ç¦éŸ³ã®ç¨®ã‚’たずさえて

   ã‚¢ãƒ³ãƒ†ã‚ªã‚±å®£æ•™ä¼š
 
アンテオケ宣教会主事・事務局長 ● 稲垣博史


本宣教会は1977年に設立されました。当時、日本の福音的な諸教会から次々と海外へ宣教師が派遣され、新たな宣教師が起こされるたびに、その宣教師を派遣するための新しい宣教団体が作られていました。けれども、特に超教派の宣教師派遣に伴って発生する諸課題(宣教師のケア、緊急事態への対応、現地の諸団体との協力、宣教師帰国時の宿舎確保など)に対処するには困難がありました。そこで日本の福音的諸教会の指導者たちが相談し、以下のような原則と目的を持って教会に仕える宣教師派遣団体を設立することになりました。

何をする宣教会か
(1)  教会が宣教師を派遣するために仕える
原則として、宣教師の所属教会がその宣教師の派遣母体です。その所属教会を中心とする支援会が祈りと経済的支援の活動を行います。本宣教会はそのためにアドバイスを行い、本宣教会の宣教師として受け入れた場合、送金事務を代行し、緊急時やその他の必要に対応します。また、本宣教会の信仰基準に賛同する教会ならば、どのような教会の宣教師派遣にも協力します。
(2)  全世界へ宣教師を派遣するために仕える
特定の国、地域に限定せず、宣教師が召された国や地域に送り出します。そのために、現地の状況を調べ、提携協力する団体を見つけ、宣教師が現地の教会と協力して活動できるように援助します。
(3)  様々なジャンルの宣教師を派遣するために仕える
従来は、現地において直接的な伝道を行い、教会を生み出す働きに関わる宣教師が多数を占めていましたが、現代の宣教師の働く分野は拡大しています。現地の状況により、直接伝道ができない地域や国もあります。どのような分野で働くにしても、その宣教師の賜物が十分に生かされるように協力します。
(4)  フェイス・ミッションとして活動する
宣教師は直接支援者に献金のアピールはせず、すべての必要を主が満たしてくださることを信じ、主により頼むことを原則とします。また、用途が指定された献金は、指定されたとおりに用いることとしています。

世界中に60人以上を派遣
1977年設立以来、インドネシア、ネパール、アメリカ、ロシア、スリランカ、パキスタン、ブラジル、アルゼンチン、ルーマニア、カンボジア、タンザニア、インド、その他の国々に60名以上(夫婦を含む)を派遣してきました。その働きの分野も様々です。開拓伝道、教会設立、神学校教育、日本人伝道、農業指導、自動車技術援助、医療伝道、文書伝道、音楽伝道、染色技術指導、日本語教育などです。
また、本宣教会は、宣教師を派遣するだけでなく、それに関わる活動を行っています。
(1)  アンテオケ世界宣教セミナー
世界宣教の働きを日本の教会がより深く理解するために、原則として毎年開催しています。世界宣教に関する講義、シンポジウム、宣教師の証、宣教大会などのプログラムですが、参加者の中からさらに世界宣教の働きに導かれ、宣教師になる方々も起こされています。香港やシンガポールで、現地の日本人教会と協力して開催したこともあり、それを契機にアジアの日本語集会の交わりが促進されています。
(2)  宣教師のケア
外国での宣教師の生活には、様々な緊張、困難が伴います。宣教師経験のある本宣教会の総主事や地区担当の主事たちが、派遣宣教師を問安します。また、休暇のために帰国した宣教師たちのリトリートを開催し、宣教師同士の交わりと憩いの時を持ちます。
(3)  ニュースレター・宣教師地図の発行
年に4回「アンテオケ宣教会ニュース」を発行しています。派遣宣教師のレポートを中心に、写真で見る宣教師活動、また世界宣教セミナーの講義やシンポジウムの内容を紹介し、宣教師の働きのために祈り、また世界宣教により深い理解を提供するためのニュースです。本宣教会派遣宣教師の顔写真と働きの内容が一覧できる宣教師地図も随時作成し配布しています。
(4)  ホームページによる情報発信
宣教会ホームページでは、各宣教師の紹介、また各支える会のホームページとのリンクにより、最新の情報を入手できます。

設立35周年に向かって
2012年はアンテオケ宣教会設立35周年になります。記念事業は、日本の教会が宣教師を派遣するのに必要な情報を内容とする宣教師派遣ハンドブックのようなものを作成できればと考えています。さらに多くの方々が世界宣教のビジョンを与えられ、日本の教会から送り出されていくことを願っています。


アンテオケ宣教会
Tel:048-823-8366 Fax:048-833-4507
ホームページ:http://www.jam1977.net
メール:jimukyoku@4j2st31g.net

 

     2019å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ