ç¦éŸ³ã®ç¨®ã‚’たずさえて

   ä¸€èˆ¬è²¡å›£æ³•äººæ—¥æœ¬å›½éš›é£¢é¤“対策機構とは
 
一般財団法人日本国際飢餓対策機構(JIFH)は、「飢えた者にはあなたのパンを分け与え、家のない貧しい人々を家に入れ、裸の人を見て、これに着せ、あなたの肉親の世話をすることではないか」(イザ 58:7)との神の召しに応答したキリスト者が集められ、1981年より日本にあるすべての主の教会から伸ばされた愛の手足として諸教会にお仕えし、世界にある物心両面の飢餓を終わらせることを目標とし活動しています。
JIFHは「神が私たちを召して下さり、召しに応えた私たちは、世界に存在する肉体的、霊的飢餓を終わらせることをめざす」ことを理念とし、「神の国の人づくり宣教」を推進しています。
私たちが信じることは、神に似せて創造されたすべての人間は人としての尊厳を持ち、また、問題解決の能力を神から与えられているということです。ですから、たとえ飢餓と貧困に苦しむ人々や社会差別を受ける人々であっても、神から与えられた潜在的能力を発揮できるようになるために、キリストの愛に動機づけられ、国際レベルでのパートナーシップを保ちつつ、貧しい人々の肉体的、霊的飢餓に応えるために、次のことをめざしています。
‒ 基本的ニーズが満たされることはもちろん、人々がそれ以上に向上していくための備えがなされる。
‒ クリスチャンの群が成長し、
・神を愛し、またお互いに愛し合うようになる。
・御霊の実を結ぶようになる。
・他者に仕えるために自ら出かけて行くようになる。
JIFHは、食糧支援など「目に見える」活動を通して、人々が自立への道を歩んでいくための「開発協力」に協力することとともに、「目に見えない」ものを重んじ、「人づくり」に尽力することこそが不可欠であると考えています。

1. 海外における活動
‒ 緊急援助…緊急事態のために生命の危険にさらされている人々に対しては緊急援助を行ないます。
‒ 自立開発協力…自立のために努力している人々に対しては、農業支援・水資源開発・公衆衛生指導などに協力します。
‒ 教育支援(世界里親会)…このような協力活動を通して、「信・望・愛」に生きる人々を育てます。
2. 日本国内における活動
自己中心的な「心の飢餓」が広がっている日本社会においては、地域教会と協力し「人づくり」を目指して、
‒ 世界の貧困や飢餓に関する情報を提供します。
‒ 世界食料デー大会や各種・報告会を通して、毎日の食事を与えられていることに感謝ができるようになるとともに、飢餓に苦しむ人々のことをしっかりと心に留めることを通して、日本人に生活の見直しを訴え、分かち合う生活様式が確立されることを目指します。
‒ 緊急援助…震災等への援助活動

緊急援助へのご協力のお願い
1. 東日本大震災緊急援助活動の展開
JIFHは仙台市青葉区に2箇所の活動拠点を置き、国内外の団体と協力しつつ、被災された方々への食料・防寒用具・日用品の支給活動を展開中です。今後はさらに活動範囲を広め、活動内容も人々の心のケアーが必要になってきます。全国諸教会の祈りと募金を今後ともよろしくお願いします。
2. ハンガー・ゼロ・アフリカ
サヘル地域といわれるサハラ砂漠南端の帯状の地域(別称「飢餓ベルト」)では、今年も天候不順により農作物や家畜が被害を受け、国連機関は秋の収穫期までに最大1,000万人規模の人々が深刻な飢餓に陥る危険性があると警告しています。JIFHは「ハンガー・ゼロ」(飢餓のない社会)運動を推進し、問題解決に向けた取り組みをニジェールやスーダンなどの国々で地元の支援組織とともに進めています。「ハンガー・ゼロ・サポーター」を募集しています。詳しくは当機構ウェブをご覧ください。JIFHは、今後も「ハンガー・ゼロの世界」を目指して、日本にある諸教会から伸ばされた手足として世界の飢餓と貧困と闘う人々に仕えてまいります。




 

     2019å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2019å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2018å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2017å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2016å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2015å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2014å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2013å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2012å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2011å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2010å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 12月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 11月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 10月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 09月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 08月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 07月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 06月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 05月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 04月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 03月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 02月    ãƒªãƒ“ングライフ
     2009å¹´ 01月    ãƒªãƒ“ングライフ