでするのではなく、現地の中国人の指導者とともに働きました。ハドソンは「宣教師とは建築現場の足場のようなものであり、そこに神の教会が建て上げられれば、すぐにでも宣教師は教会から撤退すべきだ」と言いました。また、ハドソンの書いた「中国の霊的必要と要求」という小冊子は、多くの人に霊的チャレンジを与えました。当時、中国の人口は3億9600万人で、ヨーロッパ全人口よりも多く、中国人すべてが手をつないだら、地球を10周できるほどいたのですが、それくらい多くの人々がキリストを知らないで滅びていっているとアピールしたのです。
ハドソンを含むCIMの宣教師たちには多くの困難もありました。村人が宣教師の住居を焼いたこともありました。ハドソンの妻のマリアは33歳の時にコレラで天に召されます。その時、ハドソンは38歳でした。マリアとの間に与えられた子どもたちも、一人を除き、すべて中国で亡くなります。1900年には、義和団事変というキリスト教排斥運動が起こります。CIMでは、58名の宣教師と21名の子どもが殺されました。後に中国政府は賠償金を支払うと申し出ましたが、CIMは賠償金を拒みました。このような悲劇にもかかわらず、さらに多くの宣教師が与えられ、宣教の働きが前進しました。
CIMの宣教師たちは、医療活動や援助活動も行いました。1879年には、ある地方で飢饉が起こり、百万人が餓死しました。ハドソンと再婚したジェニーは、飢饉で親を亡くした孤児たちの世話をしました。

2015年の今、私たちがハドソンの精神から学べることは何でしょうか。まず、キリストの愛によって謙遜に敵を愛するということです。英国が中国にアヘンをもたらしたり、不平等条約を結んだことなどによって、多くの中国人がイギリス人を憎んでいました。そのような雰囲気の中で、ハドソンはできる限り中国人のようになり、宗主国イギリスから来た人としての権利を振りかざすことなく、中国の人々を愛したのです。
次に、人の具体的な必要に答える包括的な宣教を目指すということです。ハドソンは何よりも中国人が福音を聞いて救われることを願い、働きました。しかし、必要であれば彼の医療技術を用いて治療を行いました。また、CIMの宣教師の中には、アヘン中毒患者の治療に関わった者や、孤児院の働き、医療や教育に関わった者も多くいます。それはキリストにあって中国人を愛したからでした。
そして、天の御国中心の考え方をするということです。ハドソンは、中国宣教はイギリス人だけによってなされるべきだとは考えませんでした。CIMはイギリス人によって起こされましたが、すぐにほかのヨーロッパ人やアメリカ人も加わりました。OMFと名前を変えてからも、1965年にはアジア人も加わり、現在はアフリカ人、南アメリカ人の宣教師も加えられています。キリストの福音は全人類のためのものです。そして、その福音は、すべての民族の教会から派遣される宣教師によって伝えられているのです。
最後に、ハドソンは「ただ一つのこと」だけを求めて生きた人であったという事実です。彼の望みは「福音を何とかして中国の奥地の人に届けること」だけでした。インターネットが当たり前になった今日、私たちは瞬時にして世界中の情報を得ることができる時代に生きています。また、ある種の働きは以前よりもずっとスピーディに終えることができるようになったでしょう。しかし、人が一生かかって取り組まなければできない働き、人の一生をかけるのにふさわしい仕事もまだまだあるのではないでしょうか。宣教地に教会が建て上げられていく働きは、まさにそのような献身が求められる働きです。
2015年は、ハドソンが中国奥地宣教団を創設してから150年になる記念すべき年です。世界の各OMFセンターでは、さまざまなイベントが行われてきました。ハドソンの働きと精神は、OMFインターナショナルと名前を変え、中国だけでなく東アジアの国々へ宣教の働きを広げ、彼の精神に基づいて確立した規則の多くが今に至るまで受け継がれています。現在、OMFインターナショナルは、東アジアの国々に1400人の宣教師を派遣しています。OMF日本委員会は1966年に発足し、2015年11月1日現在、17名の宣教師・専門職ワーカーが、中国・タイ・カンボジア・シンガポール・ミャンマーなどの国々に派遣されています。
これらの日本人ワーカーは、まさにCIMの宣教師たちのように孤児院の子どもたちの医療ケア、聖書翻訳、奥地伝道、エイズ患者へのケア、障がい児教育など、さまざまな分野で東アジアの人々に仕えながらキリストの愛を伝えています。多くの場合、西洋人、アジア人、アフリカ人の宣教師たちとチームを組みながら働いています。私の願いは、もっともっと多くの日本人がこの働きに加わるようになることです。それは、最前線に出ていく働き手のことだけではありません。宣教の働きのために祈る人、学ぶ人、支援する人も必要です。そのようにして東アジアに福音が伝えられ、主の栄光が現されることです。あなたもこのOMFの働きに参加してみませんか。

「イエスはもう一度、彼らに言われた。『平安があなたがたにあるように。父がわたしを遣わしたように、わたしもあなたがたを遣わします』」(ヨハ 20:21)。


菅家庄一郎
1964年、名古屋市生まれ。活けるキリスト一麦教会派遣宣教師。16才の時、教会の中高生キャンプで信仰告白をする。大学時代、KGKキリスト者学生会が主催するタイ王国のキャンプに参加し、宣教師になるビジョンが与えられる。大学卒業後、愛知県公立高校で英語教員として4年間勤務。シンガポールのディサイプルシップ・トレーニング・センターで2年間神学を学び、OMFインターナショナルを通して1995年にカンボジアに派遣され、大学生伝道、教会教育に関わってきた。2008年4月よりOMF日本委員会 総主事として仕える。

 

     2019å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ