æ¬¡ä¸–代に信仰を受け継ぐために

   é’春!永遠の御国を夢見る
 
韓国ジョイアス教会 主任牧師 パク・ジョンリョル


21世紀に入って、世の中はますます息を切らしているようです。テクノロジーは発展を重ね、技術力の果てはどこにあるのか、検討もつきません。世にあふれているあらゆる情報が、手のひらサイズの“スマートフォン”という機器の中に詰まっていて、願う時に、願う情報を心ゆくまで与えてくれます。
国と国が、民族と民族が、過去・現在・未来が、人文学と科学が、人と機械が、それぞれ互いに融合し、以前は想像すらできなかった新しい形の文明を生み出しています。すでに人の世は、互いにからみ合い、離そうとしても離せない運命共同体になっています。それなのに、人間性はますます破壊され、残酷な犯罪は、もはや他人事ではなくなりました。私たちも、いつでも被害者や加害者になり得るし、人間関係の基本である道徳や倫理までも崩れて、家族関係の崩壊、家庭破壊だけでなく、国家間、人種間の葛藤や紛争は、世界のあちこちで、残忍で邪悪に繰り広げられています。四方を見渡すと、21世紀は希望よりも絶望に満ちているようです。
今から約2千5~6百年前、イスラエルの民も死と恐れ、絶望で満ちていました。バビロンによってエルサレムは完全に破壊され、若く丈夫な若者たちはすべて捕囚として連れて行かれました。バビロンのネブカデネザル王は、捕囚として連れて来られたユダヤの若者たちを訓練させ、自分のしもべとするために、彼らに特別な待遇をしようとしました。しかし、その中のダニエルというひとりの青年は、それらをすべて断り、野菜だけを食べようと決心しました(ダニ 1:8)。それは、王の命令を拒む、いのちがけの決断でした。神様はそんな彼に恵みを施されました(ダニ 1:9)。それから十日後、王の前に立った彼は、ほかのすべての青年よりも顔色が良く、知恵に満ちていました。
それだけではありません。歳月が流れ、バビロンがペルシヤ王国によって滅び、ダニエルは今度はペルシヤの王の寵愛を受けました。意を定めた者に、神様はいつでも恵みを施してくださいます。ダニエルをねたんだ者たちが彼を殺すために法令を作りました。王以外に、いかなる神にも人にも祈願できないようにしたのです。しかし、この時もダニエルは、部屋の窓を開けたまま、日に三度ひざまずいて神様に祈りました(ダニ 6:10)。結局、彼は獅子の穴に投げ込まれますが、神様は獅子の口をふさがれました。どんな状況でも、ダニエルは神様から離れませんでした。
最も絶望的で不安な状況の中でも、ダニエルは神様の御前にひざまずきました。世の巨大な力、権力、恐ろしい破壊力の前で、何も持っていなかった彼は神様だけに拠り頼みました。このようなダニエルに、神様は未来を見せてくださいました。幻を見せ、希望の未来、望みの明日を啓示してくださいました。
その幻の内容は、世のすべての国、帝国が興ってはなくなり、栄えては滅びる人類の歴史を啓示するものでした。バビロンがペルシヤに、ペルシヤがギリシヤに、ギリシヤがローマによって制圧され、絶えず変わり、交代しますが、神様が治めておられる国、天の「御国」だけは、決して滅びず、永遠であることを教えてくださったのです(ダニ 7:27)。最も絶望的な状況で希望を、最も脅かされる状況で望みの明日が備えられているということを確認させてくださったのです。
神様は、永遠なる「御国」を、急速に変化し、知識と情報があふれているこの世には見せてくださいません(ダニ 12:4)。ただ、神様だけを仰ぎ見、神様だけに拠り頼み、神様の御前にひざまずくひとりの人に、世の国よりも堅固で、永遠に続く神の国を見せてくださいます。どんなに世が強くても、揺るがされないひとりの人に注目しておられるのです。今、神様は、この時代の“ダニエル”を探しておられます。絶望の時代、暗黒の時代に、神様は希望の人、光となるひとりの人を探しておられるということを、忘れないでください。
世はまた変わります。今のものはいつかなくなります。しばらくの間、美しい姿を見せて、たちまちなくなる花火のようなものが、この世です。神の国だけが永遠なのです(ダニ 7:27)。そのことを知って、信じ、自分の人生の中に受け入れ、最善を尽くして神様だけに拠り頼む人になってください。そのような人に、神様は未来を見せてくださいます。そして、神様が未来を開いてくださいます。未来を示してくださり、未来の歴史を導く大きな光として用いてくださいます。神様は、終わりの時に、若者には幻を見せてくださると約束してくださいました(ヨエ 2:28)。神様の御前で、心を定めてひざまずいて祈ってください。神様は、そのような人に未来をゆだねたいと願っておられます。
目をさましてください。光を放ってください。神様に栄光を帰す未来のダニエルになってください。


パク・ジョンリョル
現在、韓国ジョイアス教会 主任牧師。
(前)オンヌリ教会 デチョン連合 大学・青年部総括牧師。(前)CGNTV総括本部長(日本CGNTV開局)。(前)ラブソナタ総括。

 

     2019å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ