ç¦éŸ³ã®ç¨®ã‚’たずさえて

   æ—¥æœ¬ã‚¦ã‚£ã‚¯ãƒªãƒ•è–書翻訳協会
 
総主事 ● 土井彰


活動の目的
「聖書をすべての言語に!」を目指して、世界のすべての人々が母語で、すなわち第一言語で、聖書を持つことができるように、聖書の翻訳を進めています。また、識字教育をはじめとして、各言語に翻訳された聖書が使われるようになるための諸々の働きを進めています。
ウィクリフ聖書翻訳協会の創設者タウンゼント氏は、青年時代に南米のグアテマラで公用語であるスペイン語の聖書の販売促進員として働いていましたが、「あなたの神は全能だというが、わしらの言葉も話せんのか」と村人たちに言われたことからチャレンジを受け、聖書翻訳宣教のビジョンに目覚めました。彼は、彼らの言語であるカクチケル語に聖書を翻訳しました。また、聖書翻訳宣教を担う後輩の育成にも尽力しました。14世紀に聖書を英語に翻訳し、母語で聖書のみ言葉を語ることを推進した宗教改革の先駆者ジョン・ウィクリフ(John Wycliffe)の名にちなんで「ウィクリフ聖書翻訳協会」を設立しました。日本では、1960年代半ばに、聖書翻訳宣教のビジョンを与えられた二人の大学生の出会いから始まり、諸教会の協力によって、1968年に日本ウィクリフ聖書翻訳協会が創設されました。今では、世界の約50ヶ国にウィクリフ聖書翻訳協会があり、共に協力して国際ウィクリフ同盟を形成して聖書翻訳宣教の推進のために働いています。

活動内容
日本ウィクリフのメンバーたちは、聖書翻訳宣教の進展のために、各少数民族言語への聖書翻訳、ユニセフ等の他の団体と協力しながら推進している「多言語教育」をはじめとする識字教育、宣教師子女の教育、団体及び姉妹団体のアドミニストレーション等に携わっています。
また、宣教団体としての日本ウィクリフは、毎年、異文化宣教セミナー(入門コースは西日本と東日本の2回、実践コースは東日本での1回)、宣教地体験旅行(2012年より複数の訪問国)、プログラム参加者や働きに関心のある方々のための集会であるウィクリフ・カフェ(関西と関東で各1回)等、さまざまなプログラムを行っています。諸教会の礼拝での奉仕や宣教サンデー等での奉仕、教団・教派の宣教大会や各種のキャンプなどでの奉仕を通して、聖書翻訳宣教やウィクリフの働きの紹介を行っています。

最近のニュース
日本ウィクリフのメンバーが翻訳に携わった聖書の献呈式が続いています。今年(2011年)は、パプアニューギニアのアタ語新約聖書(創世記・ヨナ書付)と南アジアのカリン語旧新約聖書(新約聖書は改定版)、来年はパプアニューギニアのマイワ語新約聖書、東南アジアのアルネ語新約聖書の献呈式と続きます。
2011年の異文化宣教セミナーが祝され、特に実践コースにこれまでで最多数の受講生が与えられました。宣教師としての奉仕を考えて導きを祈っている人たち、これから宣教師として送り出されようという人たち、すでに送り出されている人たち、そういう人たちのために祈り支援しようとしている人たちの学びの機会として用いられています。
今後の方向性(ビジョン)
国際ウィクリフ同盟では「2025年までに世界中のすべての言語で聖書の翻訳を始める」という『ビジョン2025』を掲げています。現在翻訳プロジェクトが始まっているが、まだ聖書の分冊の出版もない言語は、世界で約2,000語。これから翻訳プロジェクトを始める必要のある言語が、2,000語以上あります。これらの約4,000の言語で翻訳を進める必要があります。そのために、日本の諸教会からメンバーとしてさまざまな分野の働きに参加する人々が起こされることを期待し、祈っています。もし、日本語の聖書がなかったら、今いったい私たちのうちの何人が救いの恵み受けているでしょうか。私たち日本の諸教会も、先に福音を知らされ、み言葉を第一言語で与えられた者として、み言葉を世界のすべての民族の言語にもたらす働きに用いられる者でありたいと思います。


日本ウィクリフ聖書翻訳協会
〒351‒0021 埼玉県朝霞市西弁財1‒9‒26‒210
Tel & Fax:050-5552-8473
ホームページ:http://www.wycliffejapan.org/
メール:japan_wycliffe@wycliffe.org

 

     2019å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ