äž–界の䞭心で愛を叫べ

   äž–界の䞭で愛を叫ぶ「噚よ、起これ」
 
宣教神孊校 岞矩玘


「実りは倚いが、働き手が少ない。だから、収穫の䞻に、収穫のために働き手を送っおくださるように祈りなさい」ルカ 10:2。

䞖界宣教の䞻はむ゚ス・キリスト様です。日本宣教の先頭に立たれ、最埌郚で守っおくださるのもむ゚ス・キリスト様です。「これは䞻の戊いである」。
ずころで䞖界宣教は、人を通しお掚し進められたす。人こそ、神様の最高の手段です。人こそ、神様の最善の道具です。宣教は人を遞び、人を敎え、人を掟遣し、む゚ス様が戊われる、愛ず信仰のわざです。日本宣教に取り組むこずにおいお、人が最も倧事です。働き人を甚意するこずが、私たち教䌚の務めです。老若男女を問わず、すべおのクリスチャンがよく敎えられ、「5぀のパンず2匹の魚」ずなっお、む゚ス様の埡手の䞭に握られるこず献身が鍵です。
私ず倧川埓道先生ずの出䌚いは、にきびが吹き出す17歳の春のこずでしたから、もう56幎も昔のこずです。開拓教䌚埌の荻窪栄光教䌚の䌝道集䌚においお、私が救いず献身の蚌しを語ったずき、聎衆の䞭に倧川少幎がいたのです。圓時、私は岡山で高校受隓に倱敗し、理数に行き詰たっお退孊し、倧川先生も䌌たような事情で聖孊院にいお、ずもに苊孊をしおいたした。「小者は小者を知る」。それ以来、䞻のあわれみによっお互いに献身を貫き、ただ䞀筋に、右にも巊にもそれず、悔いのない宣教の生涯を楜しみ぀぀、生きおきたした。
倧川少幎は牧垫の道を貫きたした。42幎間で2千5癟名以䞊の人にバプテスマを授け、2千人瀌拝の教䌚を建お䞊げたした。埌䞖の教䌚歎史家は、倧川埓道先生を評しおこう曞くでしょう。「倧川埓道は、日本の牧垫ずしおは䞀぀の時代を代衚する噚であった」ず。
他方、私は巡回䌝道者の道を進みたした。20歳のころ、所属教䌚の先生がアドバむスしおくださいたした。「アメリカなら25歳からすぐにも巡回䌝道者ずしお掻躍できるが、日本ではそういうわけにはいかない。たずは牧垫になっお、牧䌚の珟実を知らなければならない。今はクルセヌド倧衆䌝道の時代だが、君が35歳になる頃は、アメリカ的な倧衆䌝道の時代は終わるに違いない。そうなるず、諞教䌚を地味に回る働きが䞭心だ。掟手で甘い考えは捚おなさい。」机の前に日本地図を貌り、クルセヌドの倢を描き぀぀心を燃やしおいた私には、冷氎を济びせられるような蚀葉でしたが、しっかりず心に留めたした。
実際にその通りになりたした。私が35歳で独立䌝道者ずしお献身を衚明したずき、本田匘慈先生も蚀われたした。「私は䞀番良いクルセヌド時代に、宣教垫から勧められお倧衆䌝道に献身したが、君は䞀番厳しい時代に、だれにも勧められずに出発するのだから、しっかりず信仰だけに立ちなさい」ず。
こうしお、やがお私が50代に入るころ、新興宗教団䜓が起こした事件が日本䞭を震撌させたした。「宗教は怖い。」そしお、地域の人々は䌝道集䌚には来なくなりたした。そこで、若い頃やっおいたサク゜フォヌンを本栌的にやり盎すこずにしたした。1日5時間の猛緎習を続け、「コンサヌト䌝道」をもっお掻路を芋出したした。こうしお、38幎間、巡回䌝道䞀筋に走っおきたした。
人こそ教䌚ず䞖界宣教の最高の手段です。䞻は人を甚いおご自身の働きを進められたす。倧川埓道、䞭野雄䞀郎、浅海幞匘、把原寬、犏沢満雄、高橋敏倫、暪山幹雄、倧塩廣幞、平野耕䞀、䞭沢啓介、赀江匘之、倧村裕康の諞先生も私もみな同䞖代ですが、䞭卒、高卒の時代がありたした。゚リヌトからすれば、ロバのあご骚のような者でした。しかし、神様は立掟に育お䞊げ、すばらしく甚いおくださいたす。
神様の恵みに察しお、熱い心をいただいお献身しおください。呚りの青少幎を激励し、む゚ス様のため、教䌚のため、献身するこずを積極的に勧めおください。するずビゞョンが䞎えられ、情熱をもち、孊習意欲が沞き䞊がり、䞊からの知恵をいただいお、努力する人間に倉えられるのです。こうしお、数々の詊緎の䞭で謙遜を孊び、神様の噚ずしお聖霊様に敎えおいただけば、奇蹟的な生涯が展開されるのです。䞖界の䞭で、神様の愛を叫ぶこずができたす。そしお䞖界は神様の愛を知るのです。


岞矩玘
1941幎、東京生たれ、岡山育ち。35歳から「ミッション2001」独立䌝道者。1990幎、JTJ宣教神孊校を創立。68歳、「タワヌレコヌド枋谷」で䞀般デビュヌ。(æ ª)ムラサキスポヌツ競泳チヌム監督兌遞手。ラむフワヌクは新玄聖曞の実践的な泚解曞執筆。既刊は『ロヌマ曞』など12の曞がある。

 

     2019幎 04月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2019幎 03月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2019幎 02月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2019幎 01月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2018幎 12月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2018幎 11月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2018幎 10月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2018幎 09月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2018幎 08月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2018幎 07月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2018幎 06月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2018幎 05月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2018幎 04月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2018幎 03月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2018幎 02月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2018幎 01月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2017幎 12月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2017幎 11月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2017幎 10月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2017幎 09月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2017幎 08月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2017幎 07月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2017幎 06月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2017幎 05月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2017幎 04月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2017幎 03月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2017幎 02月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2017幎 01月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2016幎 12月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2016幎 11月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2016幎 10月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2016幎 09月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2016幎 08月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2016幎 07月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2016幎 06月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2016幎 05月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2016幎 04月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2016幎 03月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2016幎 02月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2016幎 01月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2015幎 12月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2015幎 11月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2015幎 10月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2015幎 09月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2015幎 08月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2015幎 07月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2015幎 06月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2015幎 05月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2015幎 04月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2015幎 03月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2015幎 02月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2015幎 01月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2014幎 12月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2014幎 11月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2014幎 10月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2014幎 09月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2014幎 08月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2014幎 07月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2014幎 06月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2014幎 05月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2014幎 04月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2014幎 03月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2014幎 02月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2014幎 01月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2013幎 12月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2013幎 11月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2013幎 10月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2013幎 09月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2013幎 08月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2013幎 07月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2013幎 06月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2013幎 05月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2013幎 04月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2013幎 03月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2013幎 02月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2013幎 01月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2012幎 12月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2012幎 11月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2012幎 10月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2012幎 09月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2012幎 08月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2012幎 07月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2012幎 06月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2012幎 05月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2012幎 04月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2012幎 02月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2012幎 01月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2011幎 12月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2011幎 11月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2011幎 10月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2011幎 09月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2011幎 08月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2011幎 07月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2011幎 06月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2011幎 05月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2011幎 04月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2011幎 03月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2011幎 02月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2011幎 01月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2010幎 12月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2010幎 11月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2010幎 10月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2010幎 09月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2010幎 08月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2010幎 07月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2010幎 06月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2010幎 05月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2010幎 04月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2010幎 03月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2010幎 02月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2010幎 01月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2009幎 12月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2009幎 11月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2009幎 10月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2009幎 09月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2009幎 08月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2009幎 07月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2009幎 06月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2009幎 05月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2009幎 04月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2009幎 03月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2009幎 02月    ãƒªãƒ“ングラむフ
     2009幎 01月    ãƒªãƒ“ングラむフ