ç¦éŸ³ã®ç¨®ã‚’たずさえて

   ãƒ©ãƒ–・クリエーション・ジャパン
 
ラブ・クリエーション・ジャパン 会長 ● 佐々木満男


「進化論は真っ赤な嘘?!」
「進化論はサタンの最高傑作である!」韓国オンヌリ教会のハ・ヨンジョ牧師は断言します。進化論を信じた西洋の多くの人々は、神と聖書、信仰を捨てました。進化論を信じた東洋の多くの人々は、神と聖書、信仰を拒絶しています。進化論は聖書の記述と真っ向から対立し、神の存在を否定するのに等しいからです。
「進化論は自然科学にあらず!」と上智大学名誉教授の渡部昇一氏が言うように、さまざまな無理、矛盾、ねつ造、ごまかしに満ちた進化論は、単なる思いつきに等しい仮説に過ぎず、とうてい科学とは言えないのです。突然変異の起きる確率論、化石の年代測定法、地球物理学、地層学、海洋学、天文学、生物学、生物化学、遺伝子工学、考古学、骨相学、その他の分野において、進化論の矛盾が次々に指摘されてきました。言わば、「進化論は真っ赤な嘘?!」なのです。
同志社大学の創設者・新島襄は、創世記1章1節を読み、霊感に打たれて創造主なる神を信じました。「宇宙万物は全知全能の愛の神によって創造された。」これは単純明快な真理で、澄んだ心で自然を見れば、だれにでもわかるのです。 

「ラブ・クリエーション」
「聖書を土台とする神の創造論を日本中に広めよう!」と、「ラブ・ソナタ」日本縦断伝道集会に感激した参加者の中から自然発生的に生まれたのが、「ラブ・クリエーション・ムーブメント」です。「宇宙万物は神の愛によって創造された。人間は神を愛し、隣人を愛するように造られている。」これが「ラブ・クリエーション」の意味です。
2009年2月、オンヌリ教会の協力により、「ラブ・クリエーション・ジャパン」主催の「第一回日韓創造科学セミナー」が開催されたのを皮切りに、東京、大阪、神戸、その他の地区でセミナーが行われています。今後は、このセミナーによる啓もう活動を、各大学、各地のVIPクラブ、全国のキリスト教会へと広げていきます。

「グランドキャニオン創造科学探査ツアー」
2010年9月、創造科学探査の目的でアメリカのグランドキャニオンといくつかの峡谷を見分しました。このツアーはラブ・クリエーション実行委員会主催で、淀橋教会の峯野牧師をはじめとする日韓の牧師、信徒、未信者総勢48名の団体です。日本列島の2倍半の広さのコロラド高原を中心として4千㎞の行程を走破するという強行軍でしたが、無事故で守られました。
壮大なグランドキャニオン、その他の大峡谷の地層を前にして、地質学の専門家で有名な創造科学者の一人であるイ・ジェマン宣教師(韓国ハンドン大学教授)の解説を聞くうちに、これらの大峡谷はガイドブックに載っているような何億年もかけて浸食されてできたものではなく、ノアの洪水によって極めて短期間に造られたものであることがはっきりわかりました。「百聞は一見にしかず」といいますが、聖書の記述が事実であることが誰にとっても疑う余地なく一目瞭然でした。
「罪を犯しつづける人間たちに非常な悲しみを覚え人間を創造したことを悔いた神が、ノアの家族を除いて全人類を滅ぼした」という恐るべき真実が私たちに迫ってきます。深くえぐられた大峡谷とその底を流れるコロラド川の雄大な光景は、神の怒りの爪痕と悲しみの涙を表現しているのです。聖書の真実性にいまさらながら驚嘆せざるをえませんでした。キリストが再臨されるとき、いったい何人が神の裁きを免れて復活することができるのでしょうか。まことに戦慄が走る思いです。ただただキリストの十字架の贖いにすがるのみです。「ノアの箱船」はまさしく、キリストを信じた者だけが救われるという「キリストの箱船」を象徴しています。
イ・ジェマン先生の創造科学探査ツアーは前回で165回目ですが、これまでに参加した牧師、神学者、信徒、科学者のほとんどが、ノアの洪水が事実であることを信じたそうです。「ラブ・クリエーション・ジャパン」では毎年創造科学探査ツアーを行い、今年は8月21日(日)~27日(土)にあります。アメリカの創造科学博物館の見学もあり、小中高生でも参加できます。
「ラブ・クリエーション・ジャパン」のビジョン
① 「創造科学セミナー」を全国各地で開催する。
② 「グランドキャニオン・創造科学探査ツアー」を毎年数回行う。
③ 進化論が虚偽である論証と、創造論が真実である論証の資料を集めて公開していく。
④ 上記に関するパンフレット、書籍、DVD、映画、アニメ、マンガ等を製作する。
⑤ 文部科学省と話し合い、進化論は単なる仮説にすぎないことを教科書に記載してもらう。
⑥ 各大学に創造科学の講座を設けてもらう。
⑦ NHK、その他のテレビやマスコミに、創造論を認知してもらう。
⑧ 関東と関西に、創造科学博物館を建設する。
⑨ 聖書の創世記から黙示録までを再現するような、巨大テーマパーク「バイブル・ランド」を建設して、神の創造の真実を知らしめる。


ラブ・クリエーション・ジャパン
http://www.lovecre.jp/

 

     2019å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ